プリペイドカード比較|おすすめはどれ?|

プリペイドカード

こんにちは!ようです!

僕もいろいろなプリペイドカードを持っていてこのサイトでもいろいろなプリペイドカードを紹介していますけど、本当にそれぞれ特徴があって違いがあります。

以前は海外向けのプリペイドカードを比較して紹介しました。

今までは為替手数料が安くて海外向けプリペイドカードのマネパカードが手数料など大きく変更されていて国内の買い物のキャッシュバック率が1%に上がりまして、国内でプリペイドカードを利用するのにもおすすめできるカードになってきました。

そして、今回はそういったプリペイドカードも含めて10種類以上のプリペイドカードを比較して紹介したいと思います。

もしプリペイドカードを発行しようとしていてどれにしようか迷っている方は参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

プリペイドカードとは

発行したプリペイドカードにあらかじめお金をチャージしておきます。

そのチャージしたお金の中でお買い物をしたりします。

クレジットカードのような後払いではなくて、前払いで入っている金額だけしか使えないので使い過ぎるということもなくて安心です。

さらにお買い物の何%かポイントなどが還元されたりします。

プリペイドカードの選び方

プリペイドカードもいろいろあって特徴も違います。

それに重視するポイントも人それぞれ違うと思います。

ですが押さえておきたい共通ポイントはいくつかありますので紹介したいと思います。

還元率

プリペイドカードによって還元率が違います。

0.5%のものや高いものでは2%というものもあります。

また加盟店など一部の店舗で買い物をしたら高くなるというものも多いですので自分のよく利用するお店がお得なのか等をチェックするのも良いのではないでしょうか。

年齢

年齢制限がないものもあれば12歳以上、15歳以上などプリペイドカードによって違います。

学生さんなども作りやすいのがプリペイドカードですが、学生さんは年齢に関してチェックすると良いと思います。

成人の方は問題ないですね。

チャージ方法・手数料

プリペイドカードのよってチャージできる方法が違います。

それにチャージ方法によってチャージ手数料が無料のものや手数料がかかるものもあります。

チャージ方法としてクレジットカードからチャージできないものがあったりりますし、銀行口座からチャージでも銀行口座によっては手数料がかかる場合もあるのでチェックは必要ですね。

他にもはそれぞれ特徴があるのでチェックされると良いと思います。

プリペイドカードはこんな方におすすめ

・何らかの理由でクレジットカードが持てない方

・クレジットカードが持てない学生

・クレジットカードで使いすぎてしまう方

・クレジットカードは嫌だけどお金で支払うのは面倒という方

・海外でクレジットカードを使うのは不安

おそらくクレジットカードとの比較ということになるのかなと思います。

プリペイドカードなら審査もないですし、簡単に発行できてまたチャージした分だけしか利用できないので、後払いのクレジットカードのような不安も少ないと思います。

 プリペイドカード比較表

ブランド 年齢制限 発行手数料 年会費 還元率 ポイント
kyash Visa なし 無料 無料 2.00% キャッシュバック率2.0%
バンドルカード Visa なし 無料 無料 まずはアプリからバーチャルカード
ソフトバンクカード Visa 12歳以上 無料 無料 200円(税込)ごとに1ポイント ソフトバンクケータイ利用の方
dプリペイドカード Mastercard 12歳以上 ドコモの回線契約している方 無料
ドコモの回線契約していない方 640円(税込)
無料 200円(税込)ごとに1ポイント dアカウントをお持ちの方(誰でも作れる)
au WALLET プリペイドカード Mastercard 無料 無料 0.5%~ au携帯電話、auひかり、auひかり ちゅらを契約の個人の方が利用できます
ポレットカード(Pollet Visa Prepaid) Visa 16歳以上 無料 無料 チャージ額が0.5%増量されてチャージ( 一部、0.5%増量されないものもあります。) ポイントサイトのポイントをチャージできる
Vプリカ Visa 18歳以上 無料(休眠カード維持費未利用期間が3ヶ月を超えた場合毎月25日にVプリカ残高から125円が引落し) 無料 インターネット専用のVisaプリペイドカード
ANA JCB プリペイドカード JCB 15歳以上 利用開始手数料(税別)500円(初回チャージ時) 無料 マイルコース 1,000円(税込)= 5マイル
キャッシュバックコース 200円(税込)= 1円
マイルが貯められるプリペイドカード
mijica(ミヂカ) Visa 12歳以上 無料 無料 2,000円(税込)で1ポイント 1ポイント約5円 還元率約0.25% ゆうちょ銀行のデビットカード(プリペイド機能付き)
マネパカード Mastercard 15歳以上 無料 無料 1% 海外・国内利用でも1%キャッシュバック
GAICA Visa 13歳以上 無料 無料 海外向けプリペイドカード
GAICA (Flex機能付き) Visa 13歳以上 無料 無料 1% 海外向けプリペイドカード
MoneyT Global(マネーティーグローバル) Visa 13歳以上 無料 無料 海外向けプリペイドカード
キャッシュパスポート Mastercard なし 無料 無料 海外向けプリペイドカード
NEO MONEY(ネオ・マネー) Visa 13歳以上 無料 無料 海外向けプリペイドカード

