フレッシュネスバーガーで利用できる支払い方法とお得に利用する方法

ハンバーガー

こんにちは!「よう」です!

ハンバーガーと言えばマクドナルドとかモスバーガーとかっていうのが出てきますけど、フレッシュネスバーガーも美味しいですよね!

僕は結構大人になるまで食べたことがなかったんですけど、初めて食べたときとても美味しかったのを覚えています!

アボガドが入ったバーガーでした!

フレッシュネスバーガーといえばアボガドのイメージもありますしね。

ただ、やっぱりちょっとお高めというのもありますね。

ということでフレッシュネスバーガーの支払い方法とお得に利用する方法について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フレッシュネスバーガーで利用できる支払い方法

支払い方法 利用できるもの
クレジットカード
交通系ICカード
電子マネー 一部の店舗のみ
QRコード決済 PayPay・LINE Pay・d払い・楽天ペイ・au PAY・Alipay・WeChat Pay
独自の電子マネー フレッシュネスカード

僕が調べたところでは電子マネーなど一部の店舗で使用かのうですが、ほんの数店舗ほどで現時点では基本使えないと思っておいた方が良いと思います。

使えるのがQRコード決済のPayPayです。

クレジットカードとか電子マネーなどが使えないのにPayPayだけ使えるのはすごいですね。

あとはフレッシュネスバーガー独自のプリペイドカードで【フレッシュネスカード】があります。

このフレッシュネスカードがあるので他の電子マネーは導入しないということかもしれませんね。

フレッシュネスバーガーでお得に利用するために押さえておきたいこと

フレッシュネスカード

フレッシュネスバーガーでまず押さえておくべきポイントは独自の電子マネーのフレッシュネスカードですね。

まずプリペイドカードなのでチャージしておけばキャッシュレスで利用できるので便利ですね。

ただ、チャージは現金のみになります。

クレジットカードでのチャージはできないのでポイントもつかないのは残念ですね。

毎月1日~7日はフレッシュネスカードにチャージで10%オン

お得なポイントとしては毎月1日~7日はチャージで10%オンになります。

1,000円チャージしたら1,100円になるのでとてもお得です。

よく利用される方はフレッシュネスカードを発行して毎月1日~7日にチャージですね。

注意点としては最終利用日(チャージ、フレッシュネスカードでのお支払い)から1年間の利用がない場合は、カードが無効になり残高の返金は出来ないので注意してください。

モバイル会員

フレッシュネスバーガーには現時点では公式アプリはありません。

その代わりメルマガ会員があって、バースデイプレゼントやお得な情報が届いたり、白いカード(不透明タイプ)のフレッシュネスカードなら残高も確認できます。

クーポンチェック

メルマガ会員でもクーポンがもらえたりしますけど、他にもクーポンがあったりします。

たとえばニュースアプリの「グノシー」ではフレッシュネスバーガーの割引クーポンがあったりします。

グノシー

グノシー

Gunosy Inc.無料posted withアプリーチ

商品によって割引率は違いますけど例えば僕がみたときではクラシックバーガーが50円引きでした。

 毎月20日は「フレの日」

毎月20日はフレッシュネスバーガーの日ということで割引になります。

わざわざこの日を狙っていくという方はあまりいないかもしれませんけど、良く行かれる方は知っているとは思いますが一応チェックしておくと良いと思います。

という感じでこの辺りがチェックするところかなと思います。

ではフレッシュネスバーガーをお得に利用する方法はというと

フレッシュネスバーガーでお得に利用する方法は?

現時点ではということでいうとまずはクーポンは使いますよね。

メルマガ会員かクーポンを発行しているところのものを利用します。

そして、次は支払い方法ですが、現時点ではほとんどのお店で電子マネーなど利用できません。

ただ、なぜかPayPayが利用できるのでもしPayPayのキャンペーンで〇〇%還元をやっているならPayPayがお得です。

たとば20%還元なら1000円の商品であとから200円付与されるので実質800円になりますからね。

もしそういったお得なキャンペーンがないのであればクーポンを使ってかつフレッシュネスカードに1日~7日にチャージするとチャージ金額の10%オンなのでフレッシュネスカードを使うということですね。

ただ、フレッシュネスバーガーをそんなに利用しないという方はカードも作っても失効してしまうという可能性もあるので注意が必要ですね。

それでもクーポンと支払い方法をうまく利用すれば結構お得に利用できるのではないでしょうか。

まとめ

まずフレッシュネスバーガーの利用できる支払い方法がほとんどないのでわかりやすいです。

一部の店舗で電子マネーなど利用できるお店もありますがほとんど使えません。

ただ、その中でもPayPayが利用できるというのはなんでなんだろって思いますね。

なのでフレッシュネスカードを利用かPayPayでお得な方を利用すれば良いのかなと思います。

フレッシュネスカード1年間利用しなかったらということなのでさすがに1年に1,2回は行くというかはいいかもですね。

僕の場合はヘビーユーザーではないのでとりあえずPayPayですかね。

今回はフレッシュネスバーガー定番のクラシックバーガーを食べました!

美味しかったです!

ということでフレッシュネスバーガーの支払い方法とお得に利用する方法でした。

主なファーストフードのクーポンや支払い方法などをチェック

マクドナルド
モスバーガー
ロッテリア
フレッシュネスバーガー
バーガーキング
ファーストキッチン
SUBWAY(サブウェイ)
シェイクシャック(Shake Shack)
ケンタッキーフライドチキン