マクドナルドの支払い方法|クレジットカード・電子マネー・スマホ決済などは可能なのか

ハンバーガー

ここではマクドナルドで利用できる支払い方法について紹介したいと思います。

現在は様々なキャッシュレス決済方法が増えてこの支払方法の違いでポイントの貯まり方など全然お得感が違います!
なのでベストな決済方法を知らないとかなり損得に差が出てきます!

ということでマクドナルドではクレジットカード、電子マネー、paypayなどのスマホ決済などの支払い方法は可能なのか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

マクドナルドで利用できる支払い方法

ではマクドナルドではクレジットカード、電子マネー、PayPayなどのスマホ決済が利用できるのか支払い方法を紹介したいと思います。

支払い方法 利用できるもの
クレジットカード VISA・Master・JCB・AMEX・Diners
交通系ICカード SUGOCA・Suica・PASMO・kitaca・toica・ICOCA・manaca・nimoca・はやかけん
電子マネー 楽天Edy・iD・QUICPay・nanaco・WAON
QRコード決済 paypay・LINE Pay(モバイルオーダーで利用可)
商品券 マックカード
ポイント 楽天スーパーポイント・dポイント

※2021年3月14日

※利用できる支払い方法が変更されている可能性もあるので店舗や公式サイトで確認お願いいたします。
※店舗によっては利用できない支払い方法がある可能性もあります。

マクドナルドではクレジットカードや電子マネーなど大体の決済方法には対応しています。

ただ、通常の購入ではpaypayなどのQRコード決済は今のところ対応しています。

ただし、モバイルオーダーならpaypayやLINE Payでの決済が可能になります。

モバイルオーダーはスマホなどで注文する方法です。

モバイルオーダーに関してはQRコード決済が使えるので便利でお得なタイミングもありますが、マクドナルドのクーポンなど一部しか利用できなくて、楽天スーパーポイント・dポイントがつけられないデメリットもあります。

マクドナルドのモバイルオーダーに関しては私もよく利用しているので実際の利用方法などこちらで紹介しています。

マクドナルドでのお得な支払い方法は

では上で紹介したようにいろいろあるマクドナルドの支払い方法の中でお得な支払い方法を紹介したいと思います。

支払い方法別にお得な支払い方法を紹介すると

・QRコード決済:モバイルオーダーで還元率の高いキャンペーンのとき
・クレジットカード:還元率の高いクレジットカード
・電子マネー:ビューカードからSuicaにチャージ(ポイント還元率1.5%)

という風に支払い方法やタイミングによって変わってきます。

QRコード決済:モバイルオーダーで還元率の高いキャンペーンのとき

上で紹介した通り、マクドナルドでpaypayやLINE PayのQRコード決済が利用できるのはモバイルオーダーでの注文の時だけです。

ここでモバイルオーダーを利用するお得なタイミングとしてはQRコード決済がお得なキャンペーンを開催しているタイミングです。

例えばpaypayでは超PayPay祭など定期的にお得なキャンペーンを行っています。

「20%」戻ってくるとかですね。

例えば超PayPay祭がソフトバンクユーザーなら30%戻ってくるので1000円のお買い物をしたら300円相当PayPay残高に戻ってくるので実質700円となります。

こういったQRコード決済でお得なキャンペーンをやっているなら使わない手はないですね。

以前はLINE Payやpaypayなどでモバイルオーダーを利用すると10%割引きなどというキャンペーンをやっていたことがあったのでそういったものがあれば利用するのもおすすめです。

マクドナルドのモバイルオーダーLINE Payでの支払い

当然paypayやLINE Payで支払えばそれらの独自のポイントもつきますからね。

クレジットカード:還元率の高いクレジットカード

QRコード決済でお得なものがないなら還元率の高いクレジットカードですね。

楽天カードやYahoo!カードでも普通にポイント還元率1%ですし、還元率が高いクレジットカードなら1.5%などもありますね。

Visa LINE Payクレジットカードなら最大2%ポイント還元などになったりしますからお得です。

還元率は変更されている可能性もあるのでご自身で確認お願いします。

電子マネー:ビューカードからSuicaにチャージ(ポイント還元率1.5%)

