Pontaカード(ポンタポイント)の作り方・使い方|ローソンヘビーユーザーにおすすめ

Pontaカード(ポンタポイント)

こんにちは!ようです!

今回はポイントカードでも知名度の高いPontaカード(ポンタポイント)について紹介したいと思います。

おそらく使っている方も多いと思いますし、使っていない方でも知っているという方も多いと思います。

よくお店で「ポイントカードはお持ちですか」などと聞かれると思います。

その時にPontaカードやT-ポイントカードなどを出してポイントもらうという感じです。

ちなみに僕の中での有名なポイントカードは

Pontaポイント

T-ポイント

楽天ポイント

dポイント

といったところでしょうか。

おそらくどれか一つくらいは利用されている方が多いと思います。

ちなみにPontaポイントはリクルートグループが運営しています。

大手ですね。

そして、このPonta結構お得かもしれません。

それでは紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Ponta(ポンタ)とは

Ponta(ポンタ)はリクルートグループが運営していていろいろなお店やネットサービスでポイントをためたり使ったりすることができます。

リクルートグループのサービスはいろいろありますけど、リクルートIDでポンタwebに登録してそれぞれ連動させてポイントを一つにまとめられて貯められるし使えます。

Pontawebより

いろいろなキャンペーンを行っていてポイントが多く付く日などもあります。

さらに指定のクレジットカードと紐付することで通常より多くポイントがもらえる可能性もあります。

Pontaと言えばポンタカードですが、今はスマホにアプリをダウンロードするだけで使えるのでそちらの方が便利かと思いますけど、利用できる店舗がまだ少ない状況です。

あとポンタポイントからLINEポイントやJALマイルに交換することもできます。

ではポンタポイントについてもう少し見ていきたいと思います。

Ponta(ポンタ)ポイントについて

やっぱり気になるのはそのポイントがどこでどれだけ貯まって、どこで使えるのかです。

上で少し触れていますが、違うポイントに交換できますし、その他にもいろいろな使い方もあります。

まずはポンタポイントの貯め方から紹介したいと思います。

Ponta(ポンタ)ポイントの貯め方

ポンタポイントはいろいろな貯め方があります。

ショッピング

提携店でお買い物したさいポンタポイントを提示することでポンタポイントが貯まります。

では主な提携店を紹介したいと思います。

高島屋
ライフ
じゃらんnet
セガ
日本航空(JALマイレージバンク)
ケンタッキーフライドチキン
ピザハット
ホットペッパーグルメ
AOKI
ホットペッパービューティー
日本郵便
オリックスレンタカー
じゃらんレンタカー
昭和シェル石油
日産レンタカー
HMV(店舗)
ゲオ
コミックシーモア
セガ
ローソンチケット
ゴルフダイジェスト・オンライン
ヒマラヤ
SBI証券
楽天Edyでポイント
三菱UFJ銀行
dポイント
アパマンショップ
サカイ引越センター
日本通運
ハート引越センター
UR賃貸住宅
コジマ
関西電力(はぴeポイント)

他にもいろいろなお店がありますが、いくつかピックアップして紹介しました。

ちなみにポンタポイントが使えるお店でお買い物のときにポンタポイントを提示するとこんな感じでポイントが付きます。

ゲーム

ポンタには50種類以上の無料ゲームがあります。

他にもクイズなどいろいろゲームをしてポイントをためることができます。

他にもキャンペーンやアンケートに答えるなどいろいろな方法でポイントをためることができます。

ポイントポイントが貯められるポインタプレイで実際にゲームをやってみました。

ポイントを効率よく貯めるにはクレジットカードと組み合わせる

もう今は大手のポイントカードはクレジットカードと組み合わせることでポイントが効率よく貯めることができるようになっていますね。

そのポイントカードを発行している会社のクレジットカードと紐付けるとポイント還元率が高くなるというのは普通です。

ポンタカード(ポンタポイント)もクレジットカードと一体型にすることができます。

ではPontaの場合はどれが良いのでしょうか。

・Ponta Premium Plus

・ローソンPontaカードVisa

・JMBローソンPontaカードVisa

・シェル-Pontaクレジットカード

などがあります。

一番は「Ponta Premium Plus」ですね。

Ponta提携社でのクレジット決済で、100円(税込)につき2ポイントで毎年7月と12月は、利用状況に応じて0.5%~1%ポイント上乗せされます。

ということは最大3%になるということですね。

これはいいですね。

リクルートポイントからPontaポイントへ交換する

あと普通にリクルートカードを使う方法です。

リクルートカードもPontaカード(Pontaポイント)も同じリクルートグループです。

リクルートカードは還元率1.2%とクレジットカードの中でもとても高く人気のクレジットカードです。

リクルートカードで貯めたリクルートポイントをポインタポイント交換するということですね。

ポイントは意外にいろいろな貯め方ができますね。

EdyでポイントでPontaがたまる

あと一つ紹介したいのが提携店に楽天Edyでポイントというのがあるかと思います。

「Edyでポイント」でPontaがたまるように登録すると、楽天Edy対象店舗の利用時に、おサイフケータイのEdyで支払うと200円(税込)に1ポイントが貯まります。

楽天Edyの作り方・使い方・加盟店など紹介
楽天Edyの作り方や使い方、どういったお店で使えるのかの主な加盟店などを紹介しています。

「Edyでポイント」なら、Ponta提携店舗ではないお店でも、Pontaポイントがたまるので使えるお店が増えます。

楽天ポイントは現在のところANAマイルにしか交換できないのでJALマイルを貯めたいとか別のポイントに交換したい方は楽天Edy対象店舗でPontaがたまるように登録しておいてPontaを使うのもよいかもしれませんね。

ポンタポイントの登録・作り方

ではPontaの会員登録、Pontaカードの作り方について紹介したいと思います。

まずPontaカードはいくつも持つことができます。

ローソンなどでもらえますね。

そして、ポンタポイントを管理するためにリクルートIDなどと連携させるにはPonta Webに登録する必要があります。

PontaWeb[Pontaカード/Pontaポイント]
PontaWebは、共通ポイント“Ponta”の公式サイトで&#123...

