エディオンの支払い方法|クレジットカード・電子マネー・スマホ決済などは可能なのか

家電量販店
JCBカードリニューアル記念キャンペーン
【入会期間】2021年12月8日(水)~2022年1月31日(月)
◇Amazon.co.jpを利用すると最大35,000円キャッシュバック◇
◇抽選で JCBギフトカード5万円分×1,000名様にプレゼント!◇

Amazonでお買い物などされる方はチェックですね!
JCB入会キャンペーン実施中!

現在様々なお店でクレジットカード・電子マネー・スマホ決済などはいろいろな支払い方法が可能になっています。

ではエディオンではどういった支払い方法が可能なのか紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

エディオンで利用できる支払い方法

店舗によって利用できない支払い方法もあるので注意してください

クレジットカード

独自クレジットカード エディオンカード
VISA
Master
JCB
AMEX(アメックス)
Diners

電子マネー

楽天Edy
iD
nanaco
WAON
QUICPay

交通系電子マネー

SUGOCA
Suica
PASMO
kitaca
toica
ICOCA
manaca
nimoca
はやかけん

QRコード決済

PayPay
d払い
LINE Pay
楽天ペイ
au PAY
メルペイ

ポイント

Tポイント
dポイント

その他

商品券・ギフト券など

※利用できる支払い方法が変更されている可能性もあるので店舗や公式サイトで確認お願いいたします。

※店舗によっては利用できない支払い方法がある可能性もあります。

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済など様々な支払い方法が可能です。

エディオン独自のクレジットカードもあります。

エディオンでお得な支払い方法は

まずエディオンではクレジットカード・電子マネー・スマホ決済などいろいろな決済方法が可能です。

その中でおすすめは

・エディオンカード
・還元率の高いクレジットカード
・スマホ決済の還元キャンペーンのタイミング

この3つかなと思います。

私もエディオンで電化製品を購入したときにエディオンカードを作って支払いました。

エディオンカード

エディオンカード会員なら5,000円(税別)以上の指定商品購入で5年間・10年間の長期修理保証が付きます。

ここでもしエディオンカードを途中で解約すると保証もなくなるので注意してください。

なので10年保証としてエディオンでその後何も購入しないということなら年会費980円(税別)なので10年保証で実質9000円ほどという感じになるかなと思います。

またエディオンで15万円以上購入するなら次の年年会費はかからないというのもポイントです。

エディオンポイントも付きますし高額の電化製品を購入する場合はアリかと思います。

還元率の高いクレジットカード

クレジットカードによって還元率1%以上のものから0.5%以下のクレジットカードもありますが、当然還元率が高い方がお得です。

そこでおすすめなクレジットカードを紹介したいと思います。

楽天カード

知名度実績のあるおそらく持っている方も多いと思います。

楽天市場や楽天のサービスを利用される方は必須と言って良いと思います。

カードは無料で作れますし、通常の還元率も1.0%で楽天サービスをいろいろ利用されている方は優遇されたりもしますので持っていない方は持っておいても損はないかと思います。

お得な入会キャンペーンもやっていたりするのでチェックしてみてください。

スマホ決済の還元キャンペーンのタイミング

現在でもタイミング次第では還元率が高くなるキャンペーンを定期的に行っていたりします。

ただ、タイミングが大事です。

PayPayは還元率が良くなるキャンペーンをやっていることが良くあります。

他にもd払いも結構お得になることがあります。

鎌倉パスタを利用するのであればd払いチェックです。

エディオンで割引やクーポンなどでお得になる方法

エディオンでお買い物するのであれば割引やクーポン、支払い方法などを駆使することでかなりお得になります。

少額ならエディオンアプリを利用したり、一度購入すると次回使える割引券などがもらえたりします。

ただ、高額の家電を購入ということならここは交渉ということになりますけどね。

まとめ

エディオンで利用できる支払い方法はクレジットカード・電子マネー・スマホ決済などいろいろあります。

高額の電化製品を購入するならエディオンカードがまず選択肢になってきます。

少額なら還元率が良いQRコード決済というのもアリかと思います。

あとdポイントやTポイントもたまるので提示すると良いと思います。

ということでエディオンの支払い方法|クレジットカード・電子マネー・スマホ決済などは可能なのかについてでした。