MoneyT Global(マネーティーグローバル)は海外で使うのにおすすめなのか?メリット・デメリットも紹介

プリペイドカード

こんにちは!ようです!

前回から海外に強いプリペイドカードのNEO MONEY(ネオ・マネー)キャッシュパスポートと紹介してきました。

今回も海外に強いプリペイドカードのMoneyT Global(マネーティーグローバル)について紹介したいと思います。

MoneyT Global(マネーティーグローバル)って知らなかったんですけど結構大手でした。

でもサービスはどうなのってところもあるかと思います。

そこでMoneyT Global(マネーティーグローバル)の特徴、ポイントなどを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

MoneyT Global(マネーティーグローバル)とは

MoneyT Global(マネーティーグローバル)は株式会社アプラスが運営しています。

株式会社アプラスと言えばクレジットカードでも有名で、新生銀行グループですね。

ちなみにMoneyT Global(マネーティーグローバル)は2018年7月31日まではJTBが運営していました。

どちらにしても大手ですね。

そして、このMoneyT Global(マネーティーグローバル)は以前は海外専用プリペイドカードだったんですけど、2019年2月19日より国内ショッピング、ECサイトでのショッピングでも利用できるようになっています。

プリペイドカードがVisaということで国内外世界200以上の国と地域にある、260万台以上のVisaやPlusマークのある海外ATMで、現地通貨を引き出せます。

抑えておきたいポイントはこちらです。

日本在住の満13歳以上の方

保護者などカードへのチャージ(専用口座への振込み)可能(代理人登録が必要)

国内外世界200以上の国と地域にある、260万台以上のVisaやPlusマークのある海外ATMで使える

国内・海外のVisa加盟店でカードショッピングにも利用できる

危険回避情報配信サービス

もともとJTBが運営で今アプラスということで安心感は高いですね。

それではMoneyT Global(マネーティーグローバル)のポイントを一つ一つ紹介していきたいと思います。

MoneyT Global(マネーティーグローバル)のポイント

日本在住の満13歳以上利用可能で保護者などカードへのチャージできる

これは海外留学する子供が利用する際、親が日本からでもお金をチャージ(専用口座への振込み)できるようになっているということですね。

保護者などがチャージする場合は代理人登録が必要です。

子供の留学の時にもたせるプリペイドカードがとしてもいいですね。

国内外世界200以上の国と地域で、VisaやPlusマークのある海外ATMで使える

MoneyT Global(マネーティーグローバル)はVisaカードで国内外世界200以上の国と地域にある、260万台以上のVisaやPlusマークのある海外ATMで使えます。

Visaは世界的に利用されているので利用しやすいですね。

危険回避情報配信サービス

登録した現地の危険情報を24時間いつでも該当エリアの 渡航者本人や家族へ直接メール配信してくれます。

ストライキや自然災害など速報を届けてくれます。

早急に危険に対応できるのでいいですね。

特に留学など子供が一人で海外に行っているという方には嬉しいサービスですね。

MoneyT Global(マネーティーグローバル)申し込み方法

MoneyT GlobalはWEB上から申し込め、約1週間でカードが届きます。

さらに郵送でも申し込めますが、カードは約3週間かかります。

ちなみにWEB申込みの流れはというと

1.WEB申し込み

2.本人確認書類及びマイナンバーアップロード

3.書類確認

4.MoneyT Globalカード発送

という流れになります。

すべてWEBで完了しますし簡単ですね。

MoneyT Global(マネーティーグローバル)手数料

入会金・年会費 無料
ATM引出手数料 200円/回(不課税)
ATM残高照会手数料 100円/回(不課税)
決済手数料 5%(不課税)
※外貨でのATM引出、ショッピング利用時にかかります。
※ATM引出・ショッピング時にVisaが定めるレートに加算して引落とし
払戻手数料 500円/回(税別)
カード再発行手数料 500円/枚(税別)

決済手数料5%というのはちょっと高めですかね。

MoneyT Global(マネーティーグローバル)限度額

振込1回上限額 100万円
振込月上限額 200万円
振込年上限額 1,000万円
ATM引出1回上限額 現地通貨で10万円相当額以内
ATM引出月上限額 現地通貨で30万円相当額以内
ATM引出年上限額 現地通貨で100万円相当額以内
ショッピング1回上限額 現地通貨で100万円相当額以内
カード残高 200万円

このあたりの数字は変わってくる可能性もあるので公式サイトで確認お願いします。

MoneyT Global(マネーティーグローバル)のメリット

まずは危険回避情報配信サービスがあるというところでしょうか。

自然災害や治安情報、伝染病情報など様々な情報を配信してくれます。

本人にも届きますが家族にも配信できるようになっています。

なので子供が留学した時にも危険情報を入手して確認できるのでい小さな子供が留学するという方にもおすすめのサービスですね。

MoneyT Global(マネーティーグローバル)のデメリット

海外で利用する際、一番といって良いほどきになるのが決済手数料ではないでしょうか。

その決済手数料が5%ということで他のプリペイドカードが4%というところが多い中、少しお高めになっているという感じです。

手数料をおさえたいという方は別の海外向けプリペイドカードでしょうか。

MoneyT Global(マネーティーグローバル)まとめ

まずはもともとJTB、今アプラスが運営しているということで大手で何か安心感がありますね。

為替手数料5%というところが少し高めで気になるところでしょうか。

ただ、日本在住の満13歳以上利用可能で、危険回避情報配信サービスなどもあるので留学する子供がいるという方には嬉しいサービスですね。

他にも海外向けのプリペイドカードもあるので比較してチェックしてみてください。

こちらでは日本向けのプリペイドカードも含めて大手のものを比較しています。

コメント