楽天ペイ(rpay)のリアルな登録方法と使い方|お得に使う方法

スマホ・QRコード決済

こんにちは!ようです。

今本当にQRコード決済がどんどん浸透してきていますね。

そんな楽天ペイもスマホで簡単に決済することができます。

なので現金を持っていなくても利用できるので便利です。

どんどん加盟店も増えてきていて利用できる店舗も増えてきていますね。

さらにキャンペーンやうまく利用することでポイントも多くもらえたりしますのでうまく使うことで単純なクレジットカード払いよりもお得になったりします。

僕も楽天ペイを利用したりしています。

さらに楽天カードなどと合わせて使うことで便利になります!

そういったところも含めて楽天ペイについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

楽天ペイとは

楽天ペイはアプリ一つでバーコードを見せたりQR読み取ったりなどで支払いが完了してしまうので現金やクレジットカードも不要でなQRコード決済サービスです。

さらにポイントもたまるということでお得です。

キャンペーンなども行っていてそれを利用することでさらにお得になります。

 まず楽天ペイのメリットをまとめたいと思います。

楽天ペイのメリット

・ポイントがたまりやすい

・楽天スーパーポイントも使える

・期間限定ポイントも使える

・その他の楽天市場などを利用するときのポイントも上がる

・大手の安心感

・バーコード・QR読み取り、直接金額を入力するセルフペイの支払い方法がある

利用者も多いですし、楽天サービスと紐づけされているところも多いので利用しやすいというのもありますね。

楽天スーパーポイントが使えるというのも楽天だからというところもありますね。

楽天で良く買い物していてポイントだけたまっているという方にもおすすめですね。

ただ、メリットばかりではありません。

チェックしておかなければいけないところもいくつかありますので紹介したいと思います。

楽天ペイのデメリット

・どこのお店でも使えるわけではない

・登録できるクレジットカードはVisa・MastercardでJCBは楽天カードのみ(Visa・Mastercardでも不可能なクレジットもある)

・ローソン・ファミリーマート・ミニストップなどはコード表示の支払い金額の上限は1回あたり4,000円

加盟店に関しては下で紹介させていただきたいと思いますが、JCBは楽天カードのみということもチェックですね。

他のクレジットカードでJCBのものを持っていた方が利用できないということですね。

やっぱり世界的にブランド力のあるVisaかMastercardですね。

あとローソンやファミマなどのコンビニの支払いの上限は1回あたり4,000円と低く設定されています。

まあコンビニで4000円以上購入することってあんまりないですけどね。

では楽天ペイはどういった加盟店があるのか気になると思いますので使えるお店を紹介したいと思います。

楽天ペイが使えるお店・加盟店

やっぱり一番は楽天ペイがどこで使えるのかというところは気になります。

近くで使えるお店がなかったら利用する意味がないですからね。

では使えるお店は?というところで紹介したいと思うのですが、みなさんが特によく使うであろうお店や大手の加盟店をまとめて紹介したいと思います。

楽天ペイが使える主なお店・加盟店

■コンビニ
ローソン
ファミリーマート
ミニストップ
ポプラ

■飲食店
白木屋
魚民
笑笑
山内農場
千年の宴
和民
ピザーラ
松屋

■ファッション
AOK
はるやま
Right-on
Step

■その他
ビッグエコー
メガネスーパー
アート引越センター

日常的に頻繁に使うところで言うとローソンやファミマ、松屋などが使えますね。

使えるお店の検索は楽天ペイ内でも可能ですし、公式サイトでも検索できます。

楽天ペイの公式サイトで検索するならこちらです。

他のQRコード決済サービスの主な加盟店はこちらで紹介しています。

スマホ・QRコード決済サービスの使える主なお店・加盟店まとめとお得な使い方
有名な〇〇Pay(QRコード決済サービス)の主な使えるお店のを紹介したいと思います。さらにお得な使い方も紹介しています。

