海外向けプリペイドカード比較【2019年4月】|6つの中でおすすめはどれ?

プリペイドカード

こんにちは!ようです!

僕ももう少ししたら海外旅行に行く予定なので海外で使えておすすめのプリペイドカードがあればと思いながらずっと調べています。

クレジットカードでいいのでは?と思いながらも安心感と便利さでプリペイドカードもアリかと悩み中ですが

ということで有名なところの海外向けプリペイドカードを紹介してきたのでここでまとめて比較してみたいと思います。

比較してみるといろいろ特徴が違っていてどれがあなたにおすすめなのか見えてくるかもしれません。

それでは行きます。

まずは気になるポイントだけピックアップした比較表を紹介したいと思います。

マネパカード GAICA GAICA (Flex機能付き) MoneyT Global(マネーティーグローバル) キャッシュパスポート NEO MONEY(ネオ・マネー)
発行元 株式会社マネーパートナーズ アプラス 新生銀行グループ アプラス 新生銀行グループ アプラス 新生銀行グループ マスターカードプリペイドマネージメントサービシーズジャパン株式会社 株式会社 クレディセゾン
ブランド マスターカード Visa Visa Visa マスターカード Visa
年齢 15歳以上 13歳以上 13歳以上 13歳以上 年齢制限なし 13歳以上
入会・年会費 無料 無料 無料 無料 無料 無料
チャージ手数料 無料 無料 日本円無料
米ドル3.5%
ユーロ3.5%
英ポンド3.5%
豪ドル3.5%
無料 1% 無料
為替手数料 一通貨につきUSD:2.5円
EUR:3円
GBP:4円
AUD:2円
HKD:0.35円
2019/3/18から
4% 日本円4%
米ドル無料
ユーロ無料
英ポンド無料
豪ドル無料
5% 4% 4%
ATM手数料1回 米ドル2ドル
ユーロ1.75ユーロ
英ポンド1.5ポンド
豪ドル2.5豪ドル
香港ドル20香港ドル
200円 無料 200円 200円
2米ドル
1.75ユーロ
1.50英ポンド
2.50豪ドル
2.75NZドル
2カナダドル
2.50SGドル
14香港ドル
200円
マルチカレンシー 〇6通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円) 5通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、日本円) 新生総合口座パワーフレックス必要 〇9通貨(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドル)

