ANA VISA Suicaカードのマイル・還元率|メリット・デメリット・どういった方におすすめなのかを紹介

JALカード

こんにちは!ようです!

今回は関東でJRにも乗るしSuicaも利用したい、ANAも乗るし、ANAのマイルも貯めたいという方向けの「ANA VISA Suicaカード」について紹介したいと思います。

ANA VISA Suicaカードは「ANAマイレージクラブ・Suica・VISA(クレジットカード)」が一つになったカードです。

ここではANA VISA Suicaカードについてマイル・還元率|メリット・デメリット・どういった方におすすめなのかなどを紹介したいと思います。

まずはANA VISA Suicaカード基本情報から紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ANA VISA Suicaカード基本情報

発行元 三井住友カード
申込条件 満18歳以上の方
年会費 初年度無料
2年目以降2,000円(税別)
ブランド VISA
オートチャージ
家族カード
ETCカード 初年度無料・2年目以降500円(税抜) 前年度に1回以上ETC利用の請求があれば年会費無料
国内・海外損害保険 海外旅行 1,000万円
国内航空 1,000万円
国内旅行 無し
ショッピング補償 年間100万円までのお買物安心保険
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
Suica
定期券
ポイント ワールドプレゼント

ANA VISA Suicaカードのポイント

マイルがもらえて貯められる

まず一番に紹介したいのがANAのマイルが貯められるということです。

基本的にはお買い物などは三井住友ワールドプレゼントが貯まります。

マイルが貯まるのはANAに搭乗することで区間基本マイレージ ×クラス・運賃倍率 ×10%のボーナスマイルがもらえます。

あとは入会と年間の継続時に1,000マイルもらえます。

ですので2年目以降の年会費が2,000円(税別)ですが、1,000マイルもらえるので、そう考えると1マイル2円の相場でと言われているので実質無料みたいなところです。

ボーナスマイル

入会・継続時 1,000マイル
搭乗時 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

ワールドプレゼントポイントが貯められる

ANAカードなのですが、発行元が三井住友でお買い物などで三井住友のワールドプレゼントポイントが貯められます。

1000円で1ワールドプレゼントポイント貯められて、貯まったポイントはマイルや景品と交換できます。

還元率は交換するものによっても変わってきますけど、1ポイント0.5で還元率0.5%相当と考えておくのが良いと思います。

還元率的にはそれほど高くはないというところです。

ワールドプレゼントポイントがマイルに移行できる

お買い物で貯めたワールドプレゼントポイントはANAマイルに交換できます。

マイルへの移行は「5マイルコース」と「10マイルコース」の2つのコースがあります。

コース 5マイルコース 10マイルコース
移行手数料 無料 6,480円(税抜き6,000円)
※年度(4月16日~翌年3月31日)ごと
換算率 1,000円=1ポイント=5マイル 1,000円=1ポイント=10マイル
単位 1ポイント以上、1ポイント単位 1ポイント以上、1ポイント単位
移行方法 自動移行または都度移行 自動移行または都度移行
ボーナスポイント
プレミアムポイント
1ポイント=3マイル
※ボーナスポイントは都度移行のみ
1ポイント=3マイル
※ボーナスポイントは都度移行のみ

10マイルコースだと1ポイント=10マイルなのですが、移行手数料6,480円(税抜き6,000円)かかります。

5マイルコースだと1,000円=1ポイント=5マイルとなりますが手数料は無料です。

なのでどのくらいのワールドプレゼントポイントを移行させるのかでどちらにするのかを考えると良いと思います。

ちなみに僕もJCB発行のANAカードを持っているのですが、最初はマイルが貯まっていませんし、5マイルコースにしています。

僕はJCBなのですが、マイルコースの変更は可能となっていますので、とりあえず始めは都度移行の5マイルコースにしているとういうわけです。

そして、ANAカードだからこその特典も受けられます。

ANAカード限定サービス・ANA会員優待割引

ANAカードを持っているといろいろな優待割引が受けられます。

・空港内免税店での割引 (5~10%OFF):ANA VISA Suicaカード5%
・高島屋SHILLA&ANAでの割引 (5~10%OFF):ANA VISA Suicaカード5%
・国内線・国際線の機内販売割引 (10%OFF)
・空港免税店「ANA DUTY FREE SHOP」 (5~10%OFF)
・空港内店舗「ANA FESTA」での割引
・「ANAショッピング A-style」での割引 (5%OFF)
・ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアース割引販売 (5%OFF)
・IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでの会員宿泊割引プラン (5%OFF)
・ANAビジネスソリューション公開講座 受講料割引(15%OFF)
・成田空港でのパーキング割引
・レンタカー5~20%割引

などのサービスが受けられます。

ANAカードマイルプラス加盟店利用でさらにお得

ANAカードマイルプラス加盟店でANAカードで支払うと、クレジットカード会社のポイントとは別に、さらに100円または200円(税込み)=1マイルが貯まるサービスです。

加盟店はいろいろありますので公式サイトで確認してもらえれば良いかなと思います。

ANAカードマイルプラスで貯める | ANAカードで貯める | マイルを貯める | ANAマイレージクラブ
【ANA公式サイト】ANAカードマイルプラスで貯める。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「ANAマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどANAのマイルを貯めて使えるサービス満載。

