ポイントカードをまとめて管理するおすすめの方法とは

ポイントカード(ポイント)

こんにちは!ようです!

キャッシュレス化でカードを利用することがどんどん当たり前になってきて僕もキャッシュレス生活をしているのですが、そうなると困るのがポイントカード(ポイント)の管理ですね。

まあポイントカード(ポイント)に関してはキャッシュレス化とは関係なく、昔からいろいろなポイントカードはありましたしそれをまとめるのは大変ということで悩んでいる方も多かったと思います。

僕は比較的最近になってしっかりポイントカード(ポイント)を管理するようになりました。

そこで、やっぱりポイントカードをいろいろもって、さらにお店によって出すカードが違うのでとても大変です。

そこでポイントカードをまとめて管理する方法とおすすめアプリを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ポイントカードを一括で管理できるアプリ

まず初めに挙げるのが【ポイントカードを一括で管理できるアプリ】です。

これならカードもいらないですし、一つにまとまっているのでわざわざ探す必要もありますせん。

その中で一つおすすめなのが【Stocard】です。

ご存知の方も多いと思いますけど、まあとりあえずおすすめとして紹介しておきます。

Stocard

Stocardポイントカードが一つにまとめられて便利ということで利用されている方も多いと思います。

登録できるポイントカードも相当な数があるのでとても便利だと思います。

まずはアプリをダウンロードして

Stocard - ポイントカード

Stocard – ポイントカード

Stocard GmbH無料posted withアプリーチ

そうするとこんな感じで出てくると思います。

いろいろなポイントカードが登録できます。

あとは持っているカードを選んで登録ですね。

そして、これをお店で提示すればよいのですが、お店によっては反応しないとか使えないといったことがあるようです。

ちなみに僕もスマホに入ってはいるのですが使ってないです!

なぜかというと僕はPayPayとかLlne PayとかQRコード決済サービスを使うことが多いのでそんなときは逆にちょっと手間なんです。

どういうことかというとまず

スマホでStocardを提示して

そこからスマホで〇〇Payのアプリを起動させて

支払いコードの画面を提示していると結構店員さん待たせるし時間かかるんですよね!

それだったらポイントカードをもっておいて、QRコードも事前に準備しておいた方が早いですからね。

なのでポイントカードと現金やクレジットカードなどを使うなら良いと思いますが、ポイントカード提示も支払いもスマホということになると結構時間がかかります。

管理だけならいいと思いますけどね。

アプリでまとめて管理

ポイントカードはアプリと紐付けてスマホでアプリを一括管理

最近のポイントカードはアプリと連動していてリアルなポイントカードを持っていなくてもアプリがポイントカード代わりになるものが多いです。

なのでもしリアルなポイントカードを持っているならそのカードの公式アプリはないかチェックしてみてあったらおそらくポイントカードを紐付けできると思いますのでこれからはアプリで管理も可能になるかと思います。

これで一つ一つのアプリがポイントカード代わりなのでスマホで一緒のフォルダにまとめて入れて管理というのでも全然良いと思います。

ほんとに今はどのポイントカードも大体アプリがありますからね。

別にカードを持たなくてもスマホにアプリを入れておけばいいですからね。

僕もまとめて入れています!

QRコード決済サービスとポイントカード(ポイントアプリ)を紐づける

上で話した通り、ポイントカードをまとめるなら「Stocard」は便利だと思いますし、あとはポイントカードのアプリをまとめてスマホの同じフォルダに入れておいてもいいですね。

ただ、僕のようにQRコード決済サービスを利用する場合、スマホに入ったポイントカードのコードを出して、それからQRコード決済サービスのコードを出すと時間がかかります。

そこで実際のポイントカードとQRコード決済サービスのコードを事前に準備しておいた方が早いのでそうしています。

ただ、これだと結局ポイントカードがかさばりますよね。

そんなときおすすめなのがQRコード決済サービスとポイントカード(ポイントアプリ)を紐づける方法です。

たとえばLine Payなら

ポイントカード(ポイントアプリ)でコードを表示させてポイントを貯めてすぐにLine Payの支払いコードの画面に移動できて1台のスマホで簡単にポイントを貯めるのと決済を完了させることができます。

Line Payで設定方法で紹介

ではLine Payで設定方法を紹介したいと思います。

まずLineの右下のウォレットをクリックすると

マイカード」というところがあると思います。

ここにをクリックするといろいろなポイントカードのアプリと紐付けできます。

まだ数が少ない

ただ、見てもらうとわかる通りまだまだ数が少ないです。

PontaやTカードは紐付けできますが、できないポイントカードも多いです。

他のQRコード決済サービスも紐付けられないものも多いですからまだまだ使えるのは少ないです。

ただ、今後は増えてくると思います。

「なんだ少ないから使えない!」と思われたかもしれませんけど、今後こういった機能が普通に使われるようになる可能性が高いですし、今こういった機能があるということを覚えておいてもらって今後紐付できるポイントが増えてくると、とても便利になるので今は使わなくても覚えておいても良いのかなと思います。

一応Line Payとポイントカードの紐付けの設定方法を紹介したいと思います。

Pontaで設定していきます。

まずPontaのところをクリックするとこういった画面になります。

問題なければ権限を許可します。

そして、連携するをクリックします。

PontaはリクルートIDなのでIDを持っている方はIDとパスを入れます。

そうすると登録されているメールアドレスに確認コードが送られてくるので確認コードを入力します。

これで紐付完了です。

そして、PontaをクリックしてもらうとPontaのORコードのページに行きます。

ここからが便利でお店などでORコードを読み取ってもらった後、Line Payで支払う場合、「Line Payコード支払い」をクリックするとすぐにLine Payの支払い画面へ行きます。

これならスマホ一台でも簡単にポイントが貯められて決済もできますね。

他のQRコード決済はまだ導入していないところばかりですし、Line Pay事態も紐づけできるポイントカード(アプリ)も少ないですけど、おそらく今後は使えるQRコード決済もポイントカードも増えてくると思いますので覚えておくのも良いかと思います。

まあ僕は今はQRコード決済と普通のポイントカードを出す、という感じになっていますけどね。

まとめ

人それぞれ、使い方も違いますのでまとめ方も変わってくると思います。

・Stocardなどもアプリでまとめる

・ポイントカードのアプリをそれぞれダウンロードしてスマホのフォルダにまとめて管理する

・QRコード決済を使うなら普通にカードを持っておくか、QRコード決済と紐づける

というような感じになりますでしょうか。

こういった方法を知って実際に設定するのが面倒という方も多いと思いますけど、一度設定を覚えてしまえば、あとはとても管理が楽だったりするので効率が良いと思います。

今後はさらにいろいろ便利になってくるとは思いますのでまたありましたら紹介していきたいと思います。

コメント