大手ポイントカード(ポイント)を比較してみた!おすすめの貯め方と管理

ポイントカード(ポイント)

こんにちは!ようです!

キャッシュレス化がどんどん進んできて、「ポイント還元」みたいなのも増えてきてポイントもどんどん重要になってきているように感じます。

これまで「ポイントを無駄にしてきた!」という方も多いと思います。

このポイントをしっかり獲得して利用する人としない人ではかなりお得感も変わってくるのではないでしょうか。

僕も以前はかなりポイントを無駄にしてきたタイプなので今はしっかりチェックしています。

ではこれから利用者が多い大手のポイントカード(ポイント)を紹介していきたいと思いますが、

おそらくこれから紹介する大手のポイントカードはどれか一つくらいは利用したことがあるという方ばかりだと思います。

そして、そのポイントをしっかり使っている、管理している、という方はどれくらいいるのでしょうか。

結構無駄にされている方も多いと思います。

そこで大手ポイントサイトのポイントについてうまく使うため、無駄にしないために比較して紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ポイントカード比較表

まずは簡単な表で比較してみたいと思います。

発行元 発行手数料 ポイント ポイント有効期限 おすすめ付帯クレジットカード
Tカード(Tポイント) 株式会社Tポイント・ジャパン
主要株主(CCCマーケティング株式会社・ヤフー株式会社・ソフトバンク株式会社・株式会社ファミリーマート)
無料 1ポイント1円 最終ご利用日(貯める、使う、交換する)から1年間 Yahoo!カード
ファミマTカード
楽天ポイントカード(楽天スーパーポイント) 楽天株式会社 無料 1ポイント1円 最後にポイントを獲得した月を含めた1年間 楽天カード
dポイントカード(dポイント) NTTドコモ 無料 1ポイント1円 獲得した月から起算して48か月後の月末まで dカード
Pontaカード(Pontaポイント) リクルートグループ 無料 1ポイント1円 最終ご利用日(最終のポイント加算日または、ポイント利用日)から1年間 ローソンPontaカード
nanacoカード(nanacoポイント) セブン&アイ・ホールディングスグループ 300円(税込) 1ポイント1円 当年4月1日から、翌年3月末日までに加算されたポイントは、翌々年の3月31日まで セブンカードプラス
WAON POINTカード(WAON POINT) イオングループ 無料 1ポイント1円 1年間のポイント加算期間を含む最大2年間 イオンカードセレクト

どれも大手で結局どこがいいのかは人によってそれぞれ違うと思います。

というよりお店によって付くポイントが違うのでいくつか並行して利用することになるかと思います。

さすがにいろいろなポイントカードを持つのは大変なのでよく利用するお店で付くポイントカードを持つのがおすすめです。

僕みたいにマメだったら全部持っても良いと思いますけどなかなか大変だと思いますからね。

お得になる主なお店、サービス
Tカード(Tポイント) yahoo・ソフトバンク・ファミリーマート・TSUTAYAなど
楽天ポイントカード(楽天スーパーポイント) 楽天など
dポイントカード(dポイント) NTTドコモ、マクドナルドなど
Pontaカード(Pontaポイント) リクルートグループ・ローソンなど
nanacoカード(nanacoポイント) セブンイレブン・イトーヨーカドーなど
WAON POINTカード(WAON POINT) イオン・マックスバリュ・ミニストップ・ダイエーなど

こんな感じですね。

おそらく多くの方がいくつかのサービスを利用したりしますよね。

いろいろ持つのは大変かもしれませんけど、面倒でないという方は複数持っていてもいいですしね。

それでは一つ一つ紹介していきたいと思います。

Tカード(Tポイント)

yahoo・ソフトバンク・ファミリーマートなどが主要株主のTカード(Tポイント)です。

なのでyahoo・ソフトバンク・ファミリーマートを利用することで他のお店やサービスを利用するよりも多くポイントがもらえたりします。

例えばソフトバンクの回線を契約しているユーザーだったら「長期継続特典」とかで期間固定Tポイントがもらえたりもしますし、yahooショッピングyahoo!カードで買い物したりするとポイントが多くついたりします。

