モバイルTカード(モバT)のリアルな登録方法と使い方|メリット・デメリットは

Tカード(Tポイント)

こんにちは!ようです!

今僕はどんどんyahoo、ソフトバンクヘビーユーザーと化してきているんですけど、ヤフーカードを利用したり、ソフトバンクの回線を使っていたりするのでTポイントも貯まってきました(期間限定ポイントが多いですが)。

そして、前回、Tポイント・Tカードの種類と登録発行方法|おすすめのTカードはこれ!ということで紹介しましたけど、

もしかしたら一番便利なのはモバイルTカード(モバT)かもしれません。

スマホからコードを見せるだけなのでポイントカードも必要ないですし便利ですからね。

ということで、実際にモバイルTカード(モバT)にリアルに登録して利用してみましたので登録方法から紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

モバイルTカード(モバT)とは

モバイルTカード(モバT)

モバイルTカード(モバT)とは買い物のときにいつもはTカードを出していたものをスマホのモバTアプリ内にあるコードを提示することでTポイントを貯めたり、使うことができます。

Tカードがスマホの中に入ったと思ってもらったらよいと思います。

これなら「Tカードを忘れた!」とかっていったことがなくなりますね。

スマホはなかなか忘れないでしょうからね。

それにヤフーカードに付帯しているTポイントをレジで見せるのが嫌!っていう方でもヤフーカードのTポイントをモバイルTカード(モバT)に登録しておけばスマホを見せればいいですからね。

たとえばヤフーカードに付帯しているTポイントはこれですね。

Tポイントが欲しいだけなのにクレジットカードを提示しないといけないわけですけど、それは嫌っていう気持ちもあったりしますよね。

そんなときにもいいですね。

ただ、言っておくこととしてまだまだ対応店舗が少ないということです。
使えるお店が少ないです!
下でも使えるお店を紹介していますのでチェックしてみてください。

あとはアプリ内ではゲームなどがいろいろあってポイントを貯めることができます。

ゲームに関しては後から紹介したいと思いますけど、かなり充実しているのでちょっと暇なときにでもやってみると良いと思います。

では実際にモバイルTカード(モバT)に登録してみましたので僕の登録のやり方そのまま紹介したいと思います。

モバイルTカード(モバT)の登録方法

まずはアプリをダウンロードします。

Tポイント(公式)

Tポイント(公式)

Culture Convenience Club Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

モバイルTカード(モバT)ダウンロード

モバイルTカード(モバT)アプリアイコン

ダウンロードしたらアイコンをクリックして登録していきます。

モバイルTカード(モバT)登録

モバイルTカード(モバT)登録

モバイルTカード(モバT)登録

進めていきます。

そして利用規約が問題なければ同意します。

ログインにはYahoo!JAPAN IDが必要

ログインにはYahoo!JAPAN IDが必要になります。

ない方はYahoo!JAPAN IDを作ってください。

T-POINTとYahoo!JAPAN ID

Yahoo!JAPANログイン

これで完了です。

モバイルTカード(モバT)の使い方

使い方としてはまず一番にお店にTポイントを貯めるためのバーコードを見せないといけません。

そのバーコードの表示はトップ画面の右下にあるモバTというところをクリックして表示させます。

モバイルTカード(モバT)

そして、はじめに本人確認のためTカード番号が必要になります。

登録したいTカードの番号を入力ます。

Tカード登録

設定はこんな感じでしょうか。

そしたらバーコードが表示されると思います。

これでお店でTポイントを提示するときはモバイルTカード(モバT)を提示すればいいです。

あとはゲームなどでポイントを貯めたりくじを引いたりいろいろなゲームがあります。

それでポイントが貯められますが、いろいろ触っているといちいちYahoo!JAPAN IDにログインを聞いてくるのが面倒ですけどね。

Tマネーでお支払いも可能

モバイルTカードでTマネー決済も可能になっています。

使えるようにするためにはTマネー暗証番号を設定して承認する必要があります。

そのためにはYahoo!IDを紐付けする必要があります。

TマネーとはTマネーはTカードにチャージして利用できる電子マネーです。お店のレジ、または Tサイト[Tポイント/Tカード](WEB)でチャージできます。

モバイルTカード(モバT)の使い方のメリット

では僕はいいなと思うところをまとめて紹介したいと思います。

Tカード替わりにスマホ提示

Tカードだと忘れたり、どこかになくしたりしますけど、スマホなので今まで見たいになくすとかということがないと思います。

なので効率的にポイントが貯められると思います。

モバイルTカード(モバT)アプリ内にゲームやキャンペーンなどが多くある

アプリ内には

モバイルTカード(モバT)アプリ

モバイルTカード(モバT)アプリ

スタンプラリー

Tポイントくじ

すごろく

プレゼント

アンケート

ゲーム

パズル

など他にもいろいろなコンテンツがあります。

スタンプラリー

スタンプラリーは対象商品を期間内に購入するごとにスタンプが貯まっていってスタンプが貯まるにつれてポイントがプレゼントされます。

Tポイントくじ

Tポイントくじを引くとポイントがもらえたりします。

ハズレてもらえないものもあります。

すごろく

期間内にゴールしたらポイントがもらえます。

あとはアンケートに答えたり商品を購入したりなどするとポイントもらえます。

T-MALL(T-モール)のゲームですごくTポイントが貯まるわけではないので暇つぶし程度が良いかも

あといろいろなゲームがある「T-MALL(T-モール)」にもつながっているのですが、T-MALL(T-モール)はあんまり効率的にはポイントが貯まっていきませんけど、暇つぶしにゲームをする感覚でやるのはいいと思います。

こういった感じでそれらを利用してポイントを貯めることもできます。

モバイルTカード(モバT)のデメリット

ではデメリットも紹介したいと思います。

あまりポイントが貯まらないものもある

いろいろ使ってみたのですが、ゲームなど結構やらないとポイント貯まらないな~っていうのもあります。

まずはいろいろ触ってみても良いのではないでしょうか。

モバTが使えるお店が少ない

現在モバイルTカードに対応している店舗が本当に数十店舗くらいしかありません。

ファミリーマート
TSUTAYA
蔦屋書店
カメラのキタムラ
ガスト
バーミヤン
夢庵
グラッチェガーデンズ
藍屋
ステーキガスト
ジョナサン
しゃぶ葉
ドラッグユタカ
ウエルシア
ハックドラッグ
ウエルシア ダックス
ハッピー・ドラッグ
マルエドラッグ
NARCIS
B.B.ON
洋服の青山
THE SUIT COMPANY
オートバックス
ヤマト運輸
ヤスサキ
エディオン
100満ボルト
ステーキ宮
北海道
ラ・パウザ
スタジオマリオ
ドラッグイレブン
牛角
コンタクトのアイシティ
コンタクトランド

こんな感じです。

これからどんどん対応店舗も増えてくるとは思いますがまだまだ少ないです。

ファミマとか使う人や暇つぶしに遊ぶという方はとりあえずは入れておいても良いかもですね。

まとめ

Tカードを持たなくてもいいということでモバイルTカードは便利でいいと思います。

ただ、まだ使えるお店がかなり少ない状況です。

アプリ内ではゲームなどもできるのでとりあえず登録しておいてポイントを貯めてもいいかもしれませんね。

やっぱり一番はTポイントがついているクレジットカードかなと思ったりもしますけど、少額の買い物の時にはモバイルTカード(モバT)もいいでしょうかね。

後は使える店舗が増えることを待つばかりです。

ということで「モバイルTカード(モバT)のリアルな登録方法と使い方|メリット・デメリットは」でした。

コメント