公共料金をスマホ(QRコードなど)で支払いする方法|おすすめのアプリなどを紹介

公共料金

こんにちは!ようです!

今どんどんキャッシュレス化が進んでいますけど、今はスマホ一つでなんでも決済が完了してしまうという時代になってきました。

さらに言えばファミリーマートなんかは顔認証決済などを導入したお店をオープンさせたりしています。

手ぶらでお買い物という時代も来るかもしれません。

ファミリーマート 顔認証決済を導入した店舗を横浜にオープン - ライブドアニュース
ファミリーマートはパナソニックと協業し、顔認証決済などを導入した次世代コンビニ「佐江戸店」を横浜市都筑区に本日(4月2日)オープンしました。同店舗では、ディープラーニングを活用した顔認証決済システム、お

ただ、それが一般的になるのはまだまだ何年も先のことです。

その前にスマホ一つでなんでも完了してしまうという時代が今やってきています。

公共料金までもスマホで支払えるようになってきています。

ということでここではスマホで公共料金の支払いする方法について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スマホで公共料金の支払いする方法

公共料金の支払いを自動引き落としとか、クレジット決済にしている方も多いと思いますけど、公共料金の請求書が届いて直接銀行やコンビニで支払うという方もまだまだ多いと思います。

もしかしたら残高が足りなくて通知書が届いてすぐに支払わなければいけないという方もいるかもしれません。

でもコンビニに行く時間もない!

とかっていう時にスマホで決済完了出来たらとても便利ですよね。

そこでスマホで公共料金を支払えるいくつかの方法を紹介したいと思います。

PayB(ペイビー)

まず初めに紹介したいのが【PayB(ペイビー)】です。

PayB(ペイビー)はスマホ決済アプリです。

PayB

PayB

ビリングシステム株式会社無料posted withアプリーチ

支払い方法などを設定したあと、払込票のバーコードをスマホのカメラで 読み込むだけで公共料金なども簡単に支払いが完了してしまいます。

ただ、、なんでも支払えるということではないですし提携銀行もまだ多くないのでこれからですが、今どんどん提携銀行が増えていますし、公共料金で支払えるものも増えてくるのではないでしょうか。

LINE Pay

LINE PayはQRコード決済サービスでいろいろな提携しているお店でスマホ一つで簡単にお買い物ができてしまいますね。

そして、公共料金の支払いにも対応しています。

ただ、まだまだ支払える公共料金は少ないですが今後どんどん増えてくると思います。

さらに嬉しいのがキャンペーンなどで〇〇%還元などもやっているのですが、たまに公共料金の支払いまで還元の対象だったりするんです。

たとえば3月15日(金)~ 2019年3月31日(日)の「春の超Payトク祭!毎回20%還元+もらえるくじのWキャンペーン」です。

請求書支払いも対象だったりするんです。

これってとてもお得だと思いませんか。

これも公共料金の種類や都道府県、市区町村などでも変わってくるのでチェックされると良いと思います。

大阪市や神奈川県などは対応が早いですね。

Yahoo!公金支払い

あとはYahoo!の公金支払いです。

Yahoo! JAPANアプリをダウンロードしてアプリから利用できます。

Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

Yahoo Japan Corp.無料posted withアプリーチ

アプリのツールをクリックしてスクロールしていくと「公金支払い」というところがあります。

そこから支払いが可能になっています。

いろいろな公共料金に対応していますが、これも都道府県、市区町村などで支払えるものが違ってくるのでチェックが必要です。

あと嬉しいのがふるさと納税などには期間固定Tポイントも使えるということです。

yahooをよく利用される方で期間固定Tポイントが貯まっていて使っていない方は使ってみるのも良いかと思います。

Pay-easy(ペイジー)

Pay-easy(ペイジー)は税金や公共料金などをパソコンやスマートフォン・携帯電話、ATMから支払いできるサービスです。

銀行の窓口やコンビニのレジに並ぶことなく支払うことができます。

国民年金なども支払えるので嬉しい方は多いと思います。

まずはPay-easy(ペイジー)の公式サイトへ行ってペイジーが使える金融機関をチェックします。

そこから公式サイトへリンクされているのでそれぞれの金融機関などでPay-easy(ペイジー)で支払う方法が説明されているのでその流れに沿って支払うだけです。

領収証などの発行はないなどの注意事項も書かれていると思いますのでしっかり確認してください。

まとめ

これらをいろいろ見ていくとわかるのですが、都道府県、市区町村によって対応しているしていないもありますし、支払える公共料金、支払えない公共料金いろいろあります。

自分の住んでいる市区町村が対応していれば良いですがなければ意味がありませんね。

もし対応しているならとてもお得になるチャンスです。

LINE Payなら過去に〇〇%還元キャンペーンで請求書支払いもキャンペーンの対象でしたからね。

実質の割引ですよ!

こういったこともあるのでうまく使うと便利はもちろんですがお得になる可能性だってあるということですね。

今後は公共料金もスマホで支払うのが当たり前という時代になってくると思いますので、そうなったらさらに便利になりますね。