デビットカードおすすめ比較|【2019年3月】

デビットカード

こんにちは!ようです!

キャッシュレス化が進んできて銀行も積極的にデビットカードのキャンペーンを行っていますし、キャッシュカードについているのが普通になってきましたね。

海外の国によってはデビットカードはかなり一般的で使われることが多かったりするんですけど日本ではなかなか浸透していませんでしたからね。

日本ではまだまだだけどこれから浸透!?

ちなみに日本クレジット協会が2014年に諸外国のキャッシュレス(カード決済)に関する統計を出しています。

中国は特に普及していますね。

ヨーロッパなんかもかなり普及利していて決済比率も高いので一般的に使われいることがわかりますね。

日本ではデビットカード発行枚数は結構多いのに対して決済比率がなんと0.2%ととても低いことがわかります。

これは圧倒的に低くてデビットカードを持っているけど決済として利用する人がほとんどいないということがいえるわけですね。

ただ、今後は各銀行がキャンペーンなども打っていますし、利用者が増えそうです。

そういった中で僕もこのところずっとデビットカードを調査していてかなり大手の銀行のデビットカードは調べました!

そして、僕も実際に良さそうなデビットカードを何枚か作りました!

もともと持っていたキャッシュカードにつけただけとかもありますけど

なのでいろいろ調べて僕なりにおすすめのデビットカードを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 デビットカードの使い方

デビットカードは銀行口座にあるお金を自動で即時払いで支払うもので、クレジットカードのように後払いではないので銀行口座に入っている預金残高しか使えません。

口座にある分だけなので使いすぎることはない!

なので使いすぎることもないので安心というのがあります。

そして、クレジットカードは分割払いやリボ払いなどが可能ですが、デビットカードの場合は「1回払いのみ」になります。

・学生さん
・後払いは嫌
・どうしても使いすぎてしまう

という方にはおすすめですね。

具体的な使い方としてはクレジットカードと同じで「お店ではクレジット払いで」と伝えれば大丈夫です。

クレジットカードで!

デビット払いというとJ-Debitと間違えられる可能性があるので「クレジットカードで」で問題ないです。

そして、支払い方法はクレジットカードと一緒です。

暗証番号を入力してください

「暗証番号を入力してください」と言われるので設定した暗証番号を入力します。

これで完了です。

インターネットの場合もクレジットカードと同じで有効期限、カード番号、裏にあるセキュリティーコードを入力して完了です。

あともしデビットカードがVisaで「Visaのタッチ決済」が付いていてお店もVisaのタッチ決済に対応しているならお店のカードリーダーにタッチするだけなので簡単です。

Visaのタッチ決済で

伝えてレジのところにある機械にかざすだけで決済が完了します。

デビットカードの選び方

デビットカードの選び方は人それぞれだとは思いますがいくつか選ぶポイントがあります。

・年会費が無料かどうか

・VisaかJCBか

・還元率が良いのかどうか

・特典にはどういったものがあるのか

・保険や補償が充実しているのか

・カードのデザイン

こういったところがチェックポイントになるのかなと思います。

年会費が無料か有料かどうか

やっぱり気になるのが年会費ですよね。

基本デビットカードに年会費など払いたくないという方も多いと思います。

年会費無料のものや1000円程度かかるもの、1度使えば次年度無料などいろいろある

無料のデビットカードもありますけど、年会費1000円とかもっと高いものもあります。

やっぱり年会費があるのかどうかで保険など特典も多少違ってきたりもしますけどそれほど変わらないと思います。

あと年会費がかかるものでも1回使えば次の年は無料というものもあったりするので普通に使うという方はその辺りもチェックされると良いと思います。

年会費がかかっても自分にとってかなりメリットがあるなら年会費がかかっても別に構わないですよね

VisaかJCBか

デビットカードは「Visa」か「JCB」かですね。

あなたの利用方法で「Visa」か「JCB」かを決めるのが良いかも

世界的にみるとVisaのシェアが一番ですけど、日本ではJCBも有名です。

海外で使うというならVisaですが、ハワイなど一部の外国ならJCBもいいですね。

日本で使うならどちらでも良いのかなと思います。

あとJ-Debitもありますが、これはここでは紹介していませんし、ここで紹介しているデビットカードは「Visa」か「JCB」のどちらかなので省略します。

「Visa」か「JCB」と他のサービスも合わせて考えると良いのかなと思います。

還元率が良いのかどうか

還元率も大事なポイントになると思います。

・還元率もすごい差がある!利用金額によって還元率が上がるものもある!
・ポイントやキャッシュバックがある!

