JPQR(ジェイピーキューアール)でQR コード決済統一へ|利用者には特に関係ないかも

その他

こんにちは!「よう」です!

ここのところメディアでも取り上げられている「JPQR(ジェイピーキューアール)」ですが、今乱立するQR コード決済が一つに統一されていくということのようです。

スポンサーリンク

JPQRへの移行を行うコード決済サービス

・au PAY
・銀行Pay(OKIPay、はまPay、ゆうちょPay、YOKA!Pay)
・メルペイ
・LINE Pay
・楽天ペイ(アプリ決済)
・りそなウォレット

といったっところがJPQRへの移行を行うコード決済サービスで

年内にさらに6サービスがJPQRに準拠する予定JPQR(利用者提示型・バーコード)」に対応するということのようです。

一般社団法人キャッシュレス推進協議会をそのまま引用して掲載しておきます。

切替の必要性

コード決済のうち、利用者提示型・バーコードについては、利用者が自身のスマートフォン上にバーコードが表示され、店舗側で当該コードを読み取ることで決済が行われます。

この方式では、コード決済事業者においてJPQR対応のコードと従来型のコードの出し分けが困難であることから、コード決済サービスごとに、当該コード決済サービスに関係する事業者(コード事業者、ゲートウェイ事業者、店舗等)において、同一のタイミングにて、一斉にJPQR対応の導入・切替を行って頂く必要があります。 2019年4月26日以降、当協議会における慎重な検討の結果、移行タイミングにおける混乱をなるべく小さくすることを目的に、可能な限り多くのコード決済サービスが同時に切替できるように、切替タイミングを「2019年8月1日(木) 午前3:00」とすることといたしました。

JPQRへの移行を行うコード決済サービス

2019年8月1日(木) 午前3:00において、以下のコード決済サービスがJPQR(利用者提示型・バーコード)への準拠を行います。(以下のサービスには、既にJPQRに準拠しているサービスも含みます)

  • au PAY
  • 銀行Pay(OKIPay、はまPay、ゆうちょPay、YOKA!Pay)
  • メルペイ
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ(アプリ決済)
  • りそなウォレット

(サービス五十音順)

なお、8月1日以降も、各コード決済サービスにおいて準備が整い次第JPQRへの移行が予定されており、年内にさらに6サービスがJPQRに準拠する予定(2019年7月22日現在)です。

引用元:一般社団法人キャッシュレス推進協議会

JPQR(ジェイピーキューアール)で何が変わるのか

まず店舗側の管理・レジ周りが整理されるメリットがあるようです。

レジの周りにPayPayやLINE Payなどシールであったりいろいろ置いてあったと思います。

統一されることでそういったレジ周りがスッキリするということですね。

では僕らにメリットはというと特になさそうですね。

支払いの流れも変わりませんし、特に便利になるということはなさそうです。

まとめ

LINE Payや楽天ペイなど大手のQRコード決済も移行していきますし、今後もさらに他の大手のQRコード決済サービスもJPQRに移行していく流れかなと思います。

ただ、まだいろいろ問題もあるようでどうなって行くのかわかりませんで様子を見てみましょう。

僕ら利用者としては・・・

まあ何が利用できるのかなどわかりやすくなるのかなという感じでしょうかね。

僕ら利用者があまり考える必要なないことかなともいます。