manaca(マナカ) vs TOICA(トイカ)|東海・名古屋でおすすめのICカードはどっち?

manaca

こんにちは!ようです!

今回もIC交通カード比較したいと思うのですが、今回は東海地方で比較したいと思います。

そこで比較されるのが「manaca(マナカ)」と「TOICA(トイカ)」です。

東海地方で電車やバスに乗られる方はどちらかを利用されている方ばかりだと思います。

まあmanaca(マナカ) は名古屋ですけどね。

それでは比較していきたいと思います。

まずは簡単に表で比較してみます。

manaca(マナカ) TOICA(トイカ)
発行元 株式会社名古屋交通開発機構など JR東海
発行枚数 600万枚以上 250万枚以上
こういった方におすすめ 名古屋地下鉄・市バス、名古屋鉄道などに乗る方 JRに乗る方
利用できるエリア 主に名古屋
http://www.manaca.jp/info/pdf/20180702.pdf
主に三重・愛知・岐阜・静岡
鉄道ご利用エリア|TOICA|JR東海
タッチするだけで、鉄道のご乗車も、お買い物もラクラク。便利なJR東海のICカード 『TOICA(トイカ)』のご紹介はこちら。
オートチャージ機能 manacaオートチャージ「wellow card manaca又はwellow card」 名古屋市営地下鉄
乗車ポイント マイレージポイント

まずはmanaca(マナカ)は株式会社名古屋交通開発機構などが発行ということで地下鉄や市バスなどですね。

TOICA(トイカ)JR東海です。

そして、発行枚数はmanaca(マナカ)が圧倒しています。

なぜ名古屋のmanaca(マナカ)が発行枚数で圧倒しているのか?

エリアで見てもmanacaは名古屋中心のみですがこれだけ発行枚数が多いのはそのお得感にあるのではないかと思います。

逆にTOICA(トイカ)にお得感がなさすぎるというのもあると思います。

表でもわかる通り、TOICA(トイカ)にはオートチャージもポイントもありません。

manaca(マナカ)は「オートチャージ」や「マイレージポイント」、その他にもμstar「ミュースターポイント」というものがあります。

こうなってくるとmanaca(マナカ)が便利でお得なのでおすすめということになってきます。

ただ、エリア的に三重や静岡、岐阜などの方はTOICA(トイカ)かと思いますが、別にお得感はないですね。

特に説明することもあまりありません。

ですのでここからの多くはmanaca(マナカ)について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ポイント

manacaマイレージポイント

manacaのカード残額で1か月間の各manaca交通事業者の市バス・地下鉄などの利用金額に応じてmanacaマイレージポイントが貯まります。

ポイントは各鉄道、バス、日時によっても変わってきます。

※ポイントの対象とならない場合もあります。

また、manacaマイレージポイントとは別にμstar「ミュースターポイント」とというものがあり、ミュースター会員登録してμstar manaca加盟店で利用するとポイントがたまります。

まあ別にこれは利用しなくてもいいかもしれませんけど登録しておいてもいいですね。

ミュースターポイントは名鉄なので名鉄電車・名鉄バス・豊橋鉄道によく乗る方はチェックですね。

manacaとクレジットカード一体型

manacaはクレジットカード一体型でオートチャージができたり、さらにポイントが貯まるので便利でお得です。

ここのポイントが大きい!特にmanaca

wellow card manaca(ウィローカードマナカ)

オリエントコーポレーション「オリコ」と名古屋交通開発機構のwellow card manaca/wellow card(ウィローカードマナカ)はmanacaのオートチャージサービスが利用できるクレジットカードです。

デザインが「星空」と「宇宙兄弟」っていうのも特徴的です。

チャージに関しては地下鉄駅(上小田井、上飯田を除く)の改札機にタッチすると、設定した金額が自動的にチャージされます。

これに、名古屋市交通局発行の市バス・地下鉄の定期券を搭載することが可能です。

さらに、オートチャージやカードショッピングでオリコのクレジットポイント「暮らスマイル」が貯まります。

名鉄ミューズカード

名鉄電車・名鉄バス・豊橋鉄道などによく乗る方はこちらの名鉄ミューズカードでしょうか。

名鉄電車・名鉄バス・豊橋鉄道などの定期券がクレジットカード決済で購入できて、名鉄ミューズカードで購入するだけで、ミュースターポイントがたまります。

またμstar station(ミュースターステーション)で、manacaにクレジットカード決済でチャージできます。

ポイントもたまってお得です。

まとめ

まずmanaca(マナカ) は名古屋エリアの鉄道やバスとTOICA(トイカ)はJRで三重や岐阜、静岡あたりまでカバーしています。

そして、TOICA(トイカ)はJRということでエリアは広いですけど、オートチャージやクレジットなどがないので特にお得感はなくTOICA定期券や普通にチャージして使う形になります。

manaca(マナカ)は名古屋中心とエリアは広くはないですけど、マイレージポイントがあって利用することでポイントが貯まります。

さらにmanaca(マナカ)はクレジットカードを合わせることでお得になります。

オリエントコーポレーション「オリコ」と名古屋交通開発機構が発行しているwellow card manaca/wellow card(ウィローカードマナカ)で名古屋市交通局発行の市バス・地下鉄でオートチャージなど利用することでオリコのクレジットポイント「暮らスマイル」がもらえます。

名鉄の名鉄ミューズカードは名鉄電車・名鉄バス・豊橋鉄道のクレジットカード決済でミュースターポイントが貯まります。

なので

名古屋でmanaca(マナカ)を利用する人でも

地下鉄市バスを利用する人はwellow card manaca(ウィローカードマナカ)

名鉄電車・名鉄バス・豊橋鉄道を利用する人は名鉄ミューズカード

という選択になるかなと思います。

地下鉄市バス、名鉄電車・名鉄バス・豊橋鉄道などを利用される方はmanacaしっかりチェックされると良いと思います。

コメント