デビットカードによってポイントだったりキャッシュバックだったり還元される方法は違いますが、方法が違うだけなのでそこは良いとして大事なところも還元率ですね。

還元率は大体0.2%~1.0%の間のデビットカードがほとんどでしょうか。

あとは提携店なら1.5%とか、ランクがあって口座の残高が多いとか取引が多いなどで還元率が上がったりするようなサービスを提供している銀行口座(デビットカード)もあります。

なので0.2%の場合、1000円購入で2円ですけど1.0%の場合10円になるわけですからかなりお得感は違いますね。

口座の残高や利用頻度、提携店によって還元率が違ったりする場合もあるのでここはチェックですね!

特典にはどういったものがあるのか

銀行(デビットカード)によって特典がついているものもあればついていないものもあります。

あなたに必要で利用価値がある特典ならいいが使わないならスルーでいいかも

たとえば海外旅行のときに〇〇が割引になるとか、提携店舗で利用するとお得になるなどです。

これはそれぞれデビットカードによって違うのでチェックされると良いと思いますけど、あなたにメリットがある特典だと良いのですが、関係ない特典だと特に意味がないですね。

銀行(デビットカード)によっては独自の特典があったりする場合もあるのでチェックですね。

保険や補償が充実しているデビットカード

デビットカードによって補償が違います。

ついていれば嬉しい!重要かどうかはあなたの考え方次第!海外で使うという方は海外での補償・保険があるのかチェック

デビットカードによって補償内容が違っていて補償期間や補償金額も違います。

ショッピング保険が付いているもの、ついていないもの、海外だけついているものなどもあります。

まあないよりあったほうが良いですよね。

特に海外で使うとかってなったら手厚い保険などがあったらいいですね。

デビットカードで年会費がかかるか、かからないかはこの保険の内容が一番関係しているのかなと個人的には思っています。

カードのデザイン

カードによってはキャラクターものなどかわいいものからカッコイイものまでいろいろ

ここは人によるかもしれませんけど、かわいいものやカッコイイものスタンダードなものまでデビットカードによって違います。

デビットカードによっては1種類しかないものもあれば3種類とかあるものもありますので自分が気に入ったものにすると良いと思います。

僕もカッコイイデザインのデビットカードを選んだりしましたね。

でも一番は年会費無料かとか還元率がいいとかですかね。

といった感じでしょうかね。

あとは1日、1ヵ月の限度額や海外で利用する場合は手数料などもチェックポイントになるかもしれませんね。

年齢は満15歳以上のデビットカードがほとんどです。

デビットカードはこんな方におすすめ

・ATMの手数料を抑えたい

・どうしてもクレジットカードだと使いすぎてしまう

・クレジットカードを使いたくない

・高校生以上の学生さん

・理由があってクレジットカードが持てない

・海外でクレジットカード使うのが怖い・嫌

などという方におすすめかなと思います。

それではデビットカードを比較して紹介していきたいと思います。

デビットカード比較表

  カードブランド 発行手数料 年会費 ポイント チェックポイント
GMOあおぞらVisaデビットカード Visa 無料 無料 0.6%~最大1.5%キャッシュバック 個人のお客さまは100万円まで、法人のお客さまは1000万円まで補償
JNBデビットカード ベーシックカード Visa 無料 無料 500円につき1JNBスター
(個人口座の方のみ)
第三者不正使用保険付帯(1口座あたり年間500万円)
JNB ファミマTカード(Visaデビット付キャッシュカード) Visa 無料 無料 【ファミリーマート店舗】200円につきTポイント2ポイント
【ファミリーマート以外】500円につきTポイント1ポイント
第三者不正使用保険付帯(1口座あたり年間500万円)
SMBCデビットカード Visa 無料 無料 SMBCポイント0.50%かショッピング利用金額の0.25%自動でキャッシュバックを選べる 年間100万円を限度に補償
りそなデビットカード(VISA) Visa 無料 無料 りそなクラブポイント0.5%相当還元 不正利用補償年間150万円を限度に補償
ショッピング保険 海外のみ年間50万円を限度に補償
りそなデビットカード〈JMB〉 Visa 無料 1,000円(税別)(初年度無料)
年1回以上のショッピング利用で無料
25歳以下の方は年会費無料
JALのマイル(200円=1マイル) 不正利用補償年間150万円を限度に補償