Tポイントを貯める主な方法

yahoo!ショッピングを利用する

Yahoo!ズバトクを利用する

T-MALL(T-モール)を利用する

モバイルTカード(モバT)を利用する

など他にもいろいろあります。

yahoo・ソフトバンク・ファミリーマートのヘビーユーザーならクレジットカードがおすすめですね。

通常よりも多くのポイントがもらえたりします。

ポイント管理・Yahoo!JAPAN ID

おすすめクレジットカード

ヤフーカード

ファミTカード

僕もyahoo!カードを持っていますが、かなり利用させてもらってます。

ポイント還元率1%ですしおすすめです。

yahooショッピングはもちろんですし、PayPayを利用するときのチャージにもおすすめですね。

特にソフトバンクユーザーはyahoo!カード、Tポイントは持っておきたいですかね。

楽天ポイントカード(楽天スーパーポイント)

楽天が発行するポイントカードです。

楽天市場やその他楽天のサービスを利用される方も多いと思いますので持っている方も多いと思います。

ポイントカードは楽天カードに付帯していて、楽天の会員サイトで管理されている方も多いと思います。

楽天でショッピングをすれば楽天スーパーポイントが貯まりますし、かなりの方が保有しているんじゃないでしょうか。

ポイント管理・my Rakuten

楽天ポイントを貯める主な方法

楽天のサービスを利用する

もらえるモールを利用する

提携店でお買い物をする

楽天サービスはもちろんですが、ゲームや買い物をすると楽天スーパーポイントやEdyが貯まるポイントサイトもらえるモールなどもあります。

店舗でも貯めることができます。

楽天ポイントしか付かないお店も結構あります。

楽天サービスを多く利用されている方は「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」で楽天ポイントが最大15倍になるのでチェックしてみてください。

おすすめクレジットカード

楽天カード

楽天カード一択ですね。

僕も利用していますが、ポイント還元率も1%と高いですしいいですね。

楽天サービスを利用するなら必須ではないでしょうか。

dポイントカード(dポイント)

dポイントカード(dポイント)はNTTドコモが発行するということでドコモユーザーの方はクレジットカードのdカードに付帯させている方も多いと思います。

ドコモ回線を契約している方はdカードは必須ですのでまだ持っていない方はチェックです。

dポイントを貯める主な方法

dポイントクラブを利用する

dカード加盟店・特約店を利用する

dポイントクラブでゲームをしたりすることでポイントがもらえます。

あとはyahoo!や楽天のように大きなネットショッピングなどがないので加盟店・特約店で買い物をするなどでポイントがもらえます。

ポイント管理・dポイントクラブ

おすすめクレジットカード

dカード

NTTドコモが発行するdカード一択ですね。

ドコモのケータイ・「ドコモ光」の利用料金でポイントも貯まったりしますしカードによってはローソンでの買い物のポイントも上がります。

ドコモ回線ユーザーの方はお得になりますね。

ドコモ回線ユーザーの方はdカードよりもむしろdカード GOLDがおすすめです。

Pontaカード(Pontaポイント)

Pontaカード(Pontaポイント)はリクルートグループが発行するポイントカードです。

実は少し前のニュースですが、ポンタポイントを利用している方がTポイントに次いで2位だったりするんですよね。

ポイントサービス利用1位は? - 2位Ponta、3位楽天スーパーポイント
ネットエイジアは1月26日、ポイント活用に関する調査の結果を発表した。調査は2016年12月2日~7日、20歳~39歳のビジネスウーマン(アルバイト・パートを除く女性有職者)2,000名を対象にインターネットで行われた。

当然ポイタカードを利用する方も多いわけです。

Pontaポイントはホットペッパーやじゃらんなどのリクルートグループのサービスなどで貯めたり使ったりすることができます

Pontaポイントを貯める主な方法

ホットペッパーやじゃらんなどのリクルートグループのサービスを利用する

提携店舗でお買い物をする

ポンパレモールを利用する

Pontaカードが使えるお店は多いのでポイントも貯めやすいと思います。

あとはリクルートグループのサービスをよく利用する方もポイントが貯まりやすいと思います。

ポイント管理・Ponta Web

おすすめクレジットカード

Ponta Premium Plus
ローソンPontaカードVisa
JMBローソンPontaカードVisa
ローソンPontaカード ハウス
ルートインホテルズPontaVISAカード
シェル-Pontaクレジットカード
ヒマラヤPontaカードPlus
SHIMIZU With Card
ニシムタPonta JCBカード
アルビスPontaカードプラス
ローソン Ponta プラス

