LINE Payカード(ラインペイカード)の作り方・使い方|メリット・デメリット

LINE Pay(ラインペイ)

こんにちは!ようです!

まずLINE Payを使っている方は多いと思いますけど、LINE Payカードのプリペイドカーはどれくらいの方は使っているのでしょうか。

LINE Payでいい!という方も多そうですが、発行も簡単ですし、使いやすいというプリペイドカードともいえると思います。

まずLINE Payに関してはこちらを見てみてください。

ではLINE Payカードについて、メリットやデメリット、作り方なども紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

LINE Payカード基本情報

発行元 LINE Pay
ブランド JCB
入会金 無料
年会費 無料
年齢 制限なし
審査 なし
還元率 マイカラー(下で紹介)
カード利用限度額 1回あたり100万円・1ヵ月あたり上限なし

マイカラー

クラス 決済金額 還元率
グリーン 100,000円以上 2.00%
ブルー 50,000円以上99,999円 1.00%
レッド 10,000円以上49,999円 0.80%
ホワイト 0円~9,999円 0.50%

LINE Payのプリペイドカードでお金をチャージすることで利用することができます。

年齢制限や審査もなく簡単に発行できるので学生さんなどにも便利だと思います。

ポイント還元に関してはマイカラーが採用されていて月の利用金額に応じて還元率が変わってきます。

LINE Payカードの作り方

ではLINE Payカードのバーチャルカードからリアルカードの作り方を紹介したいと思います。

まずはLINEのウォレットからLINE Payのページにいきます。

そうするとバーチャルカード発行というところがあるのでそれをクリックします。

そうするとバーチャルカード発行というところがあるのでそれをクリックすると完了です。

本当にバーチャルカードの発行は数秒で完了してしまいます。

ではここからリアルカードの発行方法について紹介していきます。

LINE Payの画面の残高の下にカード番号が書かれているところをクリックします。

そこからからプラスチックカードを申し込んでいきます。

プラスチックカードは3種類あるので好きなものを選べます。

一つ選択して次へいきます。

そして名前、電話番号、住所などを入力して完了です。

もしカードの登録に失敗してもLINE Payカードの解約後に再申し込みすれば問題ありません。

実際1週間くらいで届きました!

最後に届いたLINE Payカードの登録を行います。

カードと一緒に届いた紙にも書かれていますし簡単にできます。

プラスチックカードのところをクリックしてプラスチックカードのうらにあるお客様番号最後の3桁を入力して確定で完了です。

これですべて完了です。

特に難しいことなないと思います。

LINE Payカードの使い方

LINE PayカードはカードのブランドがJCBなので全国のJCBの加盟店で使うことができます。

日本ならかなり多くのお店で使うことができますし、海外も含めると3300万件ほどの加盟店があります。

LINE Payでは使えなかったお店でもLINE PayカードならJCB加盟店で使えるのがいいですね。

お店で使う場合

使う時はお店で「JCBで」と伝えてカードを提示します。

支払い回数は「1回」になります。

インターネットの場合はカード番号を入力して支払います。

クレジットカードと同じ要領です。

LINE PayよりLINE Payカードの方が当然圧倒的に多いですからね。

LINE Payカードのメリット

LINE Payで使えないお店でもJCBの加盟店ならLINE Payカードで利用できる

LINE Payが使えるお店はどんどん増えてきているとはいえ、まだまだ少ないです。

ですがLINE PayカードはJCBでJCBの加盟店は全国に多く、かなり使えると思います。

LINE Payが使えなかったらLINE Payカードで使うと良いですね。

年齢制限がない

LINEは若い人も多く使っていますし、LINE Payも同じだと思います。

LINE Payカードも年齢制限がないので学生さんでも作りやすいと思います。

LINE Payカードのデメリット

クレジットカードでのチャージができない

チャージ方法は銀行口座、セブン銀行ATM、コンビニなどいろいろなチャージ方法がありますけど、クレジットカードからチャージできません。

ということはクレジットカードからのポイントが付かないということです。

他のプリペイドカードならクレジットカードからチャージできたりするのでそう考えるとお得感はなくなります。

ただ、LINEが独自のクレジットカードを2019年に発行するということでこのクレジットカードが開始されたらこのクレジットカード限定でチャージすることができるようになるのかなと思います。

まとめ

一つクレジットカードからチャージできないというデメリットはありますがこれもおそらく解消されると思いますし、LINEのサービスとも連動していたりするので使いやすいのかなと思います。

特に学生さんなどでLINEを使っていてクレジットカードも持てないという方にはLINE Payカードはいいですね。

ということでLINE Payカードの作り方・使い方|メリット・デメリットについてでした。

コメント