Line Payでの公共料金の支払い方法|何が支払えるの?お得に還元!

LINE Pay(ラインペイ)

こんにちは!ようです!

個人的にちょっと公共料金の支払いがあったのでLine PayとかPayPayなどのQRコード決済サービスで支払えないか調べていたんです!

そしたら支払えるものもあったり支払えないものもあったりといろいろでした。

そして、公共料金の支払いでお得にということでいうと「Line Pay」でした!

なぜかというと〇〇%還元キャンペーンが公共料金が対象だったりするんですよね。

もちろんキャンペーンなので対象でないこともありますし、キャンペーン自体やっていない可能性もあります。

あと結構いろいろ払えるものがあるのと地域で支払える公共料金が違ってくるということがわかりました!

といったところでまずはLine Payでの公共料金の支払い方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Line Payでの公共料金の支払い方法

 まずはLineのアプリをクリックします。

そして右下の「ウォレット」をクリックします。

そうするとウォレットの中に「請求書支払い」があると思います。

そこをクリックします。

そうするとこういった画面になります。

ここに細かな内容が書かれています。

利用できる請求書に関してのリンクも貼られていますのでそちらから確認されると良いと思います。

先に言っておくと公共料金が支払えるのかどうかは都道府県によって変わってきます!

電力会社や水道局など地域によって対応しているところとそうでないところがあります。

ここはしっかりチェックですね。

例えば大阪市と千葉県市川市が一番いろいろ対応しています。

大阪市は 

個人市・府民税

固定資産税

事業税など他にもあります。

千葉県市川市も 

市県民税

固定資産税

国民健康保険税など他にも対象です。

 神奈川県もなかなかです。 

自動車税

個人事業税

不動産取得税等です。

市単位で支払えるのかどうかというところで、まだまだほとんどの市が対応していません。

 詳細はこちらで確認されると良いと思います。

LINE Pay
簡単で安全な決済のための新しいデジタルウォレット

あと注意点として必ずチェックしておくことはこちらです。

50,000円以上の請求書支払いは利用できない場合があります。
手数料支払い金額が10,000円未満だと64円(税込)
手数料支払い金額が10,000円以上だと108円(税込)
領収書は発行されません。
税金のお支払いはLINEポイント付与の対象外

※注意事項など変更されている可能性もあるので公式サイトで確認お願いします。

ここはチェックですね。

キャンペーンの還元に関しては請求書支払いも対象だったりするので公共料金の支払いが対象がどうかキャンペーンごとにチェックされるのが良いかと思います。

話を戻して、請求書払いの画面で次へを押すと

バーコードを読み取る画面が出てきます。

ここに公共料金などにあるバーコードをかざして読み込んで支払うという流れです。

ちなみに年金などは支払えないようです。

paypayも現時点では公共料金は支払えないようです。

公共料金を他のスマホ・QRコード決済、ネットなどで支払う方法

Line Payで公共料金が支払えたりしますけど他にも支払えるスマホ・QRコード決済があります。

PayB(ペイビー)

PayB(ペイビー)はスマホアプリでコンビニ支払い表のバーコードをスマホのカメラで 読み込むだけで簡単に口座からお支払い可能です。

口座も様々な銀行口座に対応していて現在もどんどん増えていっています。

ちなみに支払える公共料金は地域によって違いますけど、電気やガスなどが支払い可能です。

まずは公式サイトでチェックされると良いと思います。

Pay-easy(ペイジー)

Pay-easy(ペイジー)は税金や公共料金、各種料金などの支払いをパソコンやスマートフォン・携帯電話、ATMから支払うことができるサービスです。

ネットなら利用しているインターネットバンキングにログインしてその中に「ペイジー料金払い込み」というカテゴリーがあると思います。

そこから納付書に記載されてある収納機関番号を記入して「納付番号」「確認番号」「納付区分」などを入力していくと支払いがネットで完了します。

またATMなどからも支払えるので便利です。

Yahoo!公金支払い

Yahoo!のコンテンツで公共料金が支払えるものがあります。

対応している支払い

自動車税
軽自動車税
固定資産税
住民税
国民健康保険
介護保険料
後期高齢者医療保険
使用料・利用料
個人事業税
不動産取得税
法人市民税
事業所税
市たばこ税
ふるさと納税
水道料金
NHK放送受信料
ガス料金

こういった支払いに対応しているのですが、市区町村などで支払えるものが違うのでまずはチェックしてみてください。

さらにポイントとして期間限定Tポイントが利用できるというのもポイントです。

期間限定Tポイントの使い道がなくて公共料金を支払うという方には良いのではないでしょうか。

まとめ

公共料金を支払うのであればLine Pay一歩リードですね。

その理由としてはキャンペーンによっては還元の対象になるからです。

公共料金の支払いが実質割引とかになったら嬉しいですよね。

さらに市によっては税金などもLine Payで支払うことが可能です。

大阪市と千葉県市川市は結構いろいろな税金に対応しているのでこの地域に住んでいる方はチェックですね!

ということで今のところどこの〇〇Payで何が支払えるのかってなかなかわからない状況だと思います。

しかも数か月したらまたこの状況もかなり変わっていることかと思います。

なのでしっかり情報を入手している人がお得になる!笑ということもあるかと思います。

僕もしっかりチェックして情報提供できればと思います。

ということでLine Payでの公共料金の支払い方法についてでした!

ちなみに僕が支払いたかったものは対象外でした><

ということでLine Payでの公共料金の支払い方法|何が支払えるの?お得に還元!でした。

コメント