「マイメロディ VIASOカード」と「UCSカード(マイメロディ)」比較|特典とマイメロファンにその価値はあるのか?

UCSカード

こんにちは!「よう」です!

クレジットカードにはいろいろなキャラクターとコラボして、キャラクターグッズなどが当たる特典があるものが多いです。

特にディズニー関連のクレジットカードなどがよくありますし、アニメキャラクターとのコラボのクレジットカードもいろいろあって独自の特典がったります。

そして、今回紹介したいのが「マイメロディカード」です。

マイメロは昔から人気のあるキャラクターですね。

ではこのマイメロディカードは特典も含めてマイメロファンにとって持つ価値があるのかというところを見ていきたいと思います。

まずは気になるマイメロディカードの特典を見てみたいと思います。

スポンサーリンク

マイメロディカード種類

マイメロディカードは三菱UFJニコスの「マイメロディ VIASOカード」とUCSの「UCSカード(マイメロディ)」の2つがあります。

マイメロディ VIASOカード UCSカード(マイメロディ)
三菱UFJニコス UCS

それぞれデザイン、特典も違うので比較しながら見ていきたいと思います。

マイメロディカードのマイメロ特典比較

やっぱりどんな独自特典があるのかですね。

マイメロディ VIASOカード UCSカード(マイメロディ)
マイメロのカードデザインが2つから選べる マイメロのカードデザインが2つから選べる
サンリオオンラインショップの利用でポイント2%還元(通常の4倍) Uポイントを貯めてマイメロディグッズと交換

まずはマイメロのカードデザインはどちらも2種類です。

デザインが違うのでデザイン重視という方はカードをみて好きな方を選ぶのが良いと思います。

あとマイメロに関係する特典としては

マイメロディ VIASOカードが「サンリオオンラインショップの利用でポイント2%還元(通常の4倍)」

UCSカード(マイメロディ)が「Uポイントを貯めてマイメロディグッズと交換」

となっています。

マイメロディ VIASOカードが「サンリオオンラインショップの利用でポイント2%還元(通常の4倍)」

マイメロディ VIASOカードは通常1,000円のお買い物に対して5ポイントもらえます。

1ポイント1円で計算されるので還元率は通常0.5%となりますが、VIASOeショップを経由してサンリオオンラインショップでお買い物すると通常の4倍のポイント2%還元になります。

ただ、サンリオオンラインショップは公式でYahoo!ショッピングにも出店していてそちらでも購入できますし、ソフトバンクユーザーなどなら10%以上戻ってきますからこちらの方がお得な方もいます。

僕の場合は期間限定のポイントアップやカフーカード利用などを合わせるとこんな感じです。

なのでここはメリットにはならないかなと思います。

UCSカード(マイメロディ)が「Uポイントを貯めてマイメロディグッズと交換」

UポイントとはUCSカードのポイントでUCSカード(マイメロディ)のカード使うことでマイメロディグッズと交換できます。

ちなみにポイントは200円のお買い物で1ポイントで1ポイント=1円なのでマイメロディ VIASOカードと同じ還元率は0.5%と変わりません。

ここでマイメロディグッズと交換できるというところですけど、どういったグッズと交換できるのかが気になるところですね。

交換できるものとしてはこういったものがあります。

ポイント 交換商品
Uポイント1,000点 フェイスタオル(スイートメロディ)
Uポイント2,000点 マイメロディ バッグセット
【セット内容】
・プリントバルーンバッグ
・ハンカチ
Uポイント2,000点 クロミ バッグセット
【セット内容】
・プリントバルーンバッグ
・ハンカチ
Uポイント3,000点 クオカードCセット(オリジナル)
【セット内容】
・オリジナルクオカード2枚セット
(1,000円×2枚)
Uポイント3,000点 クオカードDセット(オリジナル)好評につき受付終了
【セット内容】
・オリジナルクオカード2枚セット
(1,000円×2枚)
Uポイント3,000点 ボトルセット
【セット内容】
・末っと素材ダイカットバッグ
・シンプルプロ―ボトル
Uポイント4,000点 フェイス マイメロディ(お昼寝ケット)
Uポイント5,000点 ランチボックスセット
【セット内容】
・食洗器対応たいとランチボックス
・食洗器対応スライド式トリオ
・ノッポンノッポ ペットボトルホルダー マイメロディ

こういった感じでいろいろなものに交換できます。

オリジナルのクオカードなどもあってちょっと魅力的ですね。

人気で受け付け終了しているものもありますから注意してください。

逆にまた新たな商品が出てくるかもしれませんのでそれも楽しみですね。

マイメロファンにとってはちょっと魅力的ですね。

特典はこういった違いがあってあとはカードのデザインがどれがいいかですね。

では次は気になるマイメロディカードの年会費などの基本情報だと思いますので紹介していきたいと思います。

マイメロディカードの基本情報

  マイメロディ VIASOカード UCSカード(マイメロディ)
発行元 三菱UFJニコス UCS
年会費 無料 無料
入会資格 18歳以上で安定した収入のある方 満18歳以上の安定した収入のある、電話連絡可能な方
国際ブランド VISA・MasterCard VISA
カード利用可能額 10~100万円 10~50万円
ETCカード 可(新規発行手数料1,100円(税込)) 可(無料)
家族カード 可(無料) 可(無料)
保険 ショッピングパートナー
保険サービス年間限度額100万円
ショッピング安心保険年間限度額100万円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 UCS旅とくプラスという保険が年会費1,100円(税込)
家族全員が旅行保険の補償対象
ポイント還元率 0.5%還元 0.5%還元