楽天ペイが使えない主なお店

セブンイレブン
マクドナルド
ビックカメラ
ヤマダ電機

コンビニはいろいろ使えるのですがセブンイレブンはまだこの記事を書いている時点では対応していないようです。

セブンイレブンはセブンアイホールディングスグループで「nanaco」があるし、7PAYも始まりますからなかなか提携はないかもしれませんね。

マクドナルドも使えませんが、「楽天Edy」なら使えます。

あと大手の家電量販でビックカメラやヤマダ電機も今のところ使えないようです。

家電量販店ならPayPayLINE Payがいいですかね。

楽天ペイ・楽天カード・楽天Edyの違いとどれがいいのか

ここで楽天もいろいろなサービスを提供しています。

楽天ペイ・楽天カード・楽天Edy・・・

そもそも何が違うの?って話ですね。

楽天カード

楽天カードはそのまま使えます。

ただ、クレジットカード会社から後から請求がきて支払います。

後払いですね。

還元率1%

楽天Edy

楽天Edyはクレジットカードなどから一度チャージしてから使います。

なので前払いですね。

お金の管理もしやすいですね。

還元率1%(Edyへのチャージ0.5%+Edyでの支払い0.5%) 還元率の高いクレジットカードからだと還元率1.0%以上可能

楽天ペイ

コード決済でクレジットカードを登録することでコードを表示することでスマホで簡単に決済できます。

また楽天スーパーポイントを使用することもできます。

還元率1.5%~2.5%以上の可能

還元率で言うなら楽天ペイか

少額のものを簡単に購入するなら楽天Edyか楽天ペイかなと思います。

あと前払いがいいというならチャージして使う楽天Edyもいいですね。

楽天Edyの場合還元率の高いクレジットカードからのチャージだと1,5%以上の還元率も可能です。

簡単で便利なのは楽天ペイかなと個人的には思っています。

やっぱり還元率ですよね。

利用方法でポイントの付き方も違いますからね。

やっぱり楽天ペイの魅力の一つに還元率が高いということがあります。

楽天カードから楽天ペイへのチャージで1%還元、お支払いカードを楽天カードにしているだけで楽天ペイで支払いすると1.5%還元されます。

なので合わせて2.5%還元されます。

楽天ペイポイント還元

引用:楽天ペイ

kyash利用で還元率をアップさせる

kyashリアルカード

さらにkyashを利用することで還元率を3.5%まで引き上げることができます。

からくりは

楽天カードなど還元率1%のクレジットカードでkyashにチャージ

kyashを楽天ペイに登録して支払いにして支払うと2%還元(いろいろ変更されていく可能性もあるので注意)

楽天ペイで購入すると0.5%還元

1%+2%+0.5%=3.5%還元

ということになります。

kyashはプリペイドカードでkyashを利用すること還元率が2.0%と高いので挟むことでお得になるわけです。

ただ、いろいろ変更されていく可能性もあるので注意してください。

今とても人気になっていて申し込みが殺到しているので興味のある方はチェックしてみてください。

リアルカードは僕も発行して到着まで一ヵ月以上かかりました

楽天カードを持っていないという方は少ないかもしれませんが持っていない方は年会費等無料ですし、楽天市場での利用など初心者向けのクレジットカードだと思いますので作っておくのも良いと思います。

楽天ペイの登録方法

では実際の楽天ペイの使い方を紹介したいと思います。

実際僕が利用した流れをそのまま紹介したいと思います。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

僕はスマホなのでアップルストアからインストールします。

そしてインストールが終了したら楽天ペイのアイコンをクリック

楽天ペイアプリダウンロード

楽天ペイアプリアイコン

そのあとは使い方の流れの説明があります。

楽天ペイアプリ設定説明

楽天ペイアプリ設定説明

楽天ペイアプリ設定説明

楽天ペイアプリ設定説明

楽天ペイアプリ設定説明

楽天ログイン画面

僕の場合は楽天会員なのでユーザーIDとパスを入力してログインします。

楽天次へ

楽天ペイアプリ利用規約

楽天ペイアプリ電話番号

そして電話番号に届いた数字を入力して、その後はクレジットカードを決めて完了です。

楽天ペイアプリ認証番号

楽天ペイの使い方

次は楽天ペイの使い方ですが「コード表示」「QR読み取り」「セルフ」と3種類あります。

コード表示

楽天ペイアプリコード表示

QR読み取り

楽天ペイアプリQR読み取り

セルフ

楽天ペイアプリセルフ

引用:楽天ペイ

楽天ポイント・楽天キャッシュで支払う方法

楽天ペイの特徴が楽天ポイント・楽天キャッシュで支払うこともできます。

楽天ペイを楽天ポイント・楽天キャッシュで支払う方法

引用:楽天ペイ

楽天ペイキャンペーン

あと初めて使う方はキャンペーンもあったりするのでチェックしてみてください。

たとえばこんな感じです。

楽天ペイキャンペーン

ちょっと条件はありますけど、楽天ヘビーユーザーならこれくらいの金額は利用しますね。

ただ、あんまり大きなキャンペーンをやっているイメージはないのでキャンペーン狙いならPayPayとかLINEPayなんかがいいかもしれません。

これもいろいろを見てみると良いと思います。

楽天ペイをお得に利用する方法

上でも紹介した通りお得に利用するなら還元率を上げることですね。

楽天ペイなら楽天カードがおすすめですが、間に「kyash」というカードを挟むことでさらにポイント還元率を上げることができるということなんです。

kyashはかなりいろいろなところで使えるのでポイント還元やマイラーには使っておきたいところですね。

kyashのリアルな登録方法と使い方・メリット・デメリットも紹介|還元率3%以上が可能に
kyashというプリペイドカードがあるのですが、還元率3%以上にすることもでいるお得なカードです。そのkyashにリアルに登録した方法、使い方、メリット・デメリットなどを紹介。

まとめ

PayPayが大々的なキャンペーンを打ち出して顧客獲得に走っていますし、楽天ペイも負けじといろいろなキャンペーンを打ち出しています。

当然僕もそれにのっかって最大限に利用しています。

松屋のキャンペーンがあったので早速使ってみました。

松屋にく玉丼

松屋支払い

松屋領収書

松屋の購入方法は食べたいメニューを選んで画面の右下にあるバーコード決済をクリック、そして、バーコードをかざして決済完了です。

 

ここで楽天Payを利用してみようかなと考えている方も多いと思います。

おそらく楽天でショッピングをされる方も多いと思いますし、楽天カードをお持ちの方も多いと思います。

楽天のサービスはとても身近ですし、楽天PayのようなQRコード決済サービスは他にもいろいろありますが、その中でもあまり抵抗はないのではないでしょうか。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

ポイント還元率も良いですし、楽天ユーザーの方は簡単ですので取り入れても良いのかなと思います。

まあその他のQRコード決済サービスも見てみると良いと思います。


コメント