GMOあおぞらネット銀行Visaデビットカードのメリット・デメリット|今後に期待のネットバンク

GMOあおぞらVisaデビット

こんにちは!ようです!

2018年7月17日に開始した「GMOあおぞらネット銀行」でまだ新しいネットバンクなんですけどとても注目しています!

「高度セキュリティ認証、ブロックチェーン、人工知能(AI)、IoT、次世代メディアなどの活用と新たな顧客ニーズに対応した、次世代型インターネット銀行事業」ということで今後いろいろな使い方ができるのではないかと考えています。

新しいインターネット銀行事業の開始について
GMOあおぞらネット銀行株式会社のプレスリリース(2018年7月17日 13時00分)新しいインターネット銀行事業の開始について

GMOグループとあおぞら銀行グループが出資してできた銀行で注目ですし、Visaデビットのキャッシュバック率もいいです!

今回はGMOあおぞらネット銀行口座のことではなくて、ここではVisaデビットカードメインで紹介したいと思います。

今後楽しみなネットバンクということでVisaデビットカードをどこで作ろうか考えている方はVisaデビットカードと合わせて口座開設しておいても良いのかなと思います。

特にGMOクリック証券などGMOのサービスを利用されている方は便利でお得になるかもしれません。

僕も今やいくつかのデビットカードを持っているのですが、その中でもなかなか良さそうですし当然口座開設とVisaデビットカードも持ってます。

ということでまずはGMOあおぞらネット銀行Visaデビットの基本情報から紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

GMOあおぞらネット銀行Visaデビットカード基本情報

カードのブランド VISA
カードの種類 ブラック・ホワイト
発行手数料 無料
年会費 無料
ポイント 0.6%~最大1.5%キャッシュバック
入会審査 なし
年齢 15歳以上
利用限度額 海外ATM(現地通貨引出)1日1000円~100万円
国内・海外ショッピング1日1000円~500万円
補償 通知が行われた日の30日前の日以降に発生した損害について、個人のお客さまは100万円まで、法人のお客さまは1000万円まで補償
海外利用時の手数料 ショッピング3.02%
海外ATM利用手数料 3.02%
ショッピング保険 なし
キャッシュバックが0.6%~最大1.5%と魅力

