イオン銀行キャッシュ+デビットとイオンデビットカード(VISA)を比較|メリットデメリットも紹介

イオン銀行デビット

こんにちは!ようです!

イオングループも大きな会社なのでデビットカードもそうですが、クレジットカードからポイントカード、それぞれ一体になったものまでいろいろなカードを発行しています。

よく利用されているのがイオンのポイントカードのwaon(ワオン)カードだったり、クレジットカードのイオンカードセレクトなどですね。

そして今回紹介したいのがデビットカードです。

イオンには「イオン銀行キャッシュ+デビット」と「イオンデビットカード(VISA)」の2つのデビットカードがあるのでそれらを比較しながら紹介したいと思います。

イオングループは全国各地に店舗があって利用される方も多いと思いますが、そのイオンだからこそ、つけられる特典がいろいろあってイオングループのお店をよく利用される方でまた持っていないという方は是非チェックしてみてください。

それでは見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

イオン銀行のデビットカード基本情報

イオン銀行キャッシュ+デビット イオンデビットカード(VISA)
カードのブランド JCB VISA
カードの種類 3種類(一般・キャラクター・スイーツ)
カードタイプ キャッシュカード一体型 デビットカード単体
発行手数料 無料 無料
年会費 無料 無料
ポイント 電子マネーWAONポイント
ときめきポイント(通常200円=1ポイント)
WAON POINT(通常200円=1ポイント)
ときめきポイント(通常200円=1ポイント)
WAON POINT(通常200円=1ポイント)
入会審査 なし あり
年齢 15歳以上 15歳以上
オートチャージ あり なし
利用限度額 1ヶ月間の利用限度額最大100万円 1ヶ月間の利用限度額最大100万円
保障 カード盗難保障無料付帯 カード盗難保障無料付帯

イオン銀行キャッシュ+デビットとイオンデビットカード(VISA)は似ていますけどカードのブランドがJCBとVISAの違いがあるのと、イオンデビットカード(VISA)の場合は審査があるということです。

あとどちらもイオン銀行の口座が必要になります。

イオン銀行のデビットカードの作り方

イオン銀行キャッシュ+デビットの場合はキャッシュカードに付帯してあるので口座開設と合わせてインターネットだけで作ることができます。

イオンデビットカード(VISA)は先に口座開設をしてからデビットカードに申し込む形になります。

そして、審査もあります。

・イオン銀行キャッシュ+デビットは口座開設と合わせてインターネット開設

・イオンデビットカード(VISA)は口座開設をしてからデビットカードに申し込む(審査あり)

デビットカードのほとんどが審査なしでキャッシュカードについているものが多いですが、イオンデビットカード(VISA)の場合、ちょっと違うので注意してください。

イオン銀行のデビットカードの使い方

イオン銀行キャッシュ+デビットであればJCBなのでJCB加盟店で利用できます。

イオンデビットカード(VISA)ならVISAの加盟店で利用できます。

・イオン銀行キャッシュ+デビットはJCB

・イオンデビットカード(VISA)はVISA

そして、イオングループのサービスで利用することでお得になります。

イオングループの対象店舗ならポイントが多くついたり、曜日によって割引されたりします。

イオングループって大きくて有名なお店がいろいろあるんですよね!

イオン、マックスバリュ、ダイエー、ミニストップなどがイオングループでこれらのお店を利用される方でクレジットカードは持てないとか嫌という方でデビットカードを使いたいという方はおすすめだと思います。

イオングループのお店をよく利用するけどイオンのクレジットカードが持てないなどという方はイオンのデビットカードがおすすめ

イオン銀行のデビットカードのデメリット

特に大きなデメリットというのはないですかね。

イオン銀行キャッシュ+デビットとイオンデビットカード(VISA)があってイオンデビットカード(VISA)は審査があるということなどをチェックしておくと良いのかなと思います。

あと、しいていうならVISAのデビットカードを持ちたいという方は他の銀行のVisaデビットは「Visaのタッチ決済」という非接触型ICカードが付いているものが多いんですけど、イオンデビットカード(VISA)が付いていません。

イオン銀行キャッシュ+デビットとイオンデビットカード(VISA)ならイオン銀行キャッシュ+デビットをおすすめしているような感じですので、VISAデビットがよいという方は他の銀行のデビットカードでも良いのかなと思います。

イオンでよく買い物をするし、VISAがいいということならデビットとイオンデビットカード(VISA)で良いのかなと思います。

イオン銀行のデビットカードのメリット

イオングループでの買い物でポイントがお得になる

イオンのデビットカードを利用する最大の魅力はポイントが多くつくというところですね。

イオン銀行キャッシュ+デビットでみていくと

・毎月20日・30日お客さま感謝デーはお買物が5%OFF

・イオンシネマはいつでも300割引、20日・30日なら1100円

・55歳以上の会員さま限定 G.G感謝デーはお買物が5%OFF

・ときめきポイント(通常200円=1ポイント)がイオングループ対象店舗なら2倍(100円=1ポイント)

・電子マネーWAONポイント(通常200円=1ポイント)がオートチャージ設定+お買い物で2倍(100円=1ポイント)

・各種公共料金のお支払い 1件につき5電子マネーWAONポイント

・給与口座指定で 毎月10電子マネーWAONポイント さらに他行宛振込手数料が無料に!

こういった様々な特典があります。

デビットカードを2種類のブランドから選べる

イオン銀行キャッシュ+デビットとイオンデビットカード(VISA)の2種類があって

JCBブランドのイオン銀行キャッシュ+デビットでキャッシュカード一体型

VISAブランドのイオンデビットカード(VISA)デビットカード単体

です。

特典なども若干違うのですがとても似ていますね。

どちらを選ぶかはあなたにとって使いやすくて好きなのかというところになるかと思います。

まとめ

まずはイオングループをよく利用するし、クレジットカードは使いたくないという方にはおすすめですね。

通常還元率0.5%は平均的、対象店舗なら1%ならまずまず

ポイントも通常還元率0.5%は他のデビットカードと比べても平均くらいですが、対象店舗なら1%になりますからまずまず高いですね。

他にもイオンはいろいろな特典があったりするのでいいですね。

あとはイオン銀行キャッシュ+デビットとイオンデビットカード(VISA)のどちらにするのかですね。

キャッシュカード一体型のJCBかデビットカード単体のVISAか、

これはお好みということですが、特典面やイオンがおすすめしているのはイオン銀行キャッシュ+デビットのような気がします。

イオングループをよく利用するし、クレジットカードは使いたくないという方にはおすすめですね!

他のデビットカードも比較してみてたいという方はこちらもチェックしてみてください。

もしクレジットカードを作れるという方はイオンカードセレクトがおすすめです。

コメント