ゆうちょPayのメリット・デメリット|使えるお店もチェック

ゆうちょPay

こんにちは!「よう」です!

2019年5月8日にゆうちょPayがスタートして、

早速、前の記事で

を紹介しました。

僕も早速登録していろいろ触ってみたので紹介したいと思います。

ちなみに登録完了してトップは右のこんな画面になりますね。

まあまだ現時点ではほんとうにシンプルです。

ということでいろいろ触ってみて、ここではゆうちょPayのメリット・デメリット|使えるお店などもチェックして紹介していきたいと思います。

やっぱり一番は現時点で「本当に使い物になるのか?」というところだと思いますのでそういったところもみていきたいと思います。

ではいきましょう!

スポンサーリンク

ゆうちょPayのメリット

払込取扱票(請求書)の支払いができる

ゆうちょPayが利用できる払込取扱票(請求書)を取扱う企業等ならゆうちょPayで支払いができます。

現時点では取り扱っている企業はほとんどありませんが、公共料金などの支払いも簡単にできるのでいいですね。

取り扱い企業が増えるのを待つばかりです。

・決済手数料(108円/件)がかかる場合があります。
・決済手数料には、消費税(地方消費税含む)が含まれます。
・ゆうちょPayでの支払い後に、誤って店頭等で二重に支払いされた場合、ゆうちょPayでは返金できない。

銀行Payマークのあるすべてのお店でも利用できる

銀行Payとは、銀行口座と連動したスマホ決済サービスで、横浜銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、沖縄銀行、北海道銀行、りそなグループなどの間で、お店の相互利用が可能です。

今後はさらに利用できるお店も増えてくるでしょうし、どんどん利用できる幅が広がってくると思います。

https://www.gmo-pg.com/service/ginkopay/

キャッシュアウト

駅券売機からの貯金の引き出しができるサービスです。

東急鉄道の東横線、目黒線、田園都市線、大井町線、池上線、東急多摩川線で利用可能ということですが今後さらに拡大していく可能性があります。

1回あたり利用手数料108円
利用可能時間5:30~23:00
いろいろな駅券売機で引き出すことができれば便利と言えば便利ですけどね。

ゆうちょPayのデメリット

現時点でゆうちょPayを使えるお店が少ない

あとでゆうちょPayが利用できる店舗を紹介したいと思いますが、現時点ではまだまだ少ないです。

まあまだ開始したばかりなので仕方ないですけど、現時点では使える少しです。

今後に期待というところですね。

ゆうちょPayアプリから使えるお店が検索できない

ゆうちょPayアプリの機能はとてもシンプルです。

機械が苦手とかお年寄りなどには逆にわかりやすくいいのかもしれませんけど、ゆうちょPayアプリから使えるお店の検索ができないのは不便ですね。

今後バージョンアップしていくんでしょうけど、今は公式サイトで使えるお店をチェックしてという感じになります。

クレジットカードや他の銀行口座などからの支払いには対応していない

ゆうちょPayアプリは現時点ではゆうちょ銀行口座からの支払いにしか対応していません。

他の大手のスマホ・QRコード決済サービスはクレジットカードやいろいろな銀行口座などから利用できますがゆうちょPayはゆうちょ銀行のみです。

今後についてはなんとも言えないですね。

他の銀行口座の利用は可能になるかもしれませんけどクレジットカードはどうなんでしょうかね。

ポイントシステムや特典がない

他のスマホ・QRコード決済サービスは独自のポイントシステムがあって、利用金額に応じて〇%のポイント還元などの特典があります。

ですけどゆうちょPayにはそういったポイントシステムがないようです。

調べましたけど僕はポイントとかキャッシュバックなどの情報は見つけられませんでした。

今後についてはどうでしょうかね。

何らかのお得なサービスを提供するかもしれませんけど、そこはあまり期待しないようにします。

ゆうちょPayの使えるお店

では使えるお店を紹介したいと思います。

【2019年5月8日現在】

ドラックストア

ドラッグイン キムラヤ
ウェルシア
ハックドラッグ
ダックス
ハッピードラッグ
B.B.ON
マルエドラッグ

家電量販店

ヤマダ電機
マツヤデンキ
ツクモ
ベスト電器
エディオン
100満ボルト
ケーズデンキ

その他

芝田タオル
Tokyu Snow Resort

などとなっています。

今後は

松屋
東急ハンズ
和民
ミニストップ
ジョーシン
などいろいろなお店が利用可能になる予定です。

現時点ではまだまだ少ないですね!

まとめ

まず現時点で便利かというとまだまだですね。

アプリもそうですし、利用できる店舗やサービスもまだまだです。

これからアプリもアップデートされて良くなるでしょうし、店舗も増えてくると思います。

あと気になる点としてポイントシステムなどお得なサービスが導入されるのか、クレジットカードや他の銀行口座も利用できるようになるのかというところが気になるポイントでしょうか。

まとめると

今後に期待するポイント

アプリの使いやすさ・便利さ
利用できる店舗・サービスの多さ
ポイントシステムなどお得なサービスの導入(無理かな)
クレジットカードや他の銀行口座の利用(無理かな)

僕的にはこんな感じでしょうか。

こうなると便利でお得で積極的に利用したいですかね。

ただ、そうでなくても公共料金などは今後かなり支払いができるようになると個人的には思っているので公共料金の支払いに関してはもしかしたらいいかもしれません。

ただ、LINE Payなども結構公共料金が支払えるようになってきているのでポイントとかを考えるとLINE Payの方がお得かもしれませんけど。

何にしても今度どんな感じで変わっていくのか見ていきたいですね。

とりあえず登録を考えている方はこちらもチェックしてもらえればと思います。

ゆうちょPay デビューキャンペーンなどもやっていたりするので登録しておいてもいいかもですね。

ということで「ゆうちょPayのメリット・デメリット|使えるお店もチェック」でした。