ショッピング保険 海外のみ年間50万円を限度に補償
イオン銀行キャッシュ+デビット JCB 無料 無料 電子マネーWAONポイント
ときめきポイント(通常200円=1ポイント)
WAON POINT(通常200円=1ポイント)
カード盗難保障無料付帯
イオンデビットカード(VISA) Visa 無料 無料 ときめきポイント(通常200円=1ポイント)
WAON POINT(通常200円=1ポイント)
入会審査あり
カード盗難保障無料付帯
セブン銀行デビット付きキャッシュカード JCB 無料 無料 0.5~1.5%のnanacoポイントが貯まる デビット付きキャッシュカード(nanaco一体型)とデビット付きキャッシュカード(nanaco紐付型)あり
不正利用被害を被った場合、1事故あたり500万円を上限として補償
ソニー銀行Visaデビット付キャッシュカード Visa 無料 無料(タカシマヤプラチナデビットカードのみ年会費 32,400円(税込み)) キャッシュバック0.5~2.0% 不正利用補償
ショッピング保険年間50万円を限度に補償(自己負担額 5,000円/1事故あたり)
三菱UFJ-VISAデビットカード Visa 無料 初年度年会費は無料、2年目以降は1,080円(消費税込)
前年度1年間の利用額10万円以上で年会費は無料
カード有効期限月の翌月1日時点で23歳以下は年会費無料
0.2キャッシュバック 最大:年間100万円(自己負担額5,000円/1事故あたり)
三菱UFJ-JCBデビットカード JCB 無料 初年度年会費は無料、2年目以降は1,080円(消費税込)
前年度1年間の利用額10万円以上で年会費は無料
カード有効期限月の翌月1日時点で23歳以下は年会費無料
・ショッピングご利用金額1,000円(税込)ごとにOki Doki ポイントが1ポイント
※ポイント優待サイト「Oki Doki ランド」で買い物で2倍~最大20倍
・0.3%~0.5%相当
最大:年間100万円(自己負担額10,000円/1事故あたり)
国内ショッピング保険の取り扱いなし
海外旅行保険・国内旅行保険最大3,000万円
住信SBIデビットカード Visa 無料 無料 0.60% 第三者不正使用保険
楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa) Visa 無料 無料 100円利用で1ポイント(還元率1.0%) 盗難補償
楽天銀行シルバーデビットカード(Visa) Visa 無料 2,160円(税込) 100円利用で1ポイント(還元率1.0%) ショッピング保険
Visaゴールド優待特典
楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa) Visa 無料 5,400円(税込) 100円利用で1ポイント(還元率1.0%) ショッピング保険
国内国外旅行損害保険
Visaゴールド優待特典
楽天銀行デビットカード(JCB) JCB 無料 無料 100円利用で1ポイント(還元率1.0%) 盗難補償
楽天銀行パンダデビットカード(JCB) JCB 無料 無料 100円利用で1ポイント(還元率1.0%) 盗難補償
みずほJCBデビットカード JCB 無料 初年度無料・2年目以降は
満23歳以下か「みずほJCBデビット」を年1回以上利用すれば無料
1年間利用がなかった場合、1,080円(消費税等を含む)
0.2%キャッシュバック 不正利用補償
ショッピング保険(海外)年間最大100万円
旅行傷害保険(国内・海外)最大3,000万円
mijica(ミヂカ) Visa 無料 無料 2,000円(税込)で1ポイント 1ポイント約5円 還元率約0.25%

デビットカードおすすめ比較ランキング

 楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)

ポイントは100円利用で1ポイント!還元率1%は魅力!

まずは楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)でしょうかね。

ポイントは100円利用で1ポイントですから還元率1%は普通に高いですね。

Visaのタッチ決済もついていますしいいですね。

  楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)
カードのブランド Visa
発行手数料 無料
年会費 無料
ポイント 100円利用で1ポイント
入会審査 なし
年齢 16歳以上
保険・補償・特典 盗難補償

楽天銀行デビットカード(JCB)

ポイントは100円利用で1ポイント!還元率1%は魅力!