電子マネーではSuicaを利用しているならビューカードからSuicaにチャージでポイント還元率1.5%などになるのでお得です。注意「モバイルSuicaへのチャージ」「カードタイプのSuicaへのオートチャージ」が対象でオートチャージ以外のカードタイプのSuicaへのチャージは0.5%還元

Suicaは関東圏の方にしか馴染みはないかもしれませんが、交通系電子マネーの中でもお得ですね。

キャンペーンなどをチェックしてお得な支払い方法を選ぶと良いと思います。

マクドナルドでクーポンやポイントなどでお得に利用する方法

マクドナルドでクーポンやポイントなどでお得に利用する方法を紹介したいと思います。

まずマクドナルドと言えばクーポンですね。
クーポン利用は必須ですね。
ちなみにマクドナルドのクーポンはいろいろなところでゲットできます。

それぞれクーポン内容が違ったりするのであなたが食べたい商品のクーポンがあるところのものを利用するのが良いと思います。

ただ、上でも紹介した通りモバイルオーダーで注文する場合は公式アプリのクーポンなど利用できるものは限定されますし、ポイントが付かないなどもあるので注意が必要です。

お得に利用する方法としては「クーポン」、「支払い方法」、「ポイント」という3つが重要になってきます。
これを踏まえるとこういった利用方法がお得になるかと思います。

というところでマクドナルドでお得に利用する方法は

■paypayやLINE Payでお得なキャンペーンをやっているならモバイルオーダーでの支払い
■楽天ポイントやdポイントがマクドナルドでのポイント還元〇%などのキャンペーンをやっているなら、楽天ポイントやdポイントでエントリーして、レジに行ってお得なクーポンを使って、ポイントも付けて、還元率の高いクレジットカードや電子マネーでの支払い
■paypayやLINE Payでお得なキャンペーンをやっていないならレジに行ってお得なクーポンを使って、ポイントも付けて、還元率の高いクレジットカードや電子マネーでの支払い

となってくるかと思います。

マクドナルドでクーポンやポイントなどでお得に利用する方法に関してはこちらでも詳しく紹介しているのでよかったらチェックしてみてください。

マクドナルドまとめ

マクドナルドと言えばクーポン利用が必須ですが、支払い方法でもかなりお得になるとおいところがあるので覚えておくと良いと思います。

そして、面倒でなければ支払い方法をお得なタイミングに合わせて使い分けるというのが良いと思います。

ちなみに私もかなりいろいろうまく利用して安くしています。

マクドナルド

どんな感じでお得になったのかというと

マクドナルドでの支払いレシート

ベーコンレタスバーガーをLINEクーポンを使って350円が300円に

それにマクドナルドと楽天のキャンペーンで当たった炭酸ドリンク無料クーポンを使って無料に

あとはハンバーガーとポテトSを購入して合計550円です。

それで楽天スーパーポイントを付けて5ポイント、支払いはdカードで行いました。

・LINEクーポン350円⇒300円

・キャンペーン炭酸ドリンク無料

・楽天スーパーポイントで5ポイント

・支払いdカード(クレジットカードのポイントが付く)

ということで700円のところが550円になりました。

まあまあお得になりました。

別の日ではモバイルオーダーでLINE Payで支払えば10%割引だったので、マクドナルドの公式アプリのクーポンを使ってLINE Payで支払ったら結構お得になりました。マクドナルドのモバイルオーダーLINE Payでの支払い

クーポンとかポイントカードなどは簡単に利用できるのでまだ利用していない方はチェックしてみてはどうでしょうか。

ということでマクドナルドの支払い方法|クレジットカード・電子マネー・スマホ決済などは可能なのかについてでした。

主なファーストフードのクーポンや支払い方法などをチェック

マクドナルド
モスバーガー
ロッテリア
フレッシュネスバーガー
バーガーキング
ファーストキッチン
SUBWAY(サブウェイ)
シェイクシャック(Shake Shack)
ケンタッキーフライドチキン