ビックカメラJ-WESTカードはどういった方におすすめなのか?

J‐WESTカード

こんにちは!ようです!

ここのところビックカメラをよく利用される方でプラスαお得になるカードを紹介してきました。

例えばビックカメラSuicaカードならSuica機能が付いていて首都圏でJRに乗る方向けで、

BIC CAMERA JMB WAONカードならJALマイルを貯めたいという方向けのカードになります。

そして、今回紹介したいのが【ビックカメラJ-WESTカード】です。

スポンサーリンク

ビックカメラJ-WESTカードについて

まずJ-WESTカードについて紹介したいと思います。

J-WESTカードはJR西日本が発行するクレジットカードです。

山陽・九州・北陸新幹線や、JR西日本・JR四国・JR九州エリアの主な特急列車などをケータイ・パソコン・スマートフォンからカンタン予約できるて便利です。

なのでまず西日本で新幹線やJRをよく乗られる方はチェックしておいても良いカードかなと思います。

そして、ビックカメラと一つになっていてビックカメラのポイントも貯まるということですね。

ただ、これが一つになっている意味があります。

ではビックカメラJ-WESTカードのポイントについて見ていきたいと思います。

ビックカメラJ-WESTカードのポイント

ビックカメラJ-WESTカードには2種類ある

まずビックカメラJ-WESTカードには【ビックカメラ J‐WESTカード「エクスプレス」】と【ビックカメラ J‐WESTカード「ベーシック」】の2種類あるので先にこの2つについて紹介したいと思います。

ビックカメラ J‐WESTカード「エクスプレス」 ビックカメラ J‐WESTカード「ベーシック」
発行元 JR西日本 JR西日本
ブランド VISA VISA
年会費 1,000円(税別) 初年度無料
2年目以降、前年度に一度でもクレジット利用があれば無料、利用が一度もない場合は1,000円(税別)
ショッピング保険 購入日から90日間以内、年間150万円まで補償
エクスプレス予約 東海道・山陽新幹線(東京~博多)を
便利に、おトクに利用できる
会員制ネット予約サービス
e5489 山陽・九州新幹線(新大阪~鹿児島中央)や、JR西日本・JR四国・JR九州エリアの
主な特急列車などをケータイ・パソコンからカンタン予約!
ETCカード 年会費無料 年会費無料

基本的なサービスが似ているのですが、年会費やエクスプレス予約など少し違いがあります。

エクスプレス予約などサービスがプラスされている分年会費かかかるといったところでしょうか。

ビックカメラでのクレジット払いで実質合計10.5%をポイント貯まる

まずビックカメラでお買い物をすると支払い方法いよってビックポイント還元率が変わってきます。

まずはポイント還元率をチェックしてみましょう。

支払い方法 ポイント
現金 10%ポイント
ビッグカメラグループクレジットカード 10%ポイント
交通系電子マネー 10%ポイント
楽天Edy・nanaco・WAON・IROCA・ゆめか 10%ポイント
ビッグカメラ・コジマの商品券&ギフトカード 10%ポイント
一般的なクレジットカード 8%ポイント
QRコード決済 8%ポイント
iD・QUICPay+・au WALLET・Apple Pay・Google Pay 8%ポイント
ギフトカード 8%ポイント

ビッグカメラグループクレジットカードなら10%になります。

ビックカメラJ-WESTカードだとJ-WESTポイントが0.5%プラスされるので合計10.5%になります。

ビックポイントをJ-WESTポイントに交換すれば SMART ICOCAにチャージできる

まずICOCAとはJR西日本が発行する交通系ICカードです。

関西以外の方はスルーで良いと思います。

1,500ビックポイントから1,000 J-WESTポイントに交換してSMART ICOCAに ポイントチャージ(1,000円分)できます。

ただ、交換レートが悪いのでビックポイントは普通に使う方が良いです!

【EX予約】ビックカメラJ-WESTカード「エクスプレス」なら東海道・山陽新幹線予約が便利でお得になる

ビックカメラJ-WESTカード「エクスプレス」ならエクスプレス予約ができるのですが、これは東海道・山陽新幹線の指定席を利用できる会員制のネット予約サービスです。

自宅や出張・旅行中でも、スマートフォンやパソコンから、いつでも簡単に新幹線を予約や予約の変更など何度でも手数料無料で利用できます。

キャンセル料もいつでも310円とかなりお得になります。

キャンセル料はe特急券を利用の場合は、330円(自由席券については220円)。

さらにEX予約専用ICカードを改札機にタッチするだけで、新幹線に乗車できます。

365日いつでも会員価格で早めの予約でさらにお得になります。

出張など新幹線をよく利用される方にはおすすめです。

e5489

e5489は山陽・九州新幹線(新大阪~鹿児島中央)・北陸新幹線(金沢~東京)、JR西日本・JR四国・JR九州エリアの特急列車(一部の快速列車含む)、また、JR東海・JR東日本の一部エリアの新幹線・特急列車等をインターネットで予約できるサービスです。

新幹線・特急列車等を最大4列車まで連続して乗り継ぐ予約が可能です。

旅行や出張に便利なサービスです。

ということで西日本を中心に新幹線などに乗られる方でビックカメラも利用するという方はビックカメラJ-WESTカードでしょうが、J-WESTカードはJ-WESTカードで作ってもっとお得にポイントを貯めたいならビックカメラSuicaカードがおすすめです。

ビックカメラポイント重視ならビックカメラSuicaカード

なぜかというと

ビックカメラでお買い物するとビックカメラポイントが10%還元ですが、ビックカメラSuicaカードはビューカード(クレジットカード)機能と、交通系ICカードSuica機能が付いていて、ビューカード(クレジットカード)からSuicaにチャージすることで1.5%のJRE POINTが還元されます。

なのでSuicaでお支払いするとビックカメラポイント10%+JRE POINT1.5%で還元率11.5%になります。

ただ、限度額が低いので高額なものは買いにくいですけどね。

ビックカメラJ-WESTカードとビックカメラSuicaカードでは?

ここでビックカメラJ-WESTカードはJR西日本ですが、ビックカメラSuicaカードはJR東日本です。

ではどちらか良いのかですね。

ここで西日本ならビックカメラJ-WESTカードと思うかもしれませんが、そんなに新幹線も使わないしEX予約「エクスプレス予約」も利用しないということなら西日本の方でもビックカメラSuicaカードの方がお得かと思います。

還元率もいいですし、オートチャージ機能もついているので僕もビックカメラSuicaカードかなと思います。

まとめ

ビックカメラもよく利用するし、新幹線もよく乗るということでカードを一つにしたいということならビックカメラJ-WESTカードも良いと思います。

ただ、それ以外ならビックカメラSuicaカードとかの方がいいのかなと思います。

SuicaはJR東日本ですが、それでもポイントなどを考えるとお得になりますからね。

2枚持ちになりますが、新幹線をよく乗るなら別でJ-WESTカードを作っても良いのかなと思います。

ということでビックカメラJ-WESTカードはどういった方におすすめなのか?についてでした。

コメント