GOTOトラベルキャンペーンの旅行予約のキャンセル料金と補償の注意点

キャンペーン

今GOTOトラベルキャンペーンの旅行予約のキャンセル料金の補償の話がありますのでキャンセル料金と補償の注意点などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

GOTOトラベルキャンペーンの一時停止とキャンセル料補償

菅首相が2020年11月21日に

感染拡大地域の旅行の新規予約を一時停止する

ということを発言されていました。

そして、この判断は

都道府県知事が判断し、政府が最終決定する

ということで流れになるようです。

そして、以前はキャンセル料は補償しないということだったのですが、11月21日の発言では

この停止によって生じたキャンセル料は国が負担する方向

で進められているということです。

で気になるのが旅行のキャンセルはいつから補償してくれるの?

っていうところだったりすると思いますが、

2020年11月21日時点ではまだ具体的には何も決まっていない

です。

旅行の日が迫っているので早く決定してほしいという方も多いと思いますが、とりあえずそういった方向で進んでいくということですね。

2020年11月21日にわかっていること

ここで2020年11月21日にわかっていることは

■まだ具体的に何も決まっていない
■内容が変わってくる可能性もある
■現時点では感染拡大地域の旅行の停止によって生じたキャンセル料を負担する方向
■どこの地域がキャンセル料の補償の対象かわからない

というところです。

旅行の日が迫っているという方としてはこんな状況では旅行も行きたくないし、早くいろいろなことを決めてほしいという方も多いですよね!

随時ニュースはチェックしておくのが良いと思います。

ここでGOTOトラベルキャンペーンのキャンセル料金について紹介したいと思います。

キャンセル料金はいくらかかるのかも把握しておくことが大切です。

GOTOトラベルキャンペーンのキャンセル料金

GOTOトラベルキャンペーンのキャンセル料金からおさらいしていきます。

例として紹介すると

旅行代金20,000円でキャンセル料が20%だった場合

旅行代金
割引額7,000円(Go Toトラベルキャンペーン35%)
通常支払額13,000円
20,000円の20%なのでキャンセル料は4,000円

となります。

13,000円の20%ではなく
20,000円の20%になるといことです。

旅行代金に対して〇%かかってくるということですね。

ここはしっかり把握しておくことです。

GOTOトラベルのキャンセル料金は旅行会社によって違う

このキャンセル料金は旅行会社によって違います。

例えば

1カ月前に20%のところもあれば10%のところがあったりと旅行会社によって違うと思います。

なのでキャンセル料に関してはそれぞれ旅行予約している旅行会社の公式ホームページなどで確認されると良いと思います。

さらに問い合わせで確認するのも良いかもしれませんが、かなり込み合っているようで繋がりにくいかもしれませんので気を付けてください。

GOTOトラベルのキャンセル料金負担に関して質問しても2020年11月21日時点では何も決まっていないので答えられないと思います。

まとめ

本当にGOTOトラベルはありがたいけど、状況が一変して多くの方が混乱していますね。

GOTOトラベルがGOTOトラブルにならなければ良いのですが・・・

これらのことに関してはしっかりと最新の情報を入手して正しくチェックすることが大事です。

公式の旅行者向け Go To トラベル事業公式サイトなどをしっかりチェックされるのが良いと思います。