楽天カードに付帯した楽天Edyのリアルなチャージ方法|店頭(ファミポート)でのやり方

楽天Edy

こんにちは!ようです!

楽天Edyは提携店が多くていろいろなお店で使えて便利です。

実際多くの方が使っています。

ですが使いたいけどまだ使ったことがないしチャージ方法がわからないという方も多いと思います。

そこで今回楽天カードに付帯した楽天Edyのチャージ方法をリアルに紹介したいと思います。

スポンサーリンク

楽天カードに付帯した楽天Edyのチャージ方法

まずは楽天Edyのページに行きます。

そこに楽天Edyのいろいろなチャージ方法が書かれています。

その中から自分の楽天Edyのカードとチャージ方法を選択していきます。

僕の場合は楽天Edy機能付き楽天カードなのでそこをクリックします。

そうするとこういったチャージする方法が出てきます。

自分がチャージしたい方法を選びます。

僕は今回楽天カードでチャージする方法でやるのでクレジットカードでチャージするを選びます。

そうすると楽天e-NAVIのページに飛びます。

そしたらこういった画面がでてきてチャージ方法を説明してくれています。

少しスクロールするとEdyチャージ画面が出てくると思います。

「Edy番号を表示する」を押すとあなたのEdy番号が表示されているのでチャージするものを選択します。

そしてチャージ金額を記入してセキュリティコードを入れて確認画面へいきます。

問題なければ「申し込み」をクリックします。

これで申し込みは完了です。

次は楽天Edyの受け取りです。

店頭やパソコン/スマートフォンでも受け取りできますが、簡単にということならパソコン/スマートフォンですね。

ただ、ここでパソコンで楽天Edyを利用するには、「楽天Edyリーダー」か「FeliCaポート/パソリ」が必要です。

別途必要になります。

androidの方はGoogle Payで可能かと思います。

ここで僕はiphoneなのでiphoneアプリと非接触ICカードリーダーが別途必要になります。

androidの方はいいのですが、iphoneはちょっと面倒です><

ということで僕は店頭でチャージします。

どちらにしろコンビニには途中よるのでちょっと手間ですが店頭でチャージします。

あとセブン銀行などでも可能です。

僕はファミリーマートに行ってチャージします。

ファミリーマートにあるファミポートでR Edyを押します。

次にEdyを受け取るをクリックします。

次は楽天カードに付帯している楽天Edyを画面の下にある読み取りのところにカードをかざします。

ある程度かざしておかないとなかなかうまく読み取ってくれなかったりするので止まったまま長めにかざしておくのが良いと思います。

そして、画面に最初に設定した金額ができると思います。

ちょっと画面が切れているんですけど左側に「選択」のボタンがあります。

こちらです!

これ別の日にチャージしたものなので金額が違いますけど流れは一緒です。

選択をクリックします。

そして問題なければ「OK」を押します。

そしてもう一度カードを下の読み取りのところにEdyをかざして読み取れれば完了です。

ちゃんとチャージ出来たら音がしますのでそれで完了です。

一応ファミポートでちゃんとチャージできたか残高チェックしておいてもいいですね。

あとはEdyが使えるお店で「Edy」でと伝えてお支払い完了です。

初めてチャージするときはちょっとわからなかったりするかもしれませんけど、一度やってしまえば後は簡単ですからね。