僕はANAカードマイルプラス加盟店のマツモトキヨシでANAマイレージモール経由でANAカードを利用しました。

これでマイルも100円で1マイル貯まりました。

さらにdポイントカードも提示したのでdポイントも貯まりました。

他にもANAが運営する「グルメマイル」というサイトがあって、提携店はANAカードを提示するとANAマイルが貯められます。

そじ坊や杵屋、ポムの樹などが提携店にあります。

僕も杵屋やそじ坊でマイルと貯めました。

主な追加可能 付帯サービス

PiTaPa

追加可能な付帯サービスがいくつかあるのですが、まずPiTaPaが付帯できます。

PiTaPaは関西エリアで利用できる交通系ICカードです。

ANA VISA Suicaカードということですが、PiTaPaも付帯できるので関西の方でもチェックです。

電子マネー三井住友カード「iD」

電子マネーの大手の一つのiDが付帯できます。

iDはQUICPay(クイックペイ)や楽天Edyと並んで様々なところで使える電子マネーです。

なのでとても便利です。

※ANA VISA Suicaカードと別で発行されます。

オートチャージ

ANA VISA SuicaカードはSuicaへのオートチャージもあるので便利です。

関東でJRも乗るし飛行機も乗るしという方はチェックですね。

ただ、ここでJRによくのるという方はJR東日本が発行したビューカードもおすすめです。

これに関しては後で紹介したいと思います。


こういった感じでANAカードを持っていることでいろいろなお得な特典を受けられます。

Suicaも使えてANAカードの特典も受けられてANAのマイルも貯まります。

ではここでデメリットを紹介したいと思います。

ANA VISA Suicaカードのデメリット

Suicaへのチャージでポイントはそれほどお得ではないです。

ANA VISA Suicaカードにて、ANA VISA SuicaカードのSuica機能へチャージ(含むオートチャージ)、ご登録のモバイルSuicaへチャージ(含むオートチャージ)をした場合も、ワールドプレゼントのポイントが貯まります。

ということでSuicaにチャージすることでポイントが貯まることは確認できます。

そして、ワールドプレゼントのポイントは1,000円=1ポイントになりますが、約1ポイント5円相当とすると還元率は0.5%になります。

これがJR東日本が発行したビューカードからSuicaにチャージすると還元率1.5%になります。

ということはもしSuicaをメインに利用されるということならJR東日本が発行したビューカードからSuicaにチャージするほうがかなりお得になるということです。

もしSuicaをメインに利用するならJR東日本発行のSuicaが付帯されたビューカードがおすすめです。

ビューカードをまとめて比較して一覧で紹介|これでビューカードを把握
こんにちは!「よう」です!JR東日本が発行するクレジットカードのビューカードですが、本当にいろい...

ANAカードも欲しいということなら別々にして別のカードを作るのも一つです。

というところでANA VISA Suicaカードがおすすめの方とオススメでない方を紹介したいと思います。

ANA VISA Suicaカードがおすすめの方とオススメでない方

ANA VISA Suicaカードがおすすめの人

ANAの飛行機を頻繁に利用される方

とりあえずANAのマイルを貯めたい方

Suicaは少し利用する程度でANAのマイルがメインの方

カードをいろいろ持ちたくないのでANAとSuicaを一つにしたい

ANA VISA Suicaカードがおすすめでない人

関東でJRによく乗るしSuicaをよく利用される方

ANAマイルを本気で貯めるために作りたい方

Suica定期券を作る方

ポイントをお得に貯めたい方

僕が思うところはこんな感じでしょうか。

ANAカードを持ちたいという方でたまにSuicaを利用する程度ならANA VISA Suicaカードでも良いと思います。

ですがANAマイルも貯めたいし、Suicaもよく利用するという方は別々に持つのがおすすめだと思います。

まずANAのマイルを貯めるのにおすすめなのが「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)」です。

これは陸マイラーにとっては必須のクレジットカードでマイルを貯めるのにとてもおすすめです。

なぜかというとポイントをANAマイルに交換するときのレートがとても良いからです。

ANAのマイルと貯めることを目的とするなら僕も持っているANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)ですね。

Suicaをよく利用する方は別々に作るべき!

そして、Suicaをよく使うという方はこれこそ別々に作るべきだと思います。

なぜかというと上でも少し書きましたけど、JR東日本が発行したビューカードからSuicaにチャージすると還元率1.5%になります。

これはかなり高い還元率でかなりお得です。

ANA VISA Suicaカードと別に、例えばビュースイカなどのJR東日本が発行するSuica付帯のビューカードも持つというのも良いかなと思います。

ANA VISA Suicaカード、ANA To Me CARD PASMO JCB ソラチカカード、ビュースイカの3つ持ち・・・というのもいいですけど、いろいろ作りすぎなのでそれが嫌ならANA VISA Suicaカード1枚、お得にならANA To Me CARD PASMO JCB ソラチカカード、ビュースイカやANA VISA Suicaカード、ビュースイカの2枚持ちもありですね。

ちなみにJR東日本が発行するビューカードはいろいろあるのでこちらでチェックしてみてください。

ANA VISA Suicaカードまとめ

ANA VISA SuicaカードはANAマイレージクラブ・Suica・VISA(クレジットカード)が一つになったカードです。

ANAカード会員特典も受けられるしSuicaも利用できるし買い物で三井住友のワールドプレゼントのポイントが貯まります。

そして、そのワールドプレゼントのポイントがANAマイルに移行できるわけです。

上で紹介した通りどういった利用方法で何を重視するのかでANA VISA Suicaカードがおすすめかどうかも変わってきますね。

僕はANAカードとJR東日本が発行するSuica付帯のビューカードで別々にしますね。

まあこれは人それぞれなので比較してということになりますけどね。

ということでANA VISA Suicaカードのマイル・還元率|メリット・デメリット・どういった方におすすめなのかについてでした。