どちらも年会費無料なので抵抗なく持つことができると思います。

カードブランドやカード利用可能額などに違いがあります。

あと海外旅行傷害保険がマイメロディ VIASOカードにはついているのもポイントです。

総合的に見てそれほど大きく変わらないのかなと思います。

マイメロディカードを選択するポイント

マイメロディカード独自の特典

特典としてはUCSカード(マイメロディ)の方が魅力的だと思います。

ただ、貯まったポイントと交換なので結構利用しないと貯まらないですからね。

1000Uポイント貯めるには還元率0.5%なので20万円お買物しないといけません。

ただ、アピタやピアゴなどでのお買い物でも貯めることができます。

あと入会キャンペーンで一気にポイントがもらえるので その条件を満たすだけで一気にマイメログッズと交換できるポイントに達したりします。

これに関しては後で紹介します。

カードのデザイン

マイメロディ VIASOカード UCSカード(マイメロディ)

現在のデザインはこちらですが、好きなデザインがどれかというのもポイントですね。

カードのスペック・特典

年会費無料やポイント還元率などほとんど変わりませんが、海外旅行保険やETCカードの発行、利用限度額などに関しては違いがあるのでもしこれらのポイントを重視するならチェックですね。

あとはそれぞれ発行元のカード会社の特典があります。

マイメロディ VIASOカードは海外旅行保険が付いているのもそうですし、貯まったポイントのオートキャッシュバックなどがあります。

UCSカード(マイメロディ)はアピタやピアゴなどでお買い物すると5%OFFになる感謝デーや宇佐美直営のガソリンスタンドで利用すると2円/L引きなどの特典があります。

UCSカード(マイメロディ)でうまくマイメログッズをゲットする方法

やっぱりマイメロファンとしてはマイメログッズと交換できるというのが魅力的かなと思います。

オリジナルのクオカードとかもありますからね。

ただ、ここでハードルになってくるのが貯めたポイントでの交換になります。

上での少し書きましたけど、ポイント還元率が0.5%なので1000ポイント貯めるのにも普通にお買い物したら合計20万円分お買い物しないといけません。

これではなかなか厳しいです。

そこでおすすめが入会キャンペーンをうまく利用する方法です。

期間限定などになるので公式サイトでチェックしてもらえると良いと思いますけど、UCSカードに登録・利用で最大Uポイント4,000点もらえます。

まあクレジットカードならどこも入会キャンペーンはやっていますけど、マイメロのグッズとすぐに交換できるだけのポイントももらえますし、これはチェックです。

ポイントは「最大」というところで条件を満たせば最大4,000点もらえるわけです。

では内訳を紹介すると

内容 もらえる点数 難易度
UCSカードに新規入会(発行)インターネット入会限定 500点
携帯電話UCSカード払い 500点
カードが手元に届いた後でリボ宣言登録 500点
指定の電気ガスをUCSカード払い 500点
ショッピングリボもしくはショッピング分割3カ月以内に1万円以上利用 1,500点
カードが手元に届いた後でUCSネットサーブメルマガ登録 500点

個人的な考えですが難易度も書いておきました。

リボ払いに抵抗がない人やよく利用するという方は全然問題ないですね。

僕なんかはリボ払いは手数料もかかるしあまり好きではないですね。

僕だったら難易度中までですかね。

なので2,000点くらいでしょうか。

携帯電話UCSカード払いや電気ガスをUCSカード払いも難しいという方は1,000点ですね。

グッズ狙いなら支払い先を変えても良いかもしれませんけどね。

ただ、電力は関西電力、四国電力、九州電力などが対象ではないし、楽天でんきなのどの新電力は対象ではないようなのでこれも制限されますね。

まとめ

まずマイメロディカードは2種類、

「マイメロディ VIASOカード」と「UCSカード(マイメロディ)」です。

カード発行会社が違っていて特典も違います。

カードのデザインを重視するなら好きなデザインの方を選べばよいと思いますが、マイメロの特典ということであればポイントをマイメログッズと交換できるUCSカード(マイメロディ)のほうが魅力的かと思います。

もしマイメログッズと交換したいということであれば利用・登録で最大4,000点もらえるのでそれでポイントゲットが近道かと思います。

ただ、条件もあるのでしっかりチェックしておくのが良いと思います。

ということで「マイメロディ VIASOカード」と「UCSカード(マイメロディ)」比較|特典とマイメロファンにその価値はあるのか?でした。

コメント