クレジット機能付きPontaカードはいろいろあっていろいろな企業と提携しています。

たとえばローソンをよく利用される方ならローソンPontaカードVisaなどが良いと思いますし、他にもローソンとPontaが一緒になったクレジットカードがいくつかあります。

Pontaカード(ポンタポイント)の作り方・使い方|ローソンヘビーユーザーにおすすめ
Pontaカード(ポンタポイント)はうまく利用すればお得になります。そこでまずは作り方、おすすめの使い方などについて紹介したいと思います。

nanacoカード(nanacoポイント)

nanacoカード(nanacoポイント)はセブン&アイホールディングスグループが発行するポイントカードになります。

なのでセブンイレブンやイトーヨーカドーなどをよく利用する方にはおすすめですね。

あとnanacoカードの発行手数料が通常300円(税込)かかるのですが、キャンペーンなどを利用すると無料で作れたりもします。

nanacoポイントを貯める主な方法

セブン&アイホールディングスグループのお店で買い物をする

オムニ7のお店でお買い物をする

オムニ7はセブン&アイ・ホールディングスが運営する通販サイトでこちらで買い物をするとポイントが貯まりやすいです。

ポイント管理・nanacoポイントクラブ

おすすめクレジットカード

セブンカードプラス

セブンカードプラスはセブン&アイ・ホールディングスグループのクレジットカードです。

お得になるのでおすすめです。

あとQUICPayとnanacoの2つの電子マネーが一つになったQUICPay(nanaco)もおすすめです。

QUICPayは加盟店舗が多いのでこの二つが一緒になることで利用できるお店が一気に増えます。

さらにセブンカードプラスと一緒にもできるのでおすすめです。

QUICPay(クイックペイ)の使い方|クレジットカードと合わせて使いたい
QUICPay(クイックペイ)は利用の仕方でかなり便利になったりします。そこでおすすめの使い方などについて紹介しています。
nanaco(ナナコ)の登録方法とおすすめの無料の作り方|セブン&アイユーザーならこれ!
nanaco(ナナコ)の登録方法とおすすめの作り方などを紹介しています。セブンイレブンなどセブン&アイユーザーならこれですね。

WAON POINTカード(WAON POINT)

WAON POINTカードはイオングループが発行するポイントカードです。

当然イオンをよく利用される方はもうすでにもっている方ばかりだと思います。

もうイオングループでお買い物をするのかどうかというところになります。

WAON POINTを貯める主な方法

イオングループでお買い物

イオン銀行で貯める

基本はイオングループでお買い物ですね。

イオングループはイオンやダイエー、グルメシティなど他にもいろいろあります。

イオンの店舗で〇〇デーみたいなものをやっているのでその時にお買い物をするとポイントが貯まりやすくなります。

あとはイオン銀行を利用することでもポイントが貯まったりします。

クレジットカードをうまく利用することでポイントが貯まりやすくなります。

ポイント管理・smartwaon

おすすめクレジットカード

イオンカードセレクト

イオングループが発行するクレジットカードです。

イオングループの対象店舗なら、ときめきポイントが基本2倍や「お客さま感謝デー」などで利用するとポイントが貯まりやすいです。

waon(ワオン)カードの作り方・使い方|イオンユーザーの方におすすめ
イオングループが発行しているwaon(ワオン)カードについての作り方や使い方、ポイントなどについても紹介しています。

まとめ

このような感じでいろいろありますが、結局はどこのお店やサービスを利用するのかで利用するポイントカードも変わってきます。

僕も「Tカード」、「楽天ポイントカード」、「Pontaカード」、「nanacoカード」、「WAON POINTカード」、「dポイントカード」をもっています。

もしよく利用するお店があるのであればクレジットカードと合わせておくとポイントが貯まりやすいのでお得になりますね。

それほど利用しないならクレジットカードはいらないですね。

あと何か多額の買い物をする前にクレジットカードを作ってから買い物をするというのも一つです。

こんな感じであなたに合った良い利用方法でポイントを貯めたりすると良いのではないでしょうか。

コメント