「ポイント還元対象店舗検索アプリ」のメリット・デメリット|消費税増税で必須アプリか使ってみた

キャッシュレス

こんにちは!「よう」です!

2019年10月から消費税が10%になります。

それに伴い「消費増税ポイント還元」ということでクレジットカードや電子マネーなどで支払うと

このマークがあるお店では

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

5%か2%の還元があります。

単純計算で消費増税が2%でポイント還元が5%ならお得になりますよね。

さあここで問題なのがどのお店がポイント還元をやっていて、さらに5%還元なのか2%還元なのかです。

現在日本全国で加盟店が約50万店舗ほどあります。

数が多いうえにどこのお店で行っているのかわからない・・・に行ってみないとわからない・・・では困りますよね。

 そこでおそらく今後必需品になってくるのが

ポイント還元対象店舗検索アプリ

です。

アプリで地図上に加盟店が出てきて5%なのか2%なのか分かるようになっています。

さあここで僕も使ってみたんですけど、当然これでどこのお店がポイント還元の対象か5%なのか2%なのか分かるわけですけど、正直これまで他のQRコード決済など様々なアプリを使ってきてそれと比較すると機能的にまだまだ使いにくいわけです。

というところで

「ポイント還元対象店舗検索アプリ」のメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

まずはポイント還元対象店舗検索アプリの使い方から紹介していきます。

スポンサーリンク

ポイント還元対象店舗検索アプリの使い方

まずはポイント還元対象店舗検索アプリがあるのでそれをダウンロードします。

ポイント還元対象店舗検索アプリ

ポイント還元対象店舗検索アプリ

一般社団法人キャッシュレス推進協議会無料posted withアプリーチ

ここからもできますし、不安な方は公式サイトからも行けます。

入手をクリックしてダウンロードです。

ダウンロードしたらあとは携帯にあるアイコンをクリックします。

そうすると「利用規約に同意する」という画面が出てきますので問題なければそこをクリックします。


 そうすると位置情報を許可するのかどうかが出てきます。

普通に使うのであれば位置情報は許可しますがとりあえず使ってみたいという方は許可しないであとで設定しても良いと思います。

位置情報を決めたらもう普通に利用できます。

個人情報などの登録は一切ありません。

あとは検索です。

黄色いマークのところをクリックすると対象店舗名が出てきてポイント還元率がわかるようになっています。

ではここでポイント還元対象店舗検索アプリを使ってみてどうなのか紹介していきたいと思います。

ポイント還元対象店舗検索アプリのメリット

2019年10月1日時点での印象

ポイント還元対象店舗が掲載されている

ポイント還元対象店舗が地図上に掲載されていて位置がわかるのは良い点だと思います。

ポイント還元といってもどこの店舗が対象なのかわからないでは困りますからね。

ポイント還元5%なのか2%なのかがわかる

対象店舗は黄色いマークが出ているのですが、それをクリックすると店舗名が出てきてポイント還元が5%なのか2%なのかがわかります。

コンビニもフランチャイズがどうかで5%と2%が違ったりもするのでありがたいですね。

会員登録など個人情報を入力する必要がない

個人情報などを入力する必要がなくて、ダウンロードしたらすぐに使えます。

なので誰でも簡単に利用することができます。

使える支払い方法が店舗ごとにわかる

店舗情報にいくと使える支払い方法が掲載されています。

といったところがメリットかなと思います。

このアプリがあるのとないのとでは違いますね。

ポイント還元対象店舗検索アプリのデメリット

2019年10月1日時点での機能ですが、まだまだ改善してもらいたいところがいくつかあります。

おそらくこれからバージョンアップを重ねてもっと使いやすくなるとは思いますが現時点でのデメリットを紹介したいと思います。

検索機能がない

地図検索はできるのですが、例えば店舗名を直接入力したり、「居酒屋」とか「カフェ」などと入力する検索機能がありません。

なので目的の行きたいお店があった場合その店舗がポイント還元の対象なのかは地図からおおよその位置を探して探さないといけません。

一目で店舗がわからない

 上での検索機能がないということも一つですが、地図検索をして還元ポイント対象店舗が出てくるのですが、現時点ではそこから画像のようにわざわざ黄色い部分をクリックしていって対象店舗をチェックしないといけません。

なので行きたいお店があったりしてもすぐには見つけられないので手間です。

まとめ

まずこのポイント還元対象店舗検索アプリがあることで一応ポイント還元の対象店舗と還元率がわかるので最低限はなんとかなりますね。

ただ、アプリ自体の機能は現時点はまだまだで店舗検索などの機能もありません。

これからバージョンアップしていくとは思いますが、もうポイント還元がスタートするという状況で最低限アプリをアップできたというところでしょうか。

まあ自分も行きたいお店が還元ポイント対象店舗が調べるのはちょっと大変ですが、とりあえずこれを使ってチェックですね。

ということで「ポイント還元対象店舗検索アプリ」のメリット・デメリットについてでした。

コメント