セブン銀行デビット付きキャッシュカードのメリットとデメリット|お得な使い方

セブン銀行デビット付きキャッシュカード

こんにちは!ようです!

前回はイオン銀行のデビットカードを紹介しましたけど、いろいろデビットカードをみていると、やっぱり自分がよく利用するお店やサービスに関係している銀行+デビットカードを利用するのが一番だなってことをほんとに思います。

イオンだったらイオンやマックスバリュー、ダイエーなんかがありますからそれらを利用するならイオン銀行のデビットカードがポイントなどを考えてもいいですね。

ただ、三井住友銀行が発行するSMBCデビットならキャンペーンなどもよくあるのでそのタイミングで利用するのもいいと思いますし、最近新しくできたネットバンクのGMOあおぞらネット銀行Visaデビットカードならポイントも魅力的ですし、今後のサービスが期待できるので利用するのも良いと思います。

まあ基本はその銀行や関係しているサービスを利用するのかがポイントかなとは思います。

そして、今回紹介するのが「セブン銀行デビット付きキャッシュカード」です。

セブン銀行と言えばセブン&アイホールディングスということで様々なサービスを展開していますね。

セブン&アイホールディングスはデビットカード以外にもポイントカードのnanacoやクレジットカードなども多く発行しています。

そして、グループ店舗で言うと

セブン‐イレブン

イトーヨーカ堂

そごう・西武

ロフト

ヨークマート

など

様々な店舗ブランドを展開しています。

当然そういったお店を利用する際、セブン&アイホールディングスグループの発行するセブン銀行デビット付きキャッシュカードを利用すればお得になります。

というところでセブン銀行デビット付きキャッシュカードについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

セブン銀行デビット付きキャッシュカード基本情報

セブン銀行デビット付きキャッシュカード
カードのブランド JCB
カードの種類 デビット付きキャッシュカード(nanaco一体型)
デビット付きキャッシュカード(nanaco紐付型)
カードのデザイン 3種類
カード機能 キャッシュカード・デビットカード・電子マネーnanaco機能
※nanaco一体型の場合
発行手数料 無料
年会費 無料
ポイント 0.5~1.5%のnanacoポイントが貯まる
入会審査 なし
年齢 満16歳以上
利用限度額 1ヶ月最大200万円
不正利用被害の補償 デビット付きキャッシュカードの紛失・盗難によるデビットサービスの不正利用被害を被った場合、1事故あたり500万円を上限として補償します。
届出を受けた日の60日前以降の利用が対象

まずチェックするポイントとしてはデビット付きキャッシュカードには「nanaco一体型」と「nanaco紐付型」の2種類があります。

nanaco一体型なら電子マネーnanaco機能が使える

nanaco一体型の場合、カードに入っているので、1枚でキャッシュカード・デビットカード・電子マネーnanaco機能が使えるので便利ですね。

すでにnanacoカードを持っているという方はnanaco紐付型でも良いですね。

もし一枚にしたいのであれば、現時点では統合はできないので今あるポイントを使い切ってどれかメインの一つにするという方法になるかと思います。

あとはポイントも0.5~1.5%のnanacoポイントが貯まるということで後で詳しく紹介したいと思います。

セブン銀行デビット付きキャッシュカードの使い方

まずカードのブランドがJCBなのでJCBの加盟店で使うことができます。

JCBの加盟店なら海外でも使うことができます。

当然、セブン&アイグループのセブン‐イレブン、イトーヨーカ堂、そごう・西武、ロフト、ヨークマートなどでも利用できます。

海外で使うならVizaのほうが使いやすいですけど、ハワイとか一部の地域ならJCBですね。

セブン銀行デビット付きキャッシュカードのデメリット

これといったデメリットというのは特にありませんね。

ただ、セブン&アイホールディングスにはクレジットカードなどもあります。

それと比べるとするなら利用するお店によってはポイント的に得する場合もあれば損する場合もあります。

ポイントについてはメリットのところで書きますが、

還元率が良いものならクレジットカードのセブンカード・プラスがおすすめ

セブンイレブンでデビットカードを使えば1.5%なので良いのですが、イトーヨーカドー、ヨークマートでは0.5%なのでセブン&アイホールディングスが発行するクレジットカードのセブンカード・プラスは1.5%なのでこちらがお得になります。

もしクレジットカードも選択肢に入っているのであればnanacoなども付けられるセブンカード・プラスが良いと思います。

クレジットカードは嫌という方や学生さんはデビットカードでもいいですね。

セブン銀行デビット付きキャッシュカードのメリット

セブンイレブンの利用でポイント還元率が高い

やはり一番はポイント還元率が高いことです。

通常0.5%というのは平均的ですが、セブンイレブンなどを利用することで1.5%になります。

他のデビットカードと比べるても高い数字ですね。

nanacoポイントが貯まるわけですけど、いろいろなところで利用できるので便利かと思います。

ただ、これもセブン&アイホールディングスの対象店舗で利用した場合ということになるのでそこもしっかり頭に入れておくことが大切です。

不正利用被害の補償が手厚い

デビット付きキャッシュカードの紛失・盗難によるデビットサービスの不正利用被害を被った場合、1事故あたり500万円を上限として補償します。
届出を受けた日の60日前以降の利用が対象

これは他のデビットカードと比べても手厚いと思います。

キャッシュカード・デビットカード・電子マネーnanaco機能が一枚で便利

セブン銀行デビット付きキャッシュカードならキャッシュカード・デビットカードに加えて電子マネーのnanaco機能まで1枚に搭載しているのでとても便利です。

これならいろいろカードを出さなくてもいいですし便利ですね。

 まとめ

キャッシュカード、デビットカード、nanaco機能がついているのがいいですね。

nanacoが使えるお店も多いので便利かと思います。

もうこれ一枚にまとめてしまうのもいいですね。

セブンイレブンでよくお買い物をするという方も1.5%のポイントなのでいいですね。

そごう・西武などは1.0%なのでいいんですけど、イトーヨーカドーやヨークマートは0.5%でお得にはならないので注意してください。

補償もしっかりしていていいですね。

クレジットカードが作れない学生さんでセブンイレブンを利用する方や一つにまとめたい方にいいかもしれませんね。

他にもデビットカードはいろいろあるので気になる方はこちらもチェックしてみてください。

クレジットカードが作れる方や問題ない方ならクレジットカードでも問題ないという方はセブンカード・プラスがおすすめです。

コメント