※現地ATM運営者が設けている手数料が別途かかることがあります。

ではこの比較表で気になるポイントを紹介したいと思います。

まずマネパカードの為替手数料についていろいろなところで約0.8%(為替レートによる)とか安いということで言われています。

実際安いです。

ただ、2019年3月18日までは・・です。

一通貨につき

USD:0.8円
EUR:1円
GBP:1.3円
AUD:0.7円
HKD:0.3円

だったのですが

2019/3/18からは

USD:2.5円
EUR:3円
GBP:4円
AUD:2円
HKD:0.35円

に上がりました。

GBPはあまり変わらないかもしれませんけど、それ以外の通貨は他のプリペイドカードに比べて安い部分を多いと思います。

その理由は発行元が株式会社マネーパートナーズでFX・証券取引を行っていてそのFXレートを基準にしているということで他とはちょっと違うわけです。

FX・証券取引会社の強みを生かしているということですね。

やっぱりここは強いところですね。

あとはキャッシュパスポートが「年齢制限なし」とチャージ手数料1%というところが少し違うところでしょうか。

ここでマルチカレンシーについて少し説明しておきたいと思います。

マルチカレンシーとはマルチカレンシーとは複数の通貨のことで1枚のプリペイドカード複数の通貨をチャージできるというものです。

いくつかの国を移動するという方には便利なものになります。

それでは一つ一つ海外向けのプリペイドカードを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

マネパカード

まずはマネパカードです。

何を言っても一番気になるのは手数料ですよね。

どれだけの金額外貨に換えるかにもよりますが、為替手数料のところが一番差が出るところだと思いますからね。

これが低い方が無駄な出費を抑えられますからね。

そう考えるとマネパカードがおすすめですね。

ただ、為替手数料が上がってしまったのですが、それでもまだお得な部分は多いですね。

手数料シミュレーターがあるので使ってみると良いと思います。

知って得する♪海外ショッピング等手数料比較シミュレーター

あとはマルチカレンシー・プリペイドカードということで6つの外貨にチャージしておくことができます。

そして、日本円に両替する場合の手数料も無料なのでとてもお得になります。

あとメリットとしては2019年4月1日から国内でも海外でも利用の1%キャッシュバックされるんです。

これはお得ですね。

こういったプリペイドカードで普通に還元率1%はなかなかいいですからね。

まず手数料を抑えて無駄を省きたいならマネパカードはチェックでしょうか。

国内でも海外でも利用の1%キャッシュバック

GAICA

GAICAを見て他のプリペイドカードと見てみると平均的、というのがわかります。

あまりこれといった特徴はないのかなという感じです。

しいて言うならVisaのタッチ決済(Visa payWave)対応というところです。

日本で言うと楽天EdyやQUICPay(クイックペイ)と同じ非接触IC決済サービス電子マネーがついています。

なのでカードをかざすだけで決済が完了するということですね。

おそらく海外向けのプリペイドカードでこのVisaのタッチ決済(Visa payWave)がついているのはGAICAだけだと思います。おそらくです。

なので海外のVisaのタッチ決済対応のお店ならさっと決済が完了してしまうので手間がないということが言えます。

Visaのタッチ決済(Visa payWave)対応

GAICA (Flex機能付き)

そして、さらにオプションとしてパワーアップしているのがGAICA (Flex機能付き)のプリペイドカードです。

まず新生総合口座パワーフレックスが必要になります。

新生総合口座パワーフレックスは円預金や外貨預金などを一つの口座で管理できる便利な総合口座です。

あと、チャージ手数料、為替手数料などもちょっと他のプリペイドカードとは変わってきます。

そして、オートチャージや毎月定額チャージなどもできますのでとても便利です。

海外によく行く方や外貨預金などもしたいという方にはとても便利だと思います。

新生総合口座パワーフレックスが必要
オートチャージや毎月定額チャージができる
5通貨チャージ可能

MoneyT Global(マネーティーグローバル)

MoneyT Global(マネーティーグローバル)も数字を見てみると平均的ですし、むしろ為替手数料5%というのがちょっと高めになっています。

ではポイントはというと「危険回避速報」をメールで知らせてくれるというところです。

なので危険な地域に行く方や子供にも嬉しいサービスかなと思います。

あとは特にこれというのはないですね。

危険回避速報を教えてくれる

キャッシュパスポート

キャッシュパスポートはやはり一番のポイントはマルチカレンシープリペイドカードで日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドルの9カ国の通貨にチャージできることですね。

米ドルやユーロなどはありますが、NZドル、カナダドルはなかなかないですし、シンガポールドルにチャージできるのも嬉しいですね。

あとは年齢制限なしというところと「オリジナルカード」と「スペアカード」の2枚セットでもらえるので紛失したときなどに助かりますね。

他とはちょっと違っていて「私にはキャッシュパスポートが一番合っている」という方も結構いるのではないでしょうか。

ただ、入金手数料が入金金額の1%というのはチェックしておかないといけないポイントかと思います。

9カ国の通貨にチャージできる
年齢制限なし
「オリジナルカード」と「スペアカード」の2枚セットでもらえる

NEO MONEY(ネオ・マネー)

NEO MONEY(ネオ・マネー)も数字で見ると一見平均的なのですが、それ以外にポイントがあります。

それが為替レートです。

お得なレートで両替できるということなんです。

為替手数料4%ということですが、お得なレートがあるのでむしろお得だったりします。

ちなみにこういった為替レートになっています。

https://www.neomoney.jp/rate/pdf/comparison_rate.pdf

アメリカなどはほとんど変わりませんが、特にアジアは安くなっていてアジアなどに行かれる場合はNEO MONEYも選択肢の一つになるかと思います。

中国系の銀聯と提携しているので銀聯の加盟店でも使えますし、特に中国や中国が進出しているアジアに行かれる方にはいいですね。

まとめ

まず為替手数料ならマネパカードでしょうか。

やっぱりこの手数料の違いでかなり出費も抑えられるのではないでしょうか。

ただ、NEO MONEY(ネオ・マネー)も捨てがたいですね。

為替手数料4%ですが、行く国によっては為替レートが魅力的なのでアジア圏や発展途上国などならNEO MONEYでしょうか。

GAICA (Flex機能付き)もオートチャージなどもあって便利ですね。

・アジア旅行ならNEO MONEY

・アメリカとかヨーロッパに旅行に行くならマネパカード

・外貨預金とか長期的にいろいろ使いたい方はGAICA (Flex機能付き)

・いろいろな国を飛び回っているという方は9カ国の通貨にチャージ可能なキャッシュパスポート

あたりかなと勝手な個人的な意見です。

子供の海外留学なら・・・選ぶのが難しいですね。

日本でプリペイドカードでおそらく唯一のVisaのタッチ決済(Visa payWave)対応のGAICAもお買い物の時に便利だったりします。

どこの国に行くのかとか費用を抑えたいとか重視するポイントによっても変わってきますね。

実際使われた方々のいろいろな意見をまっています!

募集しようかな・・・

といった感じでまた何かありましたら追記していきたいと思います。

コメント