一番はポイント制ではなくキャッシュバックになっていて0.6%と他のデビットカードに比べて平均的か少し高めです。

最大1.5%キャッシュバックというのも魅力のポイントですね。

公式サイトでは審査なしって書いていますが、一応口座開設してみると審査中って出ているのですが、これは口座開設の審査ということで良いと思いますが問題ないと思います。

そして、開設完了したら口座開設完了書類が送られてきます。

今はブラックとホワイトの2種類でこのカードですが、2019年春によりセキュリティ機能を強化した デビット一体型キャッシュカードが登場する予定のようです。

GMOあおぞらネット銀行Visaデビットカードの作り方

まずGMOあおぞらネット銀行の口座を作るとVisaデビットも付帯してあります。

なので口座を作れば勝手にVisaデビットもキャッシュカードについてくるということです。

なのでまずは銀行口座を作ればよいです。

とても簡単で公式サイトでは1分って書いていますが、個人確認書類のアップロードなども含めると3分くらいで完了します。

本人確認はネットに簡単にアプロードできますけど郵送でも可能です。

アップロードのほうが簡単で早いですね。

そして、あとはカードが届くのも待つのみです。

申し込みからカード到着まで1週間程度でした

大体1週間くらいで到着すると思います。

カードが到着したらログイン設定が必要

そして、そこにログイン設定について書かれてたりするのでそれに沿って設定していくだけです。

GMOあおぞらネット銀行Visaデビットカードの使い方

・Visaマークのあるお店や ネットショッピングで使える

・Visaのタッチ決済(非接触IC電子マネー)が付いているのでかざすだけの簡単決済も可能

GMOあおぞらネット銀行VisaデビットはVisaなのでVisaマークのあるお店やネットショッピングで使えます。

Visaは世界トップのシェアなので使いやすいブランドですね。

海外でも「Visa」または「Plus」マークのついた海外ATMで自分の口座から現地通貨を引出すこともできます。

ちなみにVisaの加盟店でも、「ガソリンスタンド」、「航空機での機内販売」、「高速道路各社」、「通信プロバイダ」などでは利用できませんので注意してください。

Visaのタッチ決済

Visaのタッチ決済はVisaが提供する非接触IC電子マネーです。

QUICPayなどと同じでVisaのタッチ決済対応マークのあるVisa加盟店で、リーダーにタッチするだけでお支払いが完了します。

Visaのタッチ決済は日本ではそんなに浸透していませんけど、海外などでは国によってはかなり使えますし、簡単に使えていいですね。

GMOあおぞらネット銀行Visaデビットカードのデメリット

GMOあおぞらネット銀行Visaデビットカードのデメリットということで考えたのですが、特にこれというのは見当たりませんが、またできて新しいネット銀行ということでまだわからない部分も多いということがあるかもしれませんね。

ただ、GMOとあおぞら銀行で金融系のノウハウのある会社のネット銀行ですからセキュリティーも含めて信頼度は高そうですね。

GMOあおぞらネット銀行Visaデビットカードのメリット

 最大1.5%キャッシュバック

ポイントではなくてキャッシュバック

まずGMOあおぞらネット銀行Visaデビットカードはポイントではなくてキャッシュバックになります。

キャッシュバックは通常0.6%で最大1.5%

そして、通常は0.6%のキャッシュバックが最大1.5%になります!

還元率1.5%ならこれってクレジットカードと比べても高い!というかクレジットカードでもなかなかない数字になります。

キャッシュバックの還元率は条件によって変わる

このキャッシュバックの違いは利用状況によって変わってきて、「カスタマーステージ」という4段階に分かれています。

1テックま君 2テックま君 3テックま君 4テックま君
ステージ適用条件 なし 円預金残高30万円以上
または
外貨普通預金残高
1万円以上
または
Visaデビットご利用額
1万円以上
または
30歳未満の方
円預金残高
300万円以上
を満たし、かつ以下の
いずれか
外貨普通預金残高
50万円以上
または
Visaデビットご利用額
10万円以上
外貨普通預金残高
500万円以上
または
Visaデビットご利用額
100万円以上
Visaデビット
キャッシュバック率
0.60% 0.80% 1.00% 1.50%
ATM出金手数料無料回数 月2回 月5回 月7回 月12回
他行あて振込手数料無料回数 月1回 月3回 月7回 月15回

※条件等変更されている可能性もあるので公式サイトで確認お願いします。

カスタマーステージは、利用状況に応じて3ヶ月に一度決定されます。

毎年1月、4月、7月、10月に適用されて、 一度適用されたカスタマーステージは3ヶ月間継続して適用される。

というものです。

Visaデビット キャッシュバック率1.00%の3テックま君くらいまでは行けそうですよね。

他と比べてもちょっと魅力的ですね!

4テックま君となると「外貨普通預金残高500万円以上またはVisaデビットご利用額100万円以上」ということで結構ハードルは高そうです。

他ではデビットカードのメリットとは直接関係ないのですが、GMOクリック証券を利用している方は証券コネクト口座に預け入れで「通常の円普通預金金利と比べて110倍の年0.11%(税引後:年0.0876%)」の優遇金利が適用されます。

外貨預金をされる方、デビットカードでいろいろ買い物しようと考えている方は魅力のキャッシュバック率ですね。

まとめ

まだGMOあおぞらネット銀行ができてそれほど経っていないのですが、GMOとあおぞら銀行ですし、安心感はありますね。

新しいだけあってまだまだサービスなども変わってくるでしょうけど、魅力的なサービスも出てくるのではないでしょうか。
フットワークも軽そうですしね。

あとやっぱり魅力的なのはキャッシュバック率ですよね。
最初でも0.6%とまずまずなの最大1.5%ですからね。
1.5%に行くのは無理にしても1.0%は可能な数字だと思います。

デビットカードで考えると結構高い還元率ですからね。
無料ですし、今後のサービスを考えても作っておいても損はないのではないでしょうか。

他のデビットカードとまだ迷っているという方はこちらもチェックしてみてください。

ということでGMOあおぞらネット銀行Visaデビットカードのメリット・デメリット|今後に期待のネットバンクでした。

コメント