楽天銀行デビットカードのJCBですね。

違いはカードのブランドが違うというところです。

ポイントもいいですし、国内やハワイなど一部の海外の場合はJCBがいいですね。

  楽天銀行デビットカード(JCB)
カードのブランド JCB
発行手数料 無料
年会費 無料
ポイント 100円利用で1ポイント
入会審査 なし
年齢 16歳以上
保険・補償・特典 盗難補償

GMOあおぞらVisaデビットカード

最大1.5%キャッシュバック・これからのサービスに期待

2018年7月17日に開始したまだ新しい銀行なんですけど、これからどういったサービスを提供してくれるのかがとても楽しみな銀行なんですよね。

キャッシュバックも最大1.5%で利用金額や預金残高によってキャッシュバック率も変わってきます。

ちょっと楽しみなネットバンクだと思います。

カードのブランド VISA
カードの種類 ブラック・ホワイト
発行手数料 無料
年会費 無料
ポイント 0.6%~最大1.5%キャッシュバック
入会審査 なし
年齢 15歳以上
利用限度額 海外ATM(現地通貨引出)1日1000円~100万円
国内・海外ショッピング1日1000円~500万円
補償 通知が行われた日の30日前の日以降に発生した損害について、個人のお客さまは100万円まで、法人のお客さまは1000万円まで補償
海外利用時の手数料 ショッピング3.02%
海外ATM利用手数料 3.02%
ショッピング保険 なし

イオン銀行キャッシュ+デビット

イオングループのサービスを利用する方でクレジットカードを作らないという方はこれか

イオングループのお店を利用するなら外せないですね。

ポイント面でも結構お得になったりするのでイオンのクレジットカードではなくてデビットカードという方にはおすすめですね。

  イオン銀行キャッシュ+デビット
カードのブランド JCB
カードの種類 3種類(一般・キャラクター・スイーツ)
カードタイプ キャッシュカード一体型
発行手数料 無料
年会費 無料
ポイント 電子マネーWAONポイント
ときめきポイント(通常200円=1ポイント)
WAON POINT(通常200円=1ポイント)
入会審査 なし
年齢 15歳以上
オートチャージ あり
利用限度額 1ヶ月間の利用限度額最大100万円
保障 カード盗難保障無料付帯

SMBCデビットカード

積極的にキャンペーンを開催している!メガバンクのデビットカードで無料が魅力

メガバンクでは一番おすすめですね。

やっぱり魅力はキャンペーンですね。

ポイントなどはそうでもないですけど、キャンペーンは結構積極的に行っていてうまく利用すると良いと思います。

あとメガバンクのデビットカードは年会費がかかるものばかりですけど、SMBCデビットカードは無料なので発行しやすいと思います。

あとカードのデザインがいろいろあっていい感じです。

カードの種類 4種類(ベーシック・ミドすけ・なでしこ・龍)
発行手数料 無料
年会費 無料
ポイント SMBCポイント0.50%かショッピング利用金額の0.25%自動でキャッシュバックを選べる
入会審査 なし
年齢 満15歳以上
利用限度額 国内・海外ショッピング1回100万円・1日100万円・1ヵ月100万円、海外現金引き出し1回10万円・1日10万円・1ヵ月100万円
補償 連絡を受けた日から60日前まで遡り、年間100万円を限度に補償

住信SBIデビットカード

SBIの証券会社や仮想通貨の入出金におすすめ!還元率0.6%もまずまず

SBIはFXとか証券会社もあるので合わせて利用する方には良いのかなと思います。

住信SBIからだと手数料が無料になるところがあったりしますしね。

還元率0.6%もいい方ですし良いと思います。

カードの種類 3種類(青・黒・ピンク)
発行手数料 無料
年会費 無料
ポイント 0.6%(1000円⇒6ポイント)
入会審査 なし
年齢 満15歳以上
利用限度額 1日200万円/1ヵ月1,000万円
第三者不正使用保険 紛失や盗難に遭われてカードの不正利用を被った場合、お届けいただいた日から30日前にさかのぼり、被害を補償