プリペイドカード比較

kyash

kyashリアルカード

・キャッシュバック率2%と高還元率

・年齢制限なし

・チャージ方法が豊富

まずは今注目のプリペイドカードですね。

僕も持っています。

何と言ってもキャッシュバック率が2%ととても高いです。

クレジットカードでも還元率2%はなかなかないですからね。

クレジットカードからkyashにチャージして支払うという流れを作ると還元率がさらに上がってお得になったりします。

バンドルカード

・チャージ方法が豊富で使いやすい

・年齢制限なし

スマートフォンアプリを提供開始してから2年半で累計100万ダウンロードと人気のプリペイドカードです。

まずはスマホで使って、リアルカード発行でも良さそうですね。

年齢制限もなくチャージ方法も豊富なのでとても使い勝手の良いプリペイドカードです。

ソフトバンクカード

・ソフトバンクケータイ利用の方が利用できる

・現金として金融機関におくることができる

・プリペイドバリューと現金バリューの2種類がある

ソフトバンクケータイ利用の方が利用できるプリペイドカードです。

プリペイドバリューと現金バリューの2種類があってチャージできる方法なども変わってきます。

現金バリューなら現金として金融機関におくることもできます。

ポイントも貯まりますし、Tポイント提携店ならTポイントも貯まります。

dプリペイドカード

・ NTTドコモが発行

・dアカウントが必要

・iD加盟店で利用できる

dプリペイドカードNTTドコモが発行するプリペイドカードです。

まずdアカウントが必要ですが、別にドコモユーザーでなくても作れます。

ただ、ドコモの回線契約していない方は発行に640円(税込)(無料キャンペーンあり)かかります。

Mastercard、ID加盟店で利用できるので便利ですね。

au WALLET プリペイドカード

・auが発行

・au携帯電話、auひかり、auひかり ちゅらを契約の個人が利用できる

・オートチャージ可能

auが発行するプリペイドカードです。

貯まったポイントはau料金の割引に使えたりします。

じぶん銀行からならオートチャージできるので便利です。

ポレットカード(Pollet Visa Prepaid)

・ポイントサイトのポイントをチャージできる

・チャージ額が0.5%増量してチャージされる

・カード発行手数料が500円かかる(無料キャンペーンあり)

ハピタスやポイントインカムなど大手のポイントサイトのポイントをチャージして使うことができます。

さらにチャージ額が0.5%増量してチャージされるのでさらにお得です。

あとクレジットカードなどでチャージする場合、セディナ以外のクレジットカードは手数料がかかりますので、もうポイントサイトでポイントが貯まってそのポイントを使いたい方向けのプリペイドカードといっても良いと思います。

Vプリカ

・インターネット専用のVisaプリペイドカード

・休眠カード維持費(未利用期間が3ヶ月を超えた場合Vプリカ残高から125円が引落し)

・ライフカード以外通常価格+200円~かかる

Vプリカはクレジットカードのライフカードが発行しているプリペイドカードです。

これはインターネット専用のVisaプリペイドカードでリアルなカードはありません。

ネットサイトやゲームの課金に利用したりするのがおすすめです。

維持費などかかったりするのですが、使い方によってはとても便利です。

ANA JCB プリペイドカード

・ANAが発行

・マイルを貯めることができる

・初回チャージ時に500円(税別)かかる

・マイルコースとキャッシュバックコースが選べる

ANAのプリペイドカードということでマイルを貯めることができるプリペイドカードです。

マイルを貯めるマイルコースとキャッシュバックコースもあってどちらか選べます。

せっかくANAのプリペイドカードを使うということならマイルを貯めたいですね。

マイルを貯めたいけどクレジットカードを持てないなどという方にも良いかもしれませんね。

利用開始手数料として初回チャージ時に500円(税別)かかります。

mijica(ミヂカ)

・ゆうちょ銀行

・デビットカード(プリペイド機能付き)

