消費増税ポイント還元を把握|キャッシュレス・消費者還元の基本

キャッシュレス

こんにちは!「よう」です!

2019年10月より消費税が10%に上がりますね。

それに伴って消費が冷え込むことを防ぐ意味合いも含めてだと思いますが、国を挙げてのポイント還元制度が2019年10月より始まります。

消費税は8%⇒10%に上がりますが、ポイント還元制度ではお店によっては2%か5%の還元率なのでむしろお得になる可能性もあります。
すでにキャッシュレス生活をされている方はむしろ増税後の方がお得!?な可能性もありますね。

ではまず基本的なところから整理してみたいと思います。

スポンサーリンク

消費増税ポイント還元の基本

ポイント消費者還元期間 2019年10月~2020年6月
還元率 2%or5%
対象のキャッシュレス方法 クレジットカード・デビットカード・電子マネー・プリペイドカード・QRコード

となっていてこのマークがあるお店が対象でポイントが還元されます。

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

対象期間は2019年10月~2020年6月

まず対象期間があります。

消費増税開始の2019年10月と同時に開始されて翌年の2020年6月までです。

還元率は5%か2%(お店によって違う)

還元率に関してはお店によって変わっていて

原則は購入金額の5%、フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模店舗等では2%還元となります。

と書かれていますけど、

中小企業や個人が経営する店舗などは5%還元、コンビニなどのフランチャイズチェーンは2%還元、百貨店などの大手は還元なしとなっています。

百貨店など還元なしですけど、独自で打ち出す可能性もありますね。

正直ここの違いはわからない場合も多いと思います。

その店舗がフランチャイズなのかどうかなんて普通の人はわかりませんからね。

 クレジットカード・デビットカード・電子マネー・プリペイドカード・QRコードなどが対象

クレジットカード・デビットカード・電子マネー・プリペイドカード・QRコードなどが対象になります。

現在主に使われているほとんどのキャッシュレス決済が対象ですね。

実際に使えるお店は?キャッシュレス・消費者還元事加盟店は?

まずこのマークがあるお店が対象になります。

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

で公式サイトの「8月21日時点」での加盟店数は「431,682店」となっていました。

たとえば「東京都65,821店」、「大阪府36,250店」といった感じです。

ちょっとピンときませんがこれだけの店舗が何らかのキャッシュレス決済でポイント還元制度のポイント還元の対象ということです。

加盟店数と店舗ごとの還元率に関してはここをチェックされると良いと思います。

地図アプリも「9月中下旬にAndroid/iOSで公表」ということで調べやすくなると思います。

対象となるキャッシュレス決済は

一覧をチェックすると大体対象です。

有名なクレジットカードは登録されていますね。

電子マネー・プリペイドカードやQRコード決済もほぼ大手は対象となります。

還元方法は決済方法や企業によって違う

ではポイント還元方法はというと決済などによって違ってきます。

ポイント付与、お買い物金額に還元されるポイントを充当、口座から引き落としのタイミングでポイント還元分を相殺、口座にポイント還元額を付与、などがあります。

これはそのサービスを提供している企業によって違います。

例えばPayPayボーナスにプラスされますし、イオンカードはキャッシュバック、楽天カードなら楽天スーパーポイントにプラスされるなど違いがあります。

ちなみにイオンカードの消費者還元のタイミングは、

「1か月の取引(毎月11日~翌月10日)を翌月(次回分)の請求時に還元(請求時値引)」

となっています。

キャッシュバックの場合でもいつ還元されるのかも決済サービスによって変わってきます。

還元額に上限がある

還元されるといってもいくらでも還元されるわけではありません。

イオンカードでは1カードにつき、月15,000円分となっています。

還元率5%として計算すると月300,000円で上限の15,000円になるので、それ以上お買い物するということなら別のカードと分けると良いと思います。

まとめ

ポイントをまとめると

・ポイント還元制度は「2019年10月~2020年6月」

・還元率は「2%or5%」(お店によって違う)

・中小企業や個人が経営する店舗は5%、コンビニなどのフランチャイズチェーンは2%、百貨店など大手は還元なし

・対象のキャッシュレス方法は「クレジットカード・デビットカード・電子マネー・プリペイドカード・QRコード」

・このマークがあるお店が対象

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

・対象店舗を探す方法はアプリでチェックもできる「アプリは9月下旬公開予定」

・ポイントの還元方法は決済方法などによってそれぞれ違う

・還元額に上限がある

っといったところが押さえておくポイントかなと思います。

おそらくほとんどの方がよくわからないと思います。

まず2%なのか5%なのか一般の人はわからないですよね。

一応公式サイトでチェックはできるのですが、わざわざしませんからね。

もう少ししたら専用のアプリも利用できるようになるようなのでそこでどういった機能があるのかチェックですね。

店舗検索と還元率などがしっかり掲載されているとわかりやすいですね。

ということで消費増税ポイント還元を把握|キャッシュレス・消費者還元の基本についてでした。

コメント