セブン銀行デビット付きキャッシュカード

電子マネーのnanacoもつけられてセブン・イレブン1.5%のポイント還元も魅力

キャッシュカード・デビットカード・電子マネーnanaco機能が一つになっているので便利ですね。

あとポイントですが、セブン&アイグループのサービスを利用するならおすすめかと思いきや提携店によってそれほどお得ではない場合もあります。

セブン・イレブンをよく利用するなら1.5%nanacoポイントが貯まるのでセブン銀行デビット付きキャッシュカードはおすすめです。

グループのイトーヨーカドーは0.5%なのでお得なのかはお店によります。

このあたりあなたがよく利用するお店の還元率が高い場合は使うのも良いのかなと思います。

  セブン銀行デビット付きキャッシュカード
カードのブランド JCB
カードの種類 デビット付きキャッシュカード(nanaco一体型)
デビット付きキャッシュカード(nanaco紐付型)
カードのデザイン 3種類
カード機能 キャッシュカード・デビットカード・電子マネーnanaco機能
※nanaco一体型の場合
発行手数料 無料
年会費 無料
ポイント 0.5~1.5%のnanacoポイントが貯まる
入会審査 なし
年齢 満16歳以上
利用限度額 1ヶ月最大200万円
不正利用被害の補償 デビット付きキャッシュカードの紛失・盗難によるデビットサービスの不正利用被害を被った場合、1事故あたり500万円を上限として補償します。
届出を受けた日の60日前以降の利用が対象

ソニー銀行Visaデビット付キャッシュカード

キャッシュバック最大2.0%だが条件クリアはなかなか難しい!保証はまずまず

還元率や補償などを考えると結構お得かと思います。

キャッシュバック最大2.0%ですけど、条件を見るとかなり厳しいそうですけど、0.5%は平均的ですし悪くないと思います。

ショッピング保険もついていますしいいですね。

外貨預金をされる方やPlayStation™Network / PlayStation™Storeを利用される方には良いかなと思います。

銀行口座 ソニー銀行
カードのブランド Visa
カードのデザイン 4種類(スタンダード・ポストペット・“PlayStation”デザイン・タカシマヤプラチナデビットカード)
発行手数料 無料
年会費 無料(タカシマヤプラチナデビットカードのみ年会費 32,400円(税込み))
ポイント キャッシュバック0.5~2.0%
入会審査 なし
年齢 満15歳以上
利用限度額 ショッピング(国内・海外) 1日あたり200万円 1ヶ月あたり1,000万円
海外ATMからのお引き出し  1ヶ月あたり100万円
不正利用補償 通知が行われた日の30日前の日以降に発生した損害について、1日あたり、ご利用限度額の範囲で補償
ショッピング保険 年間50万円を限度に購入日から60日間、補償します(自己負担額 5,000円/1事故あたり)

りそなデビットカード(VISA)

ステータスポイントで還元率が変わる|りそなクラブで貯まったポイントはいろいろ交換できる

りそなデビットカード(VISA)とりそなデビットカード〈JMB〉があってりそなデビットカード〈JMB〉は年会費がかかってマイルが貯まるというものですけど、りそなデビットカード(VISA)無料です。

りそなクラブポイント0.5%相当還元でポイントもランクによって変わります。

貯まったポイントは他のポイントに交換できたりもするのでいいですね。

補償や保険を考えても総合的にみて持っていてもいいかもしれませんね。

  りそなデビットカード(VISA)
銀行口座 りそな銀行
カードのブランド Visa
カードのデザイン 2種類
発行手数料 無料
年会費 無料
ポイント りそなクラブポイント0.5%相当還元
入会審査 なし
年齢 15歳以上
利用限度額 ショッピング(国内・海外)  1ヶ月あたり1,000円~1,000万円
海外ATM現地通貨引出 1ヶ月あたり1,000円~100万円
不正利用補償 年間150万円を限度に補償
ショッピング保険 あり(海外のみ)年間50万円を限度に、購入日より90日間補償

楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)

楽天銀行のデビットカードのゴールドカードですね。

年会費5,400円(税込)ですけど、

・ショッピング保険
・国内国外旅行損害保険
・Visaゴールド優待特典

などが付きますね。

海外へ行かれる方向けの特典が豊富で海外へ行かれる方には良いと思います。

ゴールドはちょっと高いということなら年会費2,160円(税込)の楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)もあるのでそちらも比較してみると良いと思います。

  楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)
カードのブランド Visa
発行手数料 無料
年会費 5,400円(税込)
ポイント 100円利用で1ポイント
入会審査 なし
年齢 16歳以上
保険・補償・特典 ショッピング保険
国内国外旅行損害保険
Visaゴールド優待特典

まとめ

それぞれ特徴があるのでなかなか比較は難しいんですけど、年会費、カードブランド、還元率、保険・補償などは比較しやすいですね。

人それぞれ重視するポイントや利用するお店やサービスなども違うと思いますので比較して自分にあったデビットカードを選ぶと良いと思います。

まあキャッシュカードについていて無料のものも多いのでとりあえずつけていてもいいかもしれませんね。

コメント