エポスプラチナカードの特典・メリット・デメリットは|持つ価値はあるのか?

エポスカード

こんにちは!「よう」です!

エポスカードを持っていてずっと使っていたらエポスゴールドカードのインビテーション(招待)が届いてエポスゴールドカードを使っていたら今度はエポスプラチナカードのインビテーションが届くといったところまでなったりします。

ゴールドカードを持っている方は多いですけど、もう一つ上のカードを持っている方は少ないのではないでしょうか。

エポスプラチナカードなんてなかなか持てないんじゃないのと思っている方もいるかもしれませんが、招待されなくても普通に自分で申し込めて年会費 30,000 円(税込)で持つことができます。

ちなみにインビテーションだと年会費20,000円ということなので少しお得になります。

インビテーションでも20,000円、普通に申し込んだら30,000円・・・

ではその価値はあるのかというところで、ここでエポスプラチナカードについての特典やメリット・デメリットなどを紹介したいと思います。

まずエポスプラチナカードとエポスゴールドカード、エポスカードの比較をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

エポスプラチナカード基本情報

  エポスプラチナカード エポスゴールドカード エポスカード
申し込み資格 20歳以上で本人に安定収入のある方 20歳以上の方 満18歳以上
年会費 通常 30,000 円(税込)(エポスプラチナカードで年間100万円以上利用すると、
翌年以降20,000円(税込)・インビテーション20.000円)
通常5,000円(年間50万円以上利用で翌年以降無料・インビテーションで無料) 無料
ポイント有効期限 無期限 無期限 2年
ブランド VISA VISA VISA
家族カード エポスファミリーゴールド エポスファミリーゴールド
ETCカード 〇年会費無料 〇年会費無料 〇年会費無料
国内・海外旅行損害保険 国内・海外最高1億円(家族最高2,000万円) 海外最高1,000万円・国内なし 最高500万円・国内なし
エポトクプラザ 〇プラチナ会員限定あり 〇ゴールドカード限定あり
空港ラウンジ利用 〇国内・海外1000ヵ所以上(同伴者1名まで無料) 〇国内・海外2か所(本人のみ)
ボーナスポイント
ポイント ・通常200円(税込)=1ポイント
年間ボーナスポイント最大10万
・ファミリーボーナスポイント最大6,000ポイント
・お誕生日ポイント2倍
・指定のお店の利用でポイントアップなど
・通常200円(税込)=1ポイント
・年間ボーナスポイント最大1万
・ファミリーボーナスポイント最大3,000ポイント
・指定のお店の利用でポイントアップなど
・通常200円(税込)=1ポイント
その他押さえておくべきポイント プライオリティ・パス登録無料
グルメクーポン(本人分コース無料など)
・コンシェルジュに相談
・プラチナゴルフ(特別価格)

このような感じになります。

かなり特典がアップしてお得なところが増えています。

ではエポスプラチナカードのおすすめ特典・メリットを見てみたいと思います。

エポスプラチナカードのおすすめ特典・メリット

グルメクーポン

グルメクーポンというと〇〇%引きなどというイメージがありますがエポスプラチナカードの場合は会員本人分のコース料理が無料になったりします。

しかも普通の居酒屋とかではなくてワンランク上のレストランなどのコースです。

安くて一人8,000円などなのでレストランとしてはなかなかですね。

対象店舗は全国約100店舗ということで結構な数です。

ただ、サービス料などは別途かかるところもあるので注意してください。

それでもこれはかなり魅力的ですね。

獲得できるポイントが豊富

エポスカードやエポスゴールドカードに比べてもらえるポイントの種類が多くて最大ポイントも高いです。

まず年間ボーナスポイントが最大10万ポイントというのが注目ですね。

ただ、最大10万ポイントをゲットするためには年間1500万円利用しないといけないのでなかなかいないと思います。

年間100万円でも20,000ポイントなので十分可能な数字で、ゴールドカードでは年間100万円で最大10,000ポイントまでしかもらえないのでそれ以上はありませんからね。

エポスプラチナカードのボーナスポイントは魅力的ですね。

エポスプラチナカードのボーナスポイント

年間利用金額 ポイント
100万 20,000pt
200万 30,000pt
300万 40,000pt
500万 50,000pt
700万 60,000pt
900万 70,000pt
1100万 80,000pt
1300万 90,000pt
1500万 100,000pt

その他にも家族会員でファミリーボーナスポイント最大6,000ポイント、お誕生日ポイント2倍などもあって、様々な形でポイントが優遇されていてもらえる可能性があります。

プライオリティ・パス登録無料

世界1,000か所以上の空港ラウンジが無料で利用できます。

通常年会費429USドルがかかる無料で登録できます。

まあほとんど海外に行かないという方には関係ないですけどね。

自分で申し込むことができる

このエポスプラチナカードは自分で申し込むことができます。

もちろん審査はありますが自分で申し込むことができるのはメリットですね。

どうしてもゴールドカードよりも上のプラチナカードを持ちたい、通常年会費30,000円払っても持つことでメリットが多くあるという方は作りたいところですね。

 

といったところが僕が注目したポイントです。

では次はエポスプラチナカードのデメリットというか気になるポイントを紹介したいと思います。

エポスプラチナカードの気になるポイント・デメリット

年会費30,000円(税込)

やっぱりここですね。

別にデメリットではないですけど、エポスプラチナカードを所有するのか悩むところが通常年会費30,000円というところですね。

ちなみにインビテーションは年会費20,000円になりますので10,000円お得になります。

もちろん審査はありますけど、年会費30,000円(税込)がポイントですね。

ここでこの年会費30,000円(税込)を支払ってもエポスプラチナカードを持つ価値はあるのかというところですね。

エポスプラチナカードを持つ価値はあるのか?

エポスプラチナカードを持つ価値はあるのかどうかは当然その人によって違うとは思いますが、特典などを見て判断になるかと思います。

たとえばちょっとワンランク上のレストランによく行く、行くのが好きという方ならグルメクーポン(会員一人無料)があるのでこれ1回行くだけで1万円程度お得になりますよね。

あとはポイント還元部分でボーナスポイントが100万利用で20,000ポイントなのでこれだけで還元率2%ということになります。

まあプラチナカードを持つ方にとってはここはすごい魅力的なポイントにはならないかもしれませんけど、十分お得ですね。

あとはプラチナゴルフ(特別価格)や1,000か所以上の空港ラウンジが無料で利用できるなどといった様々な特典があって、それらを総合的にみて判断することになりますが、年会費30,000円(税込)ならそれ以上十分価値はあるのかなという感じですね。

まとめ

特典をしっかり利用できる方は年会費30,000円(インビテーション20,000円)でも十分ペイできる特典ではないでしょうか。

10,000円の差が大きいという方はインビテーションを待つというのも一つですが、いくら利用したらインビテーションが届くのかわからないので利用価値があると思ったら作っても良いかもしれませんね。

ということでエポスプラチナカードの特典・メリット・デメリットは|持つ価値はあるのか?でした。

コメント