・ゆうちょ銀行の口座が必要

・補償・保険が付いていない

まずmijica(ミヂカ)はゆうちょ銀行のデビットカード(プリペイド機能付き)カードになります。

プリペイドカード機能もありながらデビットカード、キャッシュカードの機能もあるカードで便利です。

ゆうちょ銀行ということもあって安心して利用しやすいとは思いますが、2,000円(税込)につき1ポイントで、1ポイント約5円なので還元率約0.25%と低いです。

さらに補償・保険が付いていないので中身としてはあまり良いとは言えませんね。

マネパカード

・海外・国内両方で使えるプリペイドカード

・為替手数料がお得

・国内海外ともにキャッシュバック率1%

・マルチカレンシー:1枚で6つの通貨をチャージできる

為替手数料が安いということで海外で使うプリペイドカードとして人気でしたけど、為替手数料が上がりました。

それでも通貨によってはまだ安いということが言えると思います。

それに国内海外ともにキャッシュバック率が1%となかなか良いので国内でも使いやすくなったと思います。

GAICA

GAICAも海外向けプリペイドカードです。

こちらも海外で使うプリペイドカードとしては定番です。

それよりもバージョンアップのGAICA (Flex機能付き)がおすすめです。

GAICA (Flex機能付き)

・海外向けプリペイドカード

・新生総合口座パワーフレックスが必要

・オートチャージ・定額チャージが可能

・4通貨は外貨普通預金から直接チャージが可能

GAICA (Flex機能付き)は新生総合口座パワーフレックスが必要になります。

口座があればオートチャージ・定額チャージが可能になります。

米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドルの4通貨は外貨普通預金から直接チャージが可能なのでいろいろな国に行かれる方にも便利です。

MoneyT Global(マネーティーグローバル)

・海外向けプリペイドカード

・危険回避情報配信サービス

特別これという特徴はないのですが、危険回避情報配信サービスを配信してくれるので事前に危険な地域を回避することができますね。

自然災害などの情報も届けてくれます。

キャッシュパスポート

・海外専用のトラベルプリペイドカード

・年齢制限なし

・「オリジナルカード」と「スペアカード」の2枚セット

・マルチカレンシー:9種類の通貨が1枚のカードで管理できる

海外専用のトラベルプリペイドカードで年齢制限もありません。

あと普通はプリペイドカード1枚発行が普通なのですが、「オリジナルカード」と「スペアカード」の2枚セットでもらえます。

マルチカレンシーということで9種類の通貨が1枚のカードで管理できます。

いろいろな国に行かれる方には便利かと思います。

NEO MONEY(ネオ・マネー)

・海外向けプリペイドカード

・アジアがお得なレートで両替

海外向けプリペイドカードで「NEO MONEY Visa」と「NEO MONEY 銀聯」の2種類になります。

銀聯ということでアジアに強いというかお得なイメージがあります。

アジアの国々に行かれる方はチェックしてみてください。

特徴別におすすめを紹介

キャッシュバック率で選ぶなら

kyash

還元率2%と他と比べてもとても高いです。

これはクレジットカードと比べても高いですし利用しないてはないですね。

スマホのバーチャルカードもありますし、リアルカードも発行できます。

リアルカードの発行には少し時間がかかるので利用したい方は早めに発行するのが良いと思います。

海外で利用するなら

マネパカード

最近マネパカードは為替手数料が改定されて上がってしまいました。

それでも行く国によってはまだ安い通貨もありますしおすすめの一つでしょうか。

それに国内海外の買い物でキャッシュバック率1%もなかなかなので国内利用でもありですね。

他にもマイルが貯められる「ANA JCB プリペイドカード」

ポイントサイトで貯まったポイントチャージして利用できる「ポレットカード(Pollet Visa Prepaid)」

急遽ちょっと利用したいという方におすすめの「Vプリカ」

などそれぞれ特徴をもったプリペイドカードがあります。

まとめ

こんな感じでいろいろありますね。

海外でクレジットカード使いたくないとかクレジットカードが持てないという学生さんなどにおすすめですね。

あとはそれぞれ特徴が違っていていろいろあるので自分に合ったものを比較して選ぶのが良いのではないでしょうか。

プリペイドカードは発行手数料も年会費も無料のものが多いので2つ以上持っていても特に問題はないかと思います。

加盟店でポイントがお得になるプリペイドカードもあったりするので使い分けるのも良いかもしれませんね。

ということでプリペイドカードを比較してみました。

手数料とか還元率など変わっている可能性もあるので最終確認は公式サイトでお願いします。

特にマネパカードのように海外向けのプリペイドカードは手数料など変更されることも多いかもしれませんので特にチェックが必要だと思います。

コメント