ですが

Ponta Webへ登録できるPontaカードは1枚のみです!

なのでいくつもPontaカード(ID)を持っていたらそれぞれ会員登録が必要になります。

これは面倒なので一つ決めたらそれをメインに利用されると良いと思います。

ただ、Ponta会員IDからPonta会員IDへのポイント統合・移動が可能です。

なので複数もっているPontaカードをまとめることができるのであまり気にせず登録してもよいのかなということですね。

ということをまずは伝えておきたいと思います。

これで登録するのかとかいろいろ考える方もいるかと思いますので!

では登録について書いていきたいと思います。

いざPonta Webに登録

まずは「Ponta Web」にいきます。

そこから右上あたりに「会員登録」というところがあります。

その上には「Ponta会員ID未登録」と書かれていると思います。

まずは会員登録からです。

クリックすると登録画面に移動していきますが、じゃらんやホットペッパーグルメなどリクルートグループが提供するサービスを利用している方でリクルートIDがあればそちらを紐付することができます。

僕はそういえば「じゃらん」を使ったことがあって昔作ったリクルートIDがあってポイントも貯まっていたのでそこからから利用しました!

おそらく何かリクルートのサービスを使ってIDを作った方も多いと思います。

ポイントが貯まっている可能性もあるのでチェックしてみると良いと思います。

そしてそのリクルートIDからログインするとPonta Webの画面にポイントが表示されました。

まだこの状態では会員登録も完了していませんし、Pontaカードも受け取っていません。

すでにPontaカードを持っている方はID、をセキュリティーコード入力します。

そして、個人情報を入力して完了です。

という感じになります。

ちなみにPontaカードを持っていない方はカードを手に入れるためには3つの方法があります。

Pontaカードを近くの店舗で受け取る

Webで申し込んでPontaカードを郵送で送ってもらう

クレジット機能付きPontaカードを別ページから申し込む

あたりになるかと思います。

Webで申し込んで郵送で送ってもらうとなるとお届けまで約10日〜約2週間かかるということだったので、近くの店舗で受け取るのが早いかと思います。

カードが受け取れる提携社はいくつかあるのです、Ponta Webのサイトで今確認されていると思いますのでチェックしてみてください。

一番利用しやすいのはやっぱり「ローソン」ですね。

ということは「ローソンPontaカード」ということになると思います。

僕もとりあえずローソンPontaカードです。

ここでちょっと待てよと!

Pontaカードは一人で複数枚持つことができます!

で会員登録するとPontaカードIDを入力するところがあります。

IDは変更できない、でも統合はできる・・・

どうするのがベストなのかをちょっと考えました。

本当は一番おすすめのポイント還元率がいいクレジットカードと一体型の「Ponta Premium Plus」をはじめから持つのがいいと思います。

もしリクルートのサービスをすでによく利用される方はPonta Premium Plusもチェックしてみてはどうでしょうか。

でも僕の場合でいえば、そんなに使わないのでとりあえず、ローソンPontaカードでもいいのかなと思いました。

とりあえずローソンPontaカードを作っておいてどこか良いタイミングでPonta Premium Plusを作ってPonta会員IDからPonta会員IDへのポイント統合・移動という流れにしようと思います。

ちなみにPonta会員IDからPonta会員IDへのポイント統合・移動はこちらのページで確認してみてください。

Pontaポイント統合・移動手続き|共通ポイント Ponta [ポンタ]

もうローソンやホットペッパーグルメやホットペッパービューティー、じゃらんなどリクルートグループの提携店を使うのであればクレジットカードと一体型で「Ponta Premium Plus」などで良いのかなとも思います。

リクルートカードでも良いかもしれませんけどね。

ポンタポイントの使い方

貯まったポイントはいろいろな使い方ができます。

ショッピングなど

まずは提携店使えます。

いくつか挙げると

ローソン
じゃらんnet
昭和シェル石油
ホットペッパービューティー
ケンタッキーフライドチキン
ホットペッパーグルメ
ゲオ
ポンパレモール

以外にも提携店は多いので数多くのお店で使えます。

ポンパレモールはリクルートグループのオンラインショップでポンタポイントをお持ちならこちらで使うのも良いかと思います。

ポンパレモールのポイントサイトをうまく使いこなそう!ポイント活用方法
ポンパレモールというネットショッピングモールはうまく使えばポイントも貯められますし使えます。そこでポイント活用方法などを紹介しています。

ちなみに僕は貯まったポンタポイントをじゃらんなどで利用しています。

ポイント交換

上でも少し書きましたけどPontaポイントからJALマイル、dポイント、Playbitギフトコード、LINEポイントなどに交換できます。

違う使い方をしたいという方におすすめですね。

JALの陸マイラーという方はJALマイルに変えられるのもポイントでしょうか。

ポイントも有効期限があったりするのでうまく使われるとよいのかなと思います。

まとめ

Pontaはポイントカードの中でも知名度がありますし、使えるお店も多いです。

ポイントもうまくやれば結構貯まると思いますし、別のポイントへの交換ができるのも魅力的ですね。

提携しているリクルート系列のサービスをよく利用される方はそこでうまく使われると良いと思います。

よく使われる方はクレジットカードと一体型もいいですね。

ということでPontaカード(ポンタポイント)